やしきさん関連本 出版元と作者に賠償命じる判決 東京地裁

やしきさん関連本 出版元と作者に賠償命じる判決 東京地裁 | NHKニュース

ふむ・・・


4年前に亡くなったやしきたかじんさんの闘病生活を描いた本で、名誉を傷つけられたとして、やしきさんの元マネージャーが訴えた裁判で、東京地方裁判所は、出版元の幻冬舎と作者の百田尚樹氏に対し、合わせて275万円の賠償を命じました。

関西を中心にテレビ番組の司会などで人気を集め、4年前に亡くなったやしきたかじんさんの元マネージャーの男性は、やしきさんの闘病生活を描いた作家の百田尚樹氏の著書「殉愛」で名誉を傷つけられたとして、出版元の幻冬舎と百田氏に賠償を求めていました。

28日の判決で東京地方裁判所の森田浩美裁判長は「本の内容は、やしきさんの再婚した妻などへの取材に基づくが、客観的な裏付けを欠く部分が少なくない。男性に関する一部の記述は真実とは認められない」と指摘しました。

そのうえで、男性の名誉を傷つけ、プライバシーを侵害したとして、幻冬舎と百田氏に合わせて275万円の賠償を命じました。

幻冬舎と百田尚樹氏は「主張が認められた部分はあるが、認められなかった部分については誠に遺憾だ。判決を精査して対応を検討したい」とコメントしています。

情報源:やしきさん関連本 出版元と作者に賠償命じる判決 東京地裁 | NHKニュース


へぇ・・・


記事の有効期限: 2019年11月28日 Thursday 8:23pm