高校の頭蓋骨 人間のものと判明 生徒が美術でデッサン 鹿児島

高校の頭蓋骨 人間のものと判明 生徒が美術でデッサン 鹿児島 | NHKニュース

海外で前の校長の骨格を標本にいしていた学校があったな・・・


鹿児島市の高校で教材として使われていた頭蓋骨が人間のものと分かりました。鹿児島市は身元に関する情報提供を呼びかけています。

高校の頭蓋骨 人間のものと判明 生徒が美術でデッサン 鹿児島
高校の頭蓋骨 人間のものと判明 生徒が美術でデッサン 鹿児島

官報などによりますと、この頭蓋骨は20年以上前から鹿児島市の甲南高校の美術室に保管されていたもので、美術の授業で教材としてデッサンの対象に使っていたということです。

ことし6月には鹿児島市の鶴丸高校の生物講義室で人の頭蓋骨が見つかったため、甲南高校でもこの教材を警察に提出していました。

その結果、本物の人の頭蓋骨だと分かり、30歳から40歳の女性のものとみられるということですが、警察によりますと、事件性はないということです。

鹿児島市はこの頭蓋骨を市営墓地に埋葬するとともに、身元がわからない「行旅死亡人」として5日、官報に掲載し、身元に関する情報提供を呼びかけています。

甲南高校の吉元彰一教頭は「頭蓋骨は小さかったので猿の頭かなとも思ったが、人間のものとわかって驚いた。授業で実際に使われていたので、動揺する生徒が出てくればカウンセリングを含めて対応したい」と話しています。

情報源:高校の頭蓋骨 人間のものと判明 生徒が美術でデッサン 鹿児島 | NHKニュース


行旅死亡人

本籍・住所・氏名・年齢・身長・体重不詳、着衣・所持品はなし
上記の者は、平成30年6月7日午前8時20分頃、鹿児島市上之園町23番地1鹿児島県立甲南高等学校美術室にて頭蓋骨のみ発見されたもの。見分の結果、30歳から40歳の女性と推定されます。
遺体については、身元不詳のため火葬に付し、遺骨は当市市営墓地に埋葬してあります。心当たりのある方は、当市福祉事務所保護第二課まで申し出てください。

平成30年12月5日
鹿児島県 鹿児島市長 森博之

情報源:(87/96頁) 2018/12/05発行官報 号外 00268号



はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月7日 Saturday 1:42pm