ゴーン前会長 特別背任罪などで追起訴 全面否認

ゴーン前会長の保釈を認めず 東京地裁

ふむ・・・


2019年1月15日 16時05分

特別背任などの罪で追起訴された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長について、東京地方裁判所はさきほど保釈を認めない決定をしました。ゴーン前会長は去年11月の最初の逮捕以降およそ2か月間にわたって身柄を拘束されていますが、15日の決定で勾留はさらに長期化する見通しになりました。

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)は、私的な損失の信用保証に協力したサウジアラビア人の実業家の会社に日産の子会社から1470万ドル、当時のレートで12億8000万円余りを不正に支出させたなどとして、今月11日、特別背任などの罪で東京地検特捜部に追起訴されました。

これに対し、ゴーン前会長は起訴された内容を全面的に否認し弁護士は保釈を請求していましたが、東京地方裁判所はさきほどゴーン前会長の保釈を認めない決定をしました。

裁判所は、特捜部や弁護士から意見を聞いた結果、保釈を認めれば証拠隠滅のおそれがあるなどと判断したものとみられます。

ゴーン前会長は、去年11月の最初の逮捕からおよそ2か月間身柄を拘束されていて、弁護士は不服として準抗告の手続きを取るとみられますが、裁判所が退ければ勾留はさらに長期化する見通しになりました。

ゴーン前会長は今月8日の勾留理由開示の手続きで、特別背任の罪について「日産には一切損害を与えていない。実業家は長年にわたる日産のパートナーで関係部署の承認を受け相応の対価を支払った」などと全面的に無罪を主張したほか、報酬の過少記載の罪についても「検察の訴追は誤っている」などと主張していました。

裁判所の決定について、日産の広報部は「コメントする立場にない」としています。

情報源:ゴーン前会長の保釈を認めず 東京地裁 | NHKニュース


2019/1/15 15:39 | 1/15 15:46updated

東京地裁は15日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産の前会長ゴーン被告側の保釈請求を却下した。

情報源:ーン前会長の保釈請求却下(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:ゴーン前会長の保釈請求却下 – 共同通信 | This Kiji


2019/1/15 15:55

東京地裁は15日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の保釈を認めない決定をした。ゴーン被告は全ての起訴内容を一貫して否認しており、証拠隠滅の恐れがあると判断したとみられる。弁護人が11日に請求していた。決定を不服として準抗告する方針。

東京地検特捜部は昨年11月19日、日産の有価証券報告書に役員報酬を少なく記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いでゴーン被告を逮捕。12月10日に同容疑で、21日に特別背任容疑で再逮捕し、今月11日までに全てを起訴した。

情報源:ゴーン前会長の保釈請求却下 東京地裁(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:ゴーン前会長保釈認めず 「証拠隠滅の恐れ」判断か – 共同通信 | This Kiji


はあ・・・


記事の有効期限: 2020年1月15日 水曜日 4:09pm