佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負

佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負

79手まで、佐藤名人の勝利、2-2のタイに持ち込む。


将棋の第76期名人戦七番勝負第4局が5月19、20日の2日間、福岡市の「アゴ-ラ福岡山の上ホテル&スパ」で行われ、佐藤天彦名人(30)が羽生善治名人(47)に79手で勝利し、七番勝負の成績を2勝2敗のタイとした。

佐藤名人は防衛すれば3期連続、羽生竜王が奪取すれば通算10期目、さらに通算タイトル100期を達成することからも注目を浴びている。今年度は前日まで1勝3敗と調子が上がっていない佐藤名人だが、ここ一番で力強さを見せた。これで2人の通算対戦成績は佐藤名人の10勝8敗。

第5局は5月29、30日に名古屋市の「亀岳林 万松寺」で行われる。

佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負
佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負

情報源:佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負 | AbemaTIMES


対局が終わり感想戦をする佐藤天彦名人(右)と羽生善治竜王=2018年5月20日午後6時48分、福岡市中央区、堀英治撮影
対局が終わり感想戦をする佐藤天彦名人(右)と羽生善治竜王=2018年5月20日午後6時48分、福岡市中央区、堀英治撮影

佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦している第76期将棋名人戦七番勝負第4局(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)は20日午前9時、福岡市中央区の「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」で再開し、同日午後6時41分、佐藤名人が79手で勝ってシリーズ2勝2敗のタイとした。第5局は29、30日、名古屋市中区の万松寺で。

持ち時間9時間のうち残りは佐藤名人が1時間、羽生挑戦者が1時間4分だった。(村上耕司)

情報源:佐藤名人が羽生竜王に勝ち、2勝2敗 将棋名人戦第4局(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:佐藤名人が羽生竜王に勝ち、2勝2敗 将棋名人戦第4局:朝日新聞デジタル


挑戦者の羽生善治竜王に勝利し、感想戦で対局を振り返る佐藤天彦名人=福岡市中央区のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで2018年5月20日午後6時58分、田鍋公也撮影
挑戦者の羽生善治竜王に勝利し、感想戦で対局を振り返る佐藤天彦名人=福岡市中央区のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで2018年5月20日午後6時58分、田鍋公也撮影

19日から福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで指されていた第76期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)は20日、佐藤天彦名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を破り、2勝2敗と再びタイに戻した。第5局は29~30日、名古屋市の万松寺で指される。【丸山進】

情報源:<名人戦>佐藤名人が2勝目 再びタイに(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:名人戦:佐藤名人が2勝目 再びタイに – 毎日新聞


福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで19日から指されていた第76期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)は20日午後6時41分、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を79手で破り、2勝2敗と再びタイに戻した。残り時間は佐藤1時間、羽生1時間4分。第5局は29、30の両日、名古屋市の万松寺で指される。

佐藤の封じ手は、棋士控室でも本命視されていた5六角。羽生は攻め駒の角を圧迫して局面を打開しようとしたが、佐藤は53手目に1時間32分長考して2二歩成と指し、優位に立った。佐藤は1日目、2三歩(31手目)の新手で主導権を握り、その歩が勝負どころで威力を発揮した。

控室では早い終局が予測されていたが、羽生は決め手を与えない指し手で粘る。それでも、佐藤は時間を使って慎重に進め、最後まで陣形に隙(すき)を見せず、快勝した。

解説の横山泰明六段は「2三歩が非常に効果的な役割を果たしたのが印象的でした。羽生竜王は粘り強く指しましたが、佐藤名人は落ち着いた指し回しで少しずつリードを広げました」と話した。

前期七番勝負は第4局まで全て後手番が勝ったが、今期七番勝負は逆に先手番が勝利。佐藤は、リードされては追い付く前期と同じ展開で第5局を迎える。【丸山進】

佐藤名人の話 2三歩はこの形ならやろうと思っていた。6七銀(79手目)で自玉が安定したのではっきり良くなったと感じた。

羽生竜王の話 2三歩でどうまとめるか分からなかった。持ち駒に歩がないのが常に響いていた。封じ手の局面も自信がなかった。

情報源:<名人戦>佐藤快勝、最後まで陣形に隙見せず 第4局(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:名人戦:佐藤快勝、最後まで陣形に隙見せず 第4局 – 毎日新聞


佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑戦する第76期名人戦七番勝負の第4局が5月19・20日(土・日)に福岡県福岡市「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」で行われ、佐藤名人が羽生竜王を79手で破り2勝目を挙げました。

この結果により、佐藤天名人の2勝2敗。佐藤名人の3度目の防衛なるか、羽生竜王が通算獲得タイトル100期を達成するか、注目のシリーズとなっています。

第5局は5月29・30日(火・水)に愛知県名古屋市「亀岳林 万松寺」で行われます。

名人戦七番勝負の模様は、ニコニコ生放送AbemaTVで放送をします。また、名人戦棋譜速報日本将棋連盟モバイルで中継をいたします。ぜひご覧下さい。

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:佐藤天彦名人が羽生善治竜王を破り2勝2敗、第76期名人戦七番勝負第4局|将棋ニュース|日本将棋連盟





第76期 名人戦七番勝負 第四局 2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 | AbemaTV(アベマTV)

佐藤名人が反撃か、羽生竜王がタイトル100期に王手かけるか/名人戦七番勝負第4局2日目


次は第5局、羽生竜王の先手。


「佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。