加計学園文書「報告のための備忘録と判明」愛媛県知事

加計学園文書「報告のための備忘録と判明」愛媛県知事

はぁ・・・


学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、愛媛県や学園の関係者らが官邸を訪問したと記された文書が残されていたことについて、愛媛県の中村知事は10日夕方、会見を開き、「文書は、この会議に出席した愛媛県の職員が報告のため作成したものだ」と述べて、文書は県が作成したものであることを認めました。

加計学園の獣医学部新設をめぐって、国家戦略特区に提案される2か月前の平成27年4月2日に、愛媛県や学部が新設された今治市、それに学園の関係者が、官邸と内閣府を訪れた際の文書が残されていることがわかり、県は詳しい調査を進めています。

愛媛県の中村知事は10日夕方、記者会見を開いてこれまでの調査結果を公表しました。

この中で、文書については、「この会議に出席した愛媛県の職員が報告のため作成したものだ」と述べて、県によって作成されたことを認めました。

文書に当時、総理大臣秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官の名前が記されていることについては、面会の相手先についてはコメントできないとしたうえで、内容については「職員の報告を全面的に信じている」と述べるにとどめました。

また、この文書は、県の職員が国家戦略特区の説明資料として、内閣府や文部科学省、それに農林水産省に説明するために使った可能性があるとしています。

さらに、文書については、報告のメモであり、保管義務はなかったとして、現時点では見つかっていないと述べるとともに、引き続き調査すると答えました。


学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関連する文書について、愛媛県の中村知事は午後5時から県庁で緊急に記者会見を開き、「文書そのものは県庁内には確認できていないが、会議に出席した担当職員一人一人に聞き取りを行った結果、報告するための備忘録として職員が書いた文書だと判明した」と述べました。

また、愛媛県の中村知事は、「加計学園」の獣医学部新設に関連する文書に記されていた平成27年4月2日の官邸などでの面会について、「3年前のことなので全部は覚えていないが、国も非常に積極的に取り組んでもらっているという報告を受けた」と述べました。

文書については、「獣医学部の新設は複数の省庁にまたがっている案件なので、複数の機関に熱意を伝える必要があったが、その際に、『こんな状況になっています』と説明するためにこの文書を使った可能性はある」と述べました。

情報源:加計学園文書「報告のための備忘録と判明」愛媛県知事 | NHKニュース


学校法人加計学園(岡山市)が国家戦略特区の今治市で開学した岡山理科大獣医学部の計画を巡り、県が存在を否定していた文書が一転して残っていたとの一部報道を受け、中村時広知事は10日夕、県庁で記者会見し庁内調査の結果、文書としては残っていないが、県職員からの聴き取りで備忘録として確認したと明らかにした。

情報源:加計学園問題で愛媛県知事臨時会見 県職員が備忘録として作成したと確認(愛媛新聞ONLINE) – Yahoo!ニュース

情報源:県職員が備忘録として作成したと確認|愛媛新聞ONLINE


愛媛県の中村時広知事は10日の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる面会記録について「保管義務がないから文書そのものは確認できていない。しかし、担当職員が備忘録として書いた文書だと判明した」と述べた。

中村知事は、県職員が2015年4月当時に安倍晋三首相の秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官と面会したかどうかについて「相手先のことについてはコメントできない」と言及を避けた。安倍晋三首相の関与に関しては「分からない。コメントしようがない」と述べた。

情報源:愛媛知事、面会記録は「備忘録」=文書は「確認できず」―加計学園問題(時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:愛媛知事、面会記録は「備忘録」=文書は「確認できず」-加計学園問題:時事ドットコム



何時残したものなのかね?