ニコン、自動運転のセンサー技術企業に出資…光学/精密技術との融合目指す

へぇ・・・


ニコン(nikon)は12月21日、自動運転の基盤技術のライダー(LiDAR)を開発する米国のベロダインLiDAR社に出資した、と発表した。

ベロダインLiDAR社は1983年に設立された。米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサーのライダーなどを手がける。2005年には、世界初の3Dリアルタイムライダーセンサーを発明して、特許を取得した。自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。

ニコンは、このベロダインLiDAR社に出資した。出資額は250万ドル(約2億8000万円)だ。ニコンの光学技術や精密技術と、ベロダインLiDAR社のライダーセンサー技術の融合を目指す。

なお両社は、技術開発や製造での協業を含めた幅広い多角的なビジネスアライアンスの検討を開始した、としている。

情報源:ニコン、自動運転のセンサー技術企業に出資…光学/精密技術との融合目指す | レスポンス(Response.jp)


株式会社ニコンがベロダインの新たな戦略的投資企業に

米カリフォルニア州サンノゼ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 自律走行車(AV)用Lidarセンサー業界の発明企業にしてリーダー企業のベロダイン・ライダー(ベロダイン)は本日、株式会社ニコン(ニコン)が新たな戦略的投資企業として2500万ドルを投資すると発表しました。両社はさらに、多角的な業務提携に向けた協議を開始したと発表しました。ニコンは、高度な光電子工学と精密技術を基盤とする製品やソリューションを提供する世界有数の企業です。

ニコンの光学・精密技術とベロダインのセンサー技術の融合を目指し、両社は技術開発や製造での協業を含め、幅広いビジネス関係の検討を開始しました。

ベロダインは、この協業により、自律性と高度な安全性の世界市場を対象とするLidarセンサーの製造と量産のスケジュールが前進すると考えています。両社は、ロボット工学、マッピング、セキュリティー、シャトル、ドローン、路上安全性を含むさまざまなアプリケーションのための先進的な認知技術に関する将来ビジョンを共有しています。

ベロダインを創業したデビッド・ホール最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ベロダインは、世界の自律走行車産業を支えるための力強い提携関係のネットワークを構築しています。100年前、ニコンが持っているような光学技術やカメラ技術が人々の視覚を向上させました。今日では、これら技術が基礎となってコンピュータービジョンを支えています。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のための最もスマートで強力なLidarソリューションを提供しています。1983年に設立され、カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なLidarセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。2005年にベロダインの創業者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホールが、リアルタイム・サラウンド・ビューLidarシステムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™、汎用のUltra Puck™、L4-L5レベルの自律性に対応したAlpha PuckTM、指向性ビュー型Velarray™を含め、広範な検知ソリューションがあります。詳細情報については、http://www.velodynelidar.comをご覧ください。

ニコンについて

株式会社ニコンは1917年に創業以来、世界の光学技術市場を先駆的に切り開いてきました。ニコンは現在、デジタルカメラ、カメラ関連製品、双眼鏡などの消費者製品からFPD、半導体リソグラフィーシステム、顕微鏡、計測機器などの産業用精密機器まで、先端技術を活用した幅広い製品を提供しています。今後は、ニコンの中核能力を生かして、新製品の投入やソリューションの提案を行っていきます。また、ヘルスケア事業分野の開拓にも傾注しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

情報源:ベロダイン・ライダーが技術開発および製造でニコンとの協業を発表 | Business Wire



へぇ・・・


記事の有効期限: 2019年12月25日 Wednesday 11:41pm