架空名目か…ゴーン被告、「販促費」に16億円 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

はぁ・・・


日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)(金融商品取引法違反で起訴)が日産の資金を私的流用したなどとして会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕された事件で、ゴーン被告が中東の知人の会社に提供した計約16億円は、日産子会社の「機密費」から「販売促進費」名目などで支出されていたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、知人の会社に販促活動などの実態はなく、不正を隠すため、架空名目で支出された疑いがあるとみている。

日産の代表取締役兼最高経営責任者(CEO)だったゴーン被告は2008年10月、新生銀行(東京)との間で契約したスワップ取引で発生した評価損約18億5000万円を自身の資産管理会社から日産に付け替えた上、09~12年、サウジアラビアの知人の会社に日産側の資金計1470万ドル(現在のレートで約16億円)を振り込ませ、日産に損害を与えた疑いで21日に再逮捕された。

情報源:架空名目か…ゴーン被告、「販促費」に16億円(読売新聞) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:架空名目か…ゴーン被告、「販促費」に16億円 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


こりゃだめだ・・・


記事の有効期限: 2019年12月23日 月曜日 10:29am