ゴーン前会長逮捕後初の3社トップ協議へ グループの今後は

ゴーン前会長逮捕後初の3社トップ協議へ グループの今後は | NHKニュース

はぁ・・・


日産自動車、三菱自動車工業、ルノーのグループ3社の経営トップによる協議が、29日、カルロス・ゴーン前会長の逮捕のあと初めて行われます。日産とルノーの間では経営トップの人事などをめぐって立場の違いがあり、今後のグループ運営の道筋をつけられるかが協議の焦点になります。

3社の経営トップによる協議は29日、オランダのアムステルダムで開かれる定例の会議に合わせて行われます。

協議は日産の西川廣人社長、三菱自動車の益子修CEO=最高経営責任者、それにルノーの経営トップがテレビ会議などで行います。

3社の経営トップの協議は金融商品取引法違反の疑いでゴーン容疑者が逮捕されたあとでは初めてで、まず提携の維持を確認する見通しです。

ただ、ゴーン前会長を経営トップから解任した日産の社内では、43%余りの株式を保有するルノーが強い支配力を持つ今の資本関係を見直し、提携の枠組み中でより高い自主性を求める意向が強まっています。

一方、自社の経営トップとして会長職などを解任しなかったルノーは、日産の後任の会長はルノーから出すことを求めるなど、現在の関係の維持を求めているとみられます。

このため今回の協議では、立場の違いを踏まえて今後のグループ運営の在り方を議論するための道筋をつけられるかが焦点になります。

情報源:ゴーン前会長逮捕後初の3社トップ協議へ グループの今後は | NHKニュース


ふむ・・・


記事の有効期限: 2019年11月29日 Friday 9:36am