政府 IWC脱退を米政府に通告 来年7月から商業捕鯨再開へ

政府 IWC脱退を米政府に通告 来年7月から商業捕鯨再開へ | NHKニュース

ふむ・・


政府は、IWC=国際捕鯨委員会からの脱退を日本時間の26日夜、条約の取りまとめ役を担うアメリカ政府に通告しました。これによって来年7月から商業捕鯨を再開することにしています。

菅官房長官は、26日記者会見し、日本などの捕鯨国と反捕鯨国と歩み寄りが見られないとして、IWCから脱退することを表明しました。

これを受けて政府は、日本時間の26日夜、外交ルートを通じて、IWCの条約の取りまとめ役を務めるアメリカ政府に脱退を通告しました。これにより日本は、来年6月30日にIWCから正式に脱退することになり、来年7月から商業捕鯨を再開することが可能になります。

IWCからの脱退後、政府は、日本の領海とEEZ=排他的経済水域で、1987年以来およそ30年ぶりに商業捕鯨を再開する方針で、今後、捕獲枠の設定など調整を進めることにしています。

商業捕鯨の再開をめぐっては、国際社会からの反発も予想されることから、クジラの資源に悪影響を与えないよう適切なルールに基づいて操業できるかが問われることになりそうです。

情報源:政府 IWC脱退を米政府に通告 来年7月から商業捕鯨再開へ | NHKニュース


日本のEEZ内でやるんだから、妨害船はもれなく拿捕でいいよね。


記事の有効期限: 2019年12月27日 金曜日 10:09am