藤井聡太七段、本戦出場ならず 5戦無敗の都成竜馬五段に初黒星/将棋・棋王戦予選

藤井聡太七段、本戦出場ならず 5戦無敗の都成竜馬五段に初黒星/将棋・棋王戦予選 | AbemaTIMES

95手まで、都成竜馬五段の勝ち、対藤井七段戦で初白星。


将棋の藤井聡太七段(16)が5月28日、棋王戦予選8ブロックの決勝で都成竜馬五段(29)に95手で敗れ、3期連続での本戦出場を逃した。藤井七段は今年度5局目で初の敗戦。対都成戦の連勝も「5」で止まった。

藤井七段は、2016年10月にプロ入りして以来、都成五段とは5局と最も多く対戦し、いずれも勝利していた。勝った方が挑戦者決定トーナメント進出を決める一局だったが、序盤からどんどんと指し進める都成五段に対し、藤井七段はペースを握れず、持ち時間でも1時間以上の差をつけられたまま終盤へ。これまで度々、華麗な逆転の一手を見せてきたが、この日は先輩棋士の意地の前に苦杯を舐める形となった。

3期連続での本戦出場を逃すと、対局後は「もう少しいい指し方があったかと思うので、本局に関しては形勢判断も読みも、自分が弱いところが出てしまったと思います」とうつむき加減だった。また、タイトルについては「近道はないと思うので、力をつけて目指していくしかないと思っています」とかみ締めていた。

勝利した都成五段のコメント 序盤はこちらが誘ったというか、誘導したような展開でした。(対藤井戦で5連敗だったが)先手になれば、今回は相掛かりにしようとは思っていました。過去の対局では力の差を痛感する内容が多かったんですが、今回はしっかり準備して臨もうと思っていて、その中の1つの形になったので、それがよかったんじゃないかなと思います。引き続き頑張っていきたいと思います。

情報源:藤井聡太七段、本戦出場ならず 5戦無敗の都成竜馬五段に初黒星/将棋・棋王戦予選(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、本戦出場ならず 5戦無敗の都成竜馬五段に初黒星/将棋・棋王戦予選 | AbemaTIMES


2019年5月28日 19:00

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)が28日、大阪市内の関西将棋会館で指された棋王戦の組別予選決勝で都成竜馬五段(29)に95手で敗戦。新時代の令和になってから初黒星を喫した。
イケメン棋士としても知られる若手実力派の都成とは過去5戦5勝。だが、この日は相性の良さを生かせず、序盤から“スピード将棋”で指す都成に持ち時間でもジワジワと差を広げられ、持ち味の終盤力も発揮できず、今期初黒星(4勝1敗)となった。藤井の成績は、いずれも未放送のテレビ対局は除く。

初参戦から2期続けていた本戦となる挑戦者決定トーナメント入りを逃した藤井。すでに進出を決めていた師匠の杉本昌隆八段(50)との、本戦における初の師弟そろい踏みもお預けとなった。

棋王は、藤井が今年度獲得できる可能性のあるタイトル戦4つのうちの1つだった。残すのは大阪王将杯王将と竜王、王座の3つ。

情報源:藤井聡太七段 令和初黒星 都成竜馬五段に敗れ棋王戦挑戦者決定T進出ならず(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段 令和初黒星 都成竜馬五段に敗れ棋王戦挑戦者決定T進出ならず― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2019年5月28日19時58分

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は28日、大阪市の関西将棋会館で指された第45期棋王戦予選8組の決勝で都成竜馬五段(29)に95手で敗れ、3期連続での本戦トーナメント進出を逃した。

ここまで藤井の19年度の成績は4戦全勝(未放映のテレビ対局を除く)だったが、本年度初黒星となった。

終局後、藤井は「正しい形勢判断ができていなかった。もう少し指し方があったかも。本局については形勢判断、読みも自分の弱いところが出てしまった」と悔しさをにじませた。

ここまで過去の両者の対戦成績は藤井の5戦5勝。藤井対策が奏功し、初勝利を挙げた都成は「過去の対局ではかなり力の差を痛感する内容が多かった。今回はしっかり準備して臨もうと思っていた。その中の1つの形になった」と本戦トーナメント入りを喜んだ。 藤井の今年の大きな目標はタイトル戦出場だ。挑戦の最年少記録は屋敷伸之九段(47)の17歳10カ月。獲得は屋敷の18歳6カ月。7月に17歳になる藤井は「近道はないと思うので、力をつけて目指していくしかない」と気持ちを切り替えた。棋王戦敗退で、藤井が本年度に獲得できる可能性のあるタイトルは王将、竜王、王座の3つになった。

情報源:藤井聡太七段、棋王戦本戦進出逃す 本年度初黒星(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、棋王戦本戦進出逃す 本年度初黒星 – 社会 : 日刊スポーツ


第45期棋王戦予選で、藤井聡太七段VS都成竜馬五段の対局が5月28日に行われ、都成五段が95手で藤井七段を破り、勝ち進みました。

この結果により、都成五段は初の挑戦者決定トーナメント進出を決めました。

都成五段は第43期より本棋戦に参加しており、本棋戦の通算成績は8勝2敗(0.800)です。

情報源:都成竜馬五段が藤井聡太七段を破り挑戦者決定トーナメント進出を決める 第45期棋王戦予選|棋戦トピックス|日本将棋連盟


都成竜馬五段 vs △藤井聡太七段(棋譜を見る

95手まで、都成竜馬五段の勝ち、対藤井七段戦で初白星。




今回は都成五段の作戦勝ちだったな。
30連勝をとめた佐々木勇気七段が思い浮かんだ。