予期せぬ千日手の裏に人間ドラマ 弟子の藤井七段とも:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


2019年5月9日10時12分

名人戦七番勝負第1局で初日の対局を千日手で終え、規定を確認する豊島将之二冠(手前左)と佐藤天彦名人(奥左)=2019年4月10日午後3時11分、東京都文京区、遠藤啓生撮影
名人戦七番勝負第1局で初日の対局を千日手で終え、規定を確認する豊島将之二冠(手前左)と佐藤天彦名人(奥左)=2019年4月10日午後3時11分、東京都文京区、遠藤啓生撮影

佐藤天彦名人に豊島将之二冠が挑戦する第77期名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の真っ最中です。第1局は勝敗がつかない「千日手」。名人戦七番勝負では16年ぶりで大きな話題になりました。

点数差を競うスポーツと違い、将棋には同点や引き分けは基本的にありません。しかし、勝敗がつかずに指し直しになるケースが千日手です。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:予期せぬ千日手の裏に人間ドラマ 弟子の藤井七段とも:朝日新聞デジタル


ほぉ・・・