ニコン、世界最高125倍ズーム/3,000mmの超望遠デジカメ。ドットサイト別売 – AV Watch

きたか・・・


ニコンは、コンパクトデジタルカメラにおいて世界最高となる、光学125倍ズーム、35mm換算3,000mmの超望遠撮影ができる「COOLPIX P1000」を9月14日に発売する。電子ズームを組み合わせた「ダイナミックファインズーム」を使うと12,000mm相当の撮影も可能。価格はオープンプライス、店頭予想価格は12万7,500円前後。

「COOLPIX P1000」
「COOLPIX P1000」

広角24mm~超望遠3,000mm相当までをカバーする光学125倍ズームレンズを搭載。明るさはF2.8~8。光学ズームと電子ズームを組み合わせた「ダイナミックファインズーム」利用時は最大4倍、35mm換算で約12,000mm相当の撮影も可能。「野鳥や月など、今までにない画角で被写体を撮影できる」という。レンズには、色収差の補正に優れたスーパーEDレンズやEDレンズを採用した。

ズームしたところ
ズームしたところ

4K動画撮影も可能で、2160/30p/25p、1080/60p/50p/30p/25p、720/60p/50p/30p/25pなどの撮影が可能。ハイスピード撮影にも対応する。2160/30p/25p撮影時の電子ズーム倍率は最大3.6倍で、35mm判換算で約10,800mm相当の望遠となる。ファイル形式はMP4で、MPEG-4 AVC/H.264を採用する。

4K UHDで撮影した動画からの静止画切り出す機能も備えている。進化した画像処理エンジン「EXPEED」を備え、高画質を実現。5.0段の手ブレ補正効果があるという「デュアル検知光学VR」は、角速度センサーと画像情報から検出した2つのブレ情報をもとに演算処理を行ない、手ブレを高精度に補正。望遠撮影時にも手ブレを抑えた撮影ができるという。

有機EL採用の約236万画素電子ビューファインダーを搭載。マニュアルフォーカスの調節やホワイトバランスの設定などが可能な「コントロールリング」、グリップしたままフォーカスモードの切りかえが可能な「フォーカスモードセレクター」も搭載。3.2型バリアングル液晶モニタも背面に備えている。

深いグリップを採用し、ホールド性を確保。手持ち撮影の安定性を高めている。なお、別売アクセサリーとして、野鳥、航空機、スポーツ、天体撮影など、被写体を見失いやすい望遠撮影時にフレーミングを補助する照準器「ドットサイト DF-M1」や、Bluetooth接続のリモコン「ML-L7」も9月14日発売予定。

照準器「ドットサイト DF-M1」を取り付けたところ
照準器「ドットサイト DF-M1」を取り付けたところ

独自のRAWフォーマット「NRW」での撮影も可能。自分だけの画づくりを手軽に実現する「COOLPIXピクチャーコントロール」、効果を付けて撮影できる「クリエイティブモード」、スーパーラプス動画、タイムラプス動画の撮影もサポート。

スマートフォンなどからリモート操作や写真の自動転送が可能な「SnapBridge」に対応する。

記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード。外形寸法は、146.3×181.3×118.8mm(幅×奥行き×高さ)。電池やメモリーカードを含めた重量は約1,415g。

関連リンク

情報源:ニコン、世界最高125倍ズーム/3,000mmの超望遠デジカメ。ドットサイト別売(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

情報源:ニコン、世界最高125倍ズーム/3,000mmの超望遠デジカメ。ドットサイト別売 – AV Watch



ふむ・・・