ゴーン容疑者“退任後報酬”、“額”など4年分の“合意文書”

ゴーン容疑者“退任後報酬”、“額”など4年分の“合意文書” TBS NEWS

はあ・・・


日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者が会長退任後に受け取る報酬の金額などが記された合意文書が、2010年から4年分存在していることが分かりました。

ゴーン容疑者を巡っては、2010年度から年間およそ20億円の報酬のうち、およそ10億円を有価証券報告書に記載せず、会長退任後に受け取ることを計画していた疑いが浮上しています。

その後の関係者への取材で、ゴーン容疑者と日産側との間に、2010年から4年分の報酬に関する合意文書が存在していることが新たに分かりました。この文書には、ゴーン容疑者が決めた本来自身が受け取るべき金額と実際にもらった金額、さらにそれらの差額が記されているということです。また、文書にはゴーン氏だけではなく、司法取引に応じたとみられる日産の日本人幹部も署名していました。

東京地検特捜部は、この文書がゴーン容疑者が会長退任後に報酬を受け取ることが決まっていた根拠とみて詳しく調べています。

一方、ゴーン容疑者は特捜部の取り調べに対し、「退任後に受け取る報酬は正式には決まっていなかった」と容疑を否認しています。(05日23:03)

情報源:ゴーン容疑者“退任後報酬”、“額”など4年分の“合意文書”(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:ゴーン容疑者“退任後報酬”、“額”など4年分の“合意文書” TBS NEWS


えぇ・・・


記事の有効期限: 2019年12月6日 Friday 11:11am