5回、降板を告げられがっくりの広島・大瀬良大地(左から3人目)=横浜スタジアム(撮影・金田祐二)

13失点惨敗 エース大瀬良7失点で最短KO 交流戦の悪夢払しょくできず

2019/6/28 vsDeNA 10回戦(横浜)DeNA13-3広島


5回、降板を告げられがっくりの広島・大瀬良大地(左から3人目)=横浜スタジアム(撮影・金田祐二)
5回、降板を告げられがっくりの広島・大瀬良大地(左から3人目)=横浜スタジアム(撮影・金田祐二)

「DeNA13-3広島」(28日、横浜スタジアム)

広島が今季ワーストの17安打を浴び、今季4度目の2桁13失点で惨敗。リーグ戦再開後の初戦で、エース大瀬良が今季最短の五回途中12安打7失点でKO負けを喫した。

最下位に終わった交流戦の悪い流れを断ち切れなかった。大瀬良は初回、2死走者なしからロペスに先制ソロを献上。2点リードとなった四回は筒香にバックスクリーン直撃の同点2ランを浴びた。

同点の五回はソトに決勝3ランを被弾。宮崎にも中前適時打を許し、ここで交代となった。リーグ戦再開初戦のマウンドを託されたエースだったが、2戦連続の大量失点。役割を果たすことができず、5敗目となった。

七回には4番手・中村祐がロペス、筒香の連続アーチなどで一挙5失点。リードを広げられた。

打線は1番に抜てきされた高橋大がプロ初アーチ。7番メヒアも今季1号を含む3安打と結果を残した。

DeNAは2連勝で借金2。3位阪神に1・5差と迫った。

情報源:広島13失点の惨敗 エース大瀬良7失点で最短KO 交流戦の悪夢払しょくできず…(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:13失点惨敗 エース大瀬良7失点で最短KO 交流戦の悪夢払しょくできず…/広島カープ/デイリースポーツ online


ベンチで渋い表情の広島・緒方孝市監督=横浜スタジアム(撮影・金田祐二)
ベンチで渋い表情の広島・緒方孝市監督=横浜スタジアム(撮影・金田祐二)

「DeNA13-3広島」(28日、横浜スタジアム)

広島がリーグ戦再開初戦で惨敗を喫した。大瀬良がまさかの7失点KOで今季5敗目。緒方孝市監督は「最初はこっちのペースで行っていたが、五回に大地がつかまってしまった」と振り返り、エースのまさかの乱調に「体の状態が悪いわけではない。(次回へ)コンディションを整えてもらって」と説明した。

打線では高橋大とメヒアがアピールした。指揮官はプロ初本塁打を放った高橋大について「思い切りのいい、迷いのないスイングををしている。打席の中でもボールを見極めて死球を勝ち取った。いい内容の打席だった」と褒めたたえた。

鯉将は来日初の3安打を記録したメヒアも評価。「最初の試合はタイミングが取れていなかったけど、2試合目でまた頑張ってくれている」と話した。

情報源:広島・緒方監督 エースのまさかの乱調に「コンディションを整えてもらって」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:緒方監督 エースのまさかの乱調に「コンディションを整えてもらって」/広島カープ/デイリースポーツ online


ハイライト


6月はダメだな・・・