広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、勝ち越しの左犠飛を放つ西川(撮影・前田充)

広島 3点差追いつかれるも8回一挙3点、2連勝 タイムリーエラー安部が意地の2ラン

2019/5/3 vs巨人 6回戦(マツダ)広島6-3巨人
ヒーローは西川と曽根


2019年5月3日 21:17

<広・巨>8回2死三塁、安部は右越えに2点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
<広・巨>8回2死三塁、安部は右越えに2点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)

セ・リーグ 広島6―3巨人 ( 2019年5月3日 マツダ )

3点差を追いつかれた広島が巨人に6―3で競り勝ち、2連勝。借金を2に減らし、この日敗れた中日を抜いて4位に浮上した。首位・巨人の連勝は2でストップ。

広島は3―3で迎えた8回、1死からバティスタが三塁への内野安打で出塁し、すかさず代走に曽根が出ると、続く鈴木の右前打で1死一、三塁のチャンス。ここで西川が浅めの左翼フライを放つと、三走・曽根が快足を飛ばして本塁生還を果たして4―3と勝ち越した。さらに続く安部が右越え2ラン。7回にタイムリーエラーしていた安部の意地の一発が出ると、最後は守護神・中崎が守り切った。

巨人は0―3で迎えた7回、先頭の山本が内野安打で出塁し、続く代打・小林の二ゴロを菊池涼が田中広がベースカバーに入った二塁へ悪送球して併殺となるはずが無死一、二塁。続く代打・阿部の右前適時打で1点を返すと、坂本勇の三塁へのゴロを安部がトンネルするタイムリーエラーで2点目。さらに丸の左犠飛で同点に追いついたが、8回に登板した4番手・田原、5番手・高木が広島の勢いを止められなかった。

情報源:広島 3点差追いつかれるも8回一挙3点、2連勝 タイムリーエラー安部が意地の2ラン(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島 3点差追いつかれるも8回一挙3点、2連勝 タイムリーエラー安部が意地の2ラン― スポニチ Sponichi Annex 野球


安部がダメ押し2号2ラン

■広島 6-3 巨人(マツダスタジアム)

広島は3日、巨人戦(マツダ)で6-3で競り勝ち2連勝。4位に浮上した。巨人は連勝が2で止まった。

3-3で迎えた8回、1死一、三塁から西川の左犠飛で勝ち越し。さらに2死三塁から安部の右中間2号2ランで突き放した。3番手のフランスアが4勝目。9回を締めた中崎は4セーブ目を挙げた。

巨人は3点を追う7回に、阿部の右前適時打、丸の左犠飛などで同点に追いついたが、逆転することはできなかった。4安打と打線が低調だった。

情報源:広島2連勝で4位浮上! 西川が勝ち越し犠飛 巨人は連勝2でストップ(Full-Count) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島2連勝で4位浮上! 西川が勝ち越し犠飛 巨人は連勝2でストップ | Full-count


2019年5月3日21時22分

広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、勝ち越しの左犠飛を放つ西川(撮影・前田充)
広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、勝ち越しの左犠飛を放つ西川(撮影・前田充)

<広島6-3巨人>◇3日◇マツダスタジアム

広島が先制した。2回2死二塁で会沢が右前適時打を放った。先発床田は3回2死満塁のピンチを脱し、3回まで無失点。

広島は6回に2点を追加した。無死三塁からバティスタが中犠飛を放ち、鈴木が中堅右へ8号ソロを放ち、たたみかけた。

巨人は7回に広島の守備の乱れもあって同点とした。広島は8回に西川の犠飛などで3点を勝ち越し。9回は中崎が締め連勝した。

広島フランスアが4勝目、巨人田原が1敗目。

情報源:広島西川が決勝犠飛、フランスア4勝 巨人田原1敗(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島西川が決勝犠飛、フランスア4勝 巨人田原1敗 – プロ野球戦評 : 日刊スポーツ


2019年5月3日 21:43

<広・巨>8回1死一、三塁、好走塁で勝ち越しの生還を果たした曽根(右)の頭をわしづかみにする西川(撮影・北條 貴史)
<広・巨>8回1死一、三塁、好走塁で勝ち越しの生還を果たした曽根(右)の頭をわしづかみにする西川(撮影・北條 貴史)

セ・リーグ 広島6―3巨人 ( 2019年5月3日 マツダ )

3点差を追いつかれた広島が巨人に6―3で競り勝ち、2連勝。借金を2に減らした。
試合後、お立ち台にそろって上がったのは、決勝点を文字通り2人でもぎ取った西川、曽根の若手2人だった。

3―3で迎えた8回、1死からバティスタが内野安打で出塁し、すかさず代走に俊足の曽根が出ると、続く鈴木の右前打で1死一、三塁のチャンス。ここで西川が浅めの左翼フライを放つと、三走・曽根が快足を飛ばして本塁生還を果たし、これが決勝犠飛となった。

「(走者を)返すつもりで。それだけの気持ちで行きました」と打席を振り返った西川は「ちょっと浅いかなと思ったんですけど。もう曽根様に感謝です」と1学年下ながら現在同じ24歳の曽根に感謝。「正直いかんかなと思ったですけど、マジありがとうございます」と浅めの飛球で1点をもぎ取った曽根の快足に笑顔で感謝した。

西川に感謝された曽根は3点リードを追いつかれるという試合展開をベンチでどう見ていたか聞かれると「ストレッチしてました」と準備の大切さをアピール。「広瀬コーチと打ち合わせをしていて“少々浅かったらいくぞ!”という風に言われてたんで。あの~…広瀬コーチのおかげです」と広瀬コーチに感謝すると「少々浅くても(ホームに)かえれるっていう自信はあったので、はい。良かったです」と笑みを浮かべた。

2人の明るいお立ち台に真っ赤に染まったスタンドも大歓声。曽根は終盤、大事なところで代走に出ることが多いが、心がけていることは?と聞かれると再び「ストレッチです」と返し、今後に向けても「しっかりストレッチして、いつでもいけるように準備して、バットでも貢献できるように頑張っていきたいと思います」とコメント。場内からは大きな拍手が降り注いでいた。

情報源:広島 代走・曽根の足で決勝点勝ち取る V犠飛の西川「曽根様に感謝です。マジありがとうございます」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島 代走・曽根の足で決勝点もぎ取る V犠飛の西川「曽根様に感謝です。マジありがとうございます」― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年5月3日22時36分

広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、西川の左犠飛でタッチアップする三塁走者曽根(中央)(撮影・山崎安昭)
広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、西川の左犠飛でタッチアップする三塁走者曽根(中央)(撮影・山崎安昭)

<広島6-3巨人>◇3日◇マツダスタジアム

広島が勝負をかけたプレーに成功し、価値ある勝利をつかんだ。巨人戦は3点リードの7回に守備の乱れで追いつかれたが、8回1死一、三塁で5番西川龍馬内野手(24)の打球は浅いレフトフライ。三塁走者の曽根海成内野手(24)が“ギャンブル”スタートを切って生還した。負ければショックの大きな一戦を制して連勝。4位浮上と再び上昇モードに入る気配だ。

◇    ◇    ◇

8回裏広島1死一、三塁、西川龍馬の左犠飛で勝ち越しの生還を果たす曽根(撮影・前田充)
8回裏広島1死一、三塁、西川龍馬の左犠飛で勝ち越しの生還を果たす曽根(撮影・前田充)

会心のギャンブルスタートだった。3-3の8回裏1死一、三塁。広瀬三塁コーチが、三塁走者曽根にささやく。「少々浅くても行くぞ」。タッチアップの確認。思惑通りに、西川の浅い飛球が左翼に上がった。ボールが重信のグラブに収まった瞬間「行け」の声と同時に曽根が走った。好返球ならアウトかというタイミング。だが返球は大きく一塁側にそれ、勝ち越し点が入った。

お立ち台の曽根は興奮を隠さなかった。「広瀬コーチのおかげです。少々浅くてもかえれる自信はあった」。代走出場の前、気配を察してベンチをストレッチしていた。広瀬コーチは「(重信の)捕り方、体勢、(打球への)入り方、コントロール、曽根の足を考え、少々浅くても勝負しようと決めていた」と振り返った。ベンチと選手が一体となった、会心のタッチアップだった。

広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、西川の左犠飛で勝ち越しの生還を果たし、ガッツポーズする曽根(右)。左は安部(撮影・前田充)
広島対巨人 8回裏広島1死一、三塁、西川の左犠飛で勝ち越しの生還を果たし、ガッツポーズする曽根(右)。左は安部(撮影・前田充)

絶対に勝ち越さなければならなかった。3-0の7回。まさかの2失策がからみ、同点に追いつかれた。無死一塁から併殺を狙った名手菊池涼の二塁送球がわずかに浮く悪送球となり、一、二塁オールセーフ。粘りに粘っていた床田がこらえきれず、代打阿部に適時打を浴びた。さらに三塁安部が適時失策。丸の犠飛で同点に追いつかれ、床田の5勝目が吹き飛んだ。ミス連発を帳消しにするためには、何としても失った流れを引き戻す必要があった。

勝ち越しの後、安部が7回の失策を帳消しにする2ランで勝利を決定づけた。緒方監督は「7回(の失策は)いつもできているプレーができなかった」と話した。一方で「エラーした安部が打って意地を見せてくれたし、粘り強い攻撃で最後、点を取ることができた」と手応えも口にした。流れを引き戻した広島が連勝を引き寄せた。【村野森】

広島対巨人 お立ち台でガッツポーズする曽根(右)と西川(撮影・前田充)
広島対巨人 お立ち台でガッツポーズする曽根(右)と西川(撮影・前田充)

情報源:広島曽根V生還!浅い左飛で会心ギャンブルスタート(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島曽根V生還!浅い左飛で会心ギャンブルスタート – プロ野球 : 日刊スポーツ


8回、広島・西川龍馬の犠飛で勝ち越しのホームインをする広島・曽根海成=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
8回、広島・西川龍馬の犠飛で勝ち越しのホームインをする広島・曽根海成=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

「広島6-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

広島が2失策で同点に追いつかれたものの、西川の犠飛と自らの失策が失点に絡んだ安部の2号2ランで巨人を振り切った。連勝で4位に浮上した。

広島は二回に会沢が先制適時打、六回にバティスタの犠飛と、鈴木の17日ぶり本塁打となる8号ソロで3点をリードした。

しかし、七回に菊池涼と安部による2失策がからみ、阿部の適時打などで同点に追いつかれた。床田は同点にされたタイミングで降板し、自責0ながら3失点で勝利投手を逃した。

八回、広島は巨人の田原に対し、1死から連打で一、三塁に。西川の当たりは左翼へ浅いフライとなったが、代走で三走に入っていた曽根が本塁へ突進し、左翼に入っていた重信からの送球がそれたこともあり勝ち越しのホームを踏んだ。

さらに、投手が高木に代わってから安部が、七回でエラーをした汚名を払う右中間への2号2ランを放ち、3点のリードを奪った。

九回は中崎が締めくくり、対巨人3連戦の初戦をものにした。勝ち投手はフランスアで4勝目(1敗)。敗戦投手は田原で今季初黒星。

情報源:広島が連勝で4位浮上!西川V犠飛、曽根が快足で生還 安部も2ラン失策の汚名はらう(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島が連勝で4位浮上!西川V犠飛、曽根が快足で生還 安部も2ラン失策の汚名はらう/広島カープ/デイリースポーツ online


ハイライト

ヒーローインタビュー:西川龍馬と曽根海成


あとは、失策数をどうにかしてくれれば・・・
投手が力投しても、エラーで失点してたら報われないよ。