大瀬良が14勝目 7回をソロ2本による2失点に抑える マジックは22

広島6-2中日、ヒーローは大瀬良と磯村。


お立ち台で笑顔がはじける広島・大瀬良大地と広島・磯村嘉孝=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
お立ち台で笑顔がはじける広島・大瀬良大地と広島・磯村嘉孝=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

「広島6-2中日」(25日、マツダスタジアム)

広島・大瀬良大地投手が7回2失点で自己最多を更新する14勝目(5敗)を挙げた。被安打7も許した得点は、ソロ本塁打による2点に抑えた。

チームの優勝マジックは1つ減って22となった大瀬良は、「これからも大事な試合が続くのでしっかり投げたい」とファンの声援に応えた。

打線も1点を先制された直後の初回、丸の29号3ランで逆転すると、二回には大瀬良が自らタイムリーを放ち、1点を加えた。さらに五回はバティスタが20号ソロを放つと、七回には鈴木が25号ソロで加点した。

中日は先発・大野雄が5回7安打5失点で今季初勝利にまたも届かなかった。打線は広島と同じ9安打を放つも、初回に平田が7号、六回にはビシエドの20号とソロ2本による2得点に終わった。

情報源:広島・大瀬良14勝目 7回をソロ2本による2失点に抑える マジックは22(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:大瀬良が14勝目 7回をソロ2本による2失点に抑える マジックは22/カープ/デイリースポーツ online


2回終了後、右前適時打を放った大瀬良はナインとタッチをかわす(撮影・坂田 高浩)
2回終了後、右前適時打を放った大瀬良はナインとタッチをかわす(撮影・坂田 高浩)

◇セ・リーグ 広島6―2中日(2018年8月25日 マツダ)

広島先発の大瀬良は7回2失点の好投を見せ、今季14勝目を挙げた。

6回終了時点での球数は105球。「前回、前々回とランナーを溜めたまま降りてしまったので」と7回を三者凡退に抑える力投。「抑えないと男じゃないなと、気合をもってマウンドに上がりました」と振り返った。

2回にはバットでも活躍。1死三塁から自身を援護する右前適時打を放ち、「1、2球目はめちゃくちゃ球速くて手が出なかったんですけど、振らなきゃ何も始まらないなと思って3球目を一、二の三で」と大野雄のストレートを強振。これで今季6安打目で8打点目だ。それでも「たまたま落ちてくれたんで良かったです」リードを広げた一打を控えめに振り返っていた。

情報源:広島・大瀬良、両リーグ単独トップの14勝目!打撃でも「一、二の三で」自ら援護のタイムリー(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島・大瀬良、両リーグ単独トップの14勝目!打撃でも「一、二の三で」自ら援護のタイムリー― スポニチ Sponichi Annex 野球


ハイライト

ヒーローインタビュー:大瀬良と磯村


明日も勝って勝ち越そう。