揮毫する藤井王将(撮影・西尾 大助)

藤井王将 3年以内に8冠獲れる!師匠の杉本八段が予測「内容、充実度からすればそう先ではない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

第71期王将戦七番勝負第6局の予定地


2022年3月12日 05:30

揮毫する藤井王将(撮影・西尾 大助)
揮毫する藤井王将(撮影・西尾 大助)

藤井聡太王将(19)=竜王、王位、叡王、棋聖含む5冠=が11日、島根県大田市の国民宿舎「さんべ荘」を訪れ、王将奪取の祝賀会に出席した。渡辺明名人(37)=棋王含む2冠=に4連勝した第71期ALSOK杯王将戦7番勝負第6局が予定されていた会場。地元ファン50人の歓待を受けて笑顔を見せた。

9日の名人戦順位戦の対局に勝利し来期A級昇級を決め、最速で来年4~6月に行われる名人戦で8冠独占の可能性が出てきた藤井。

<藤井新王将を囲む会>師匠の杉本八段(左)と対局をふりかえる藤井王将(撮影・西尾 大助)
<藤井新王将を囲む会>師匠の杉本八段(左)と対局をふりかえる藤井王将(撮影・西尾 大助)

この日同行した師匠の杉本昌隆八段(53)は8冠達成のメドを「3年以内」と予測した。

「正直(話題になるのも)早いと思いますが、期待は理解できます」。弟子に成り代わって熱気を受け止めつつ「今の内容、充実度からすればそう先ではない。もし達成するなら3年以内。5年以上かかれば確率は下がります」と語った。

タイトルを独占した棋士は過去に1人いる。羽生善治九段(51)が1996年、当時の全7冠独占を第46期王将戦7番勝負でかなえた。藤井は渡辺に王将戦、棋聖戦で計7勝0敗、豊島将之九段(31)には王位戦、叡王戦、竜王戦で計11勝3敗。4強の両者を圧倒した今年度に、杉本が「死角はない」とみるのも当然か。

落とし穴があるとすれば「トーナメント戦。一度も負けが許されない」。残る3冠のうち王座戦、棋王戦は挑戦者決定トーナメントを勝ち上がる必要がある。今年度、王座戦は深浦康市九段(50)、棋王戦は斎藤慎太郎八段(28)の共にタイトル経験者に屈した。

「来年度は叡王戦に棋聖戦、王位戦と防衛戦から始まる。(8冠独占を)話題にしてもらえるよう、まずは勝たないと」

冷静に足元を見つめる藤井に対し、杉本が8冠独占まで「5年以上かかれば確率が下がる」とするのは新星の誕生を想定するからだ。AIの出現により「強い若手が育ちやすい環境」とみる。指し手の善悪が評価値で可視化できるようになった。将棋会館がない名古屋から台頭した自身や藤井のようなハンデが、地方の少年少女になくなりつつある。

<藤井新王将を囲む会>大屋神楽社中の恵比寿の舞で歓迎を受ける藤井王将(撮影・西尾 大助)
<藤井新王将を囲む会>大屋神楽社中の恵比寿の舞で歓迎を受ける藤井王将(撮影・西尾 大助)

羽生が7冠独占したのは25歳。藤井が3年以内に8冠独占すれば22歳まで。記録の申し子に、ここでも記録更新への期待が寄せられる。

≪“宣伝効果”おやつの珍案に冷静対応≫祝賀会では師弟による7番勝負解説会が開かれた。取り上げたのが決着した第4局1日目の封じ手の局面だったが、ここから話題は脱線し、いつしか朝昼に提供されるおやつへ。「たくさん食べるほど宣伝効果がある。記録係にあげるとか」と杉本が“珍案”を持ちかけると、藤井は「(コロナ対策で)今、おやつは控室で食べますので」。愛弟子の冷静な返答に杉本は「おやつがこんなに注目される時代が来るとは…」とお茶を濁した。また、藤井は記念の揮毫(きごう)では「雲外蒼天(そうてん)」(困難を乗り越え、努力して克服すればいいことが待っているの意味)としたためた。

情報源:藤井王将 3年以内に8冠獲れる!師匠の杉本八段が予測「内容、充実度からすればそう先ではない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2022/3/11 21:59

記念品の石見神楽面を受け取る藤井聡太五冠(左)=大田市三瓶町、国民宿舎さんべ荘
記念品の石見神楽面を受け取る藤井聡太五冠(左)=大田市三瓶町、国民宿舎さんべ荘

将棋の藤井聡太王将(19)が11日に大田市を訪問し、市民と交流した。12、13の両日に予定されていた第71期王将戦の第6局が4連勝で実現しなかったため、主催するスポーツニッポン新聞社や日本将棋連盟などが企画した。

五冠を達成した藤井王将は9日に、棋士のランクを決める順位戦で最上位の「A級」への昇級を決めたばかり。王将戦の会場となる予定だった三瓶町の国民宿舎さんべ荘で、楫野弘和市長からの記念品や、大屋神楽社中の舞による歓迎を受け「対局がなくなってしまったにもかかわらず温かく迎えていただき、本当にうれしく思う」とお礼の言葉を述べた。

王将戦については「こちらが苦しい局面も多く、4連勝は自分の実力以上の結果」と謙虚に語り、「三瓶温泉でリラックスし、また明日からしっかり取り組みたい」と話した。

12日はさんべ荘で「子供将棋の集い」に臨み、児童や園児を指導する。
(錦織拓郎)

情報源:【朝刊先読み!】藤井聡太王将が大田に 「三瓶温泉でリラックスし、また明日から」 | 山陰中央新報デジタル


2022/3/11 20:35(最終更新 3/11 20:39)

あいさつする藤井聡太王将=島根県大田市三瓶町志学の国民宿舎さんべ荘で2022年3月11日午後6時25分、佐々本浩材撮影
あいさつする藤井聡太王将=島根県大田市三瓶町志学の国民宿舎さんべ荘で2022年3月11日午後6時25分、佐々本浩材撮影

将棋の第71期ALSOK杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)を4連勝で制した藤井聡太新王将(19)の祝賀会が11日、島根県大田市三瓶町志学の国民宿舎さんべ荘であった。

12、13日にさんべ荘で予定されていた第6局がなくなったため、前夜祭を「新王将を囲む会」に変えて開かれた。会場には地元の関係者ら45人が駆けつけ、藤井王将が登場すると拍手で迎えた。

歓迎の儀として上演された石見神楽を楽しむ藤井聡太王将(左)=島根県大田市三瓶町志学の国民宿舎さんべ荘で2022年3月11日午後6時38分、佐々本浩材撮影
歓迎の儀として上演された石見神楽を楽しむ藤井聡太王将(左)=島根県大田市三瓶町志学の国民宿舎さんべ荘で2022年3月11日午後6時38分、佐々本浩材撮影

藤井王将は現在、竜王・王位・叡王・棋聖と合わせて5冠を保持。名人戦でも最上位のA級への昇級を決め、史上最年少での名人獲得や全8冠制覇に期待が高まる。

地元を代表して楫野(かじの)弘和・大田市長が「三瓶温泉で疲れを癒やしていただき、全冠制覇に期待したい」と歓迎のあいさつを述べると、藤井王将は「今期の王将戦は勉強になった。この経験を生かし、より精進していきたい。きょうは三瓶温泉でリラックスして、明日から取り組みたい」と抱負を語った。【佐々本浩材】

情報源:藤井聡太新王将「より精進していきたい」 島根・大田で祝賀会 | 毎日新聞



11日に将棋プレミアムで配信されました

https://twitter.com/shogipremium/status/1502141979505065986

藤井聡太新王将を囲む会




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太の鬼手 令和元年・2年度版
価格:1694円(税別、送料別)(2022/2/2時点)

 

楽天で購入