豊島将之名人が66手目を封じ手 渡辺明二冠は勝てば初の名人獲得/将棋・名人戦七番勝負

豊島将之名人が66手目を封じ手 渡辺明二冠は勝てば初の名人獲得/将棋・名人戦七番勝負 | ABEMA TIMES

豊島名人が66手目を封じて1日目終了


2020.08.14 18:39

将棋の名人戦七番勝負第6局が8月14日、大阪府大阪市の関西将棋会館で行われ、豊島将之名人(竜王、30)が66手目を封じ手とし、1日目を終了した。2日目は翌15日、渡辺明二冠(36)の手番から午前9時に再開する。

史上4人目の「竜王・名人」である豊島名人と、挑戦決定時に最多の三冠を保持していた渡辺二冠の対決は、現将棋界の「頂上決戦」とも呼ばれ、熱戦が続いている。第1局を渡辺二冠が制すると、第2・3局を豊島名人、第4・5局を渡辺二冠が連勝。トータル3勝2敗で渡辺二冠が初の名人に王手をかけている。初防衛を目指す豊島名人にとっては、土壇場で踏ん張り、最終局まで粘りたいところだ。

結果次第では決着局となる本局は、渡辺二冠が得意の矢倉を選択すると、豊島名人も応じて相矢倉からの出だしに。豊島名人の布陣は「米長流急戦矢倉」で、後手番から積極的な攻めを繰り出せる形に。布陣どおり激しい主導権争いが繰り広げられると、お互いの読み筋が噛み合っているのか、着手も早く、1日目ながら65手目まで進んだ。

渡辺二冠は7月に藤井聡太棋聖(18)にタイトルを奪われたばかりで、名人獲得となれば初の名人ともに三冠復帰を果たす。豊島名人は、並行して行われている叡王戦七番勝負では挑戦者になっており、名人初防衛を目指すとともに三冠も狙う。

本局の持ち時間は各9時間の2日制で、先手は渡辺二冠。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時点での残り持ち時間】

豊島将之名人 5時間44分(消費3時間16分) 渡辺明二冠 4時間16分(消費4時間44分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

情報源:豊島将之名人が66手目を封じ手 渡辺明二冠は勝てば初の名人獲得/将棋・名人戦七番勝負(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:豊島将之名人が66手目を封じ手 渡辺明二冠は勝てば初の名人獲得/将棋・名人戦七番勝負 | ABEMA TIMES


2020年8月14日 19時41分

18:30
豊島名人が封じ手

豊島名人が66手目を考慮中に午後6時30分になった。

立会人の谷川九段が「6時半になりました。豊島名人の次の手を封じてください」と伝えると、豊島名人はすぐに「封じます」と意思表示。封じ手用紙を受け取ると、別室へ。封をして戻り、渡辺挑戦者がサインをした封筒を谷川九段に渡し、1日目が終了した。

立会人の谷川浩司九段(左)に封じ手を渡す豊島将之名人。奥は渡辺明二冠=2020年8月14日午後6時38分、大阪市福島区、角野貴之撮影
立会人の谷川浩司九段(左)に封じ手を渡す豊島将之名人。奥は渡辺明二冠=2020年8月14日午後6時38分、大阪市福島区、角野貴之撮影

持ち時間各9時間のうち、消費時間は渡辺挑戦者が4時間44分、豊島名人は3時間16分。15日午前9時に再開する。(村上耕司)

村山七段の解説
爆弾を抱えた渡辺二冠

副立会人の村山慈明七段が、封じ手後にライブ解説。手の広い局面で迎えた豊島名人の封じ手を予想した。

「豊島名人が手裏剣の歩を放った。爆弾のようなものを抱えて、渡辺二冠は予定通り進められていない感じになった。豊島名人がペースを握っているように見えますがプロでもわかりません」(中村真理子)

19:00
悠長にはできない名人

封じ手までの局面について、村山七段は「先手は4八銀が攻めにも守りにも中途半端なので、早く▲5七銀と上がりたい。後手は悠長なことをしていると先手がいい形になるので、早く攻めたいところ」と分析する。

具体的には△7五歩▲同歩△同銀と攻めた時に▲7四歩の反撃があるため、桂頭を守って△6三金や△8四飛と備える手や、△9五歩▲同歩△7五歩▲同歩と突き捨てて△8四飛と浮く手が考えられるという。

1日目の指了図
1日目の指了図

他に桂の当たりをあらかじめ避ける△4二角という手もある。

「後手もそんなに簡単には攻められず、先手の渡辺二冠も十分戦える。どちらを持ちたいか、プロでも意見が分かれるところです。どちらも不満のない、どちらも力を出しやすい展開だと思う。1日目は本格的な戦いにはなりませんでしたが、明日の午前中からは激しい攻め合いになることが考えられる。午前中から目が離せないと思います」と話した。(村上耕司)

情報源:【詳報】名人が手裏剣、爆弾を抱えた渡辺二冠 激戦へ:朝日新聞デジタル


2020年8月14日 20時03分(最終更新 8月14日 20時05分)

豊島将之名人(30)に渡辺明王将(36)が挑戦し、渡辺の3勝2敗で迎えた第78期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第6局は14日、大阪市福島区の関西将棋会館で始まり、午後6時半、豊島が66手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は渡辺4時間44分、豊島3時間16分。15日午前9時に再開する。

渡辺が初の名人位獲得に王手をかけ、豊島は後がない戦い。定刻の午前9時、立会の谷川浩司九段が開始を告げると、先手番の渡辺は1分ほど気息を整え、7六歩と角道を開けた。

序盤、両者の着手は早く、矢倉の急戦模様に進む。豊島は4四銀から5五歩と仕掛け、戦端を開いた。

互いに飛車先の歩を切り、神経を使う中盤戦に。渡辺の9六歩(49手目)に豊島は1時間の昼食休憩を挟んで73分考え、9四歩と受けた。これを見た渡辺は1五歩と突き捨て、端攻めを決行。しかし豊島に3三角と受けられると、56分の長考で6五歩と突き、戦線を拡大した。

対する豊島は決戦を見据え、8八歩(56手目)と敵陣にくさびを打ち込む。しかしその後は、双方とも守りに手を入れて戦機が熟すのを待ち、豊島が37分考えて手を封じた。解説の北浜健介八段は「決戦が始まるかと思いきや、穏やかな流れに戻って、難解な中盤戦が続いている。消費時間に差がついたが、名人の決断の早さが印象的だ」と話した。【新土居仁昌】

情報源:難解な中盤戦に カド番の豊島が封じ手 名人戦第6局 – 毎日新聞




渡辺明二冠 vs △豊島将之名人

65手 ▲8八玉まで

封じ手記載へ

豊島名人が66手目を封じて1日目終了


 



気になる封じ手は?
立会人、副立会、記録係、全員「△6三金」と予想。