ゴーン前会長の妻を参考人に 特捜部が尋問手続き請求

ゴーン前会長の妻を参考人に 特捜部が尋問手続き請求 | NHKニュース

ふむ・・・


2019年4月7日 5時01分

日産自動車のゴーン前会長が特別背任の疑いで再逮捕された事件で、東京地検特捜部がゴーン前会長の妻に参考人として説明を求めるため、裁判官が呼び出して尋問する手続きを行うよう裁判所に請求したことが関係者への取材でわかりました。

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(65)はオマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部を私的に流用したとして特別背任の疑いで再逮捕され、東京地検特捜部はこうした資金の一部がゴーン前会長の妻のキャロルさんが代表を務める会社に送金されクルーザーやボートの購入費に充てられていた疑いがあるとみて調べています。

このため特捜部はキャロルさんに参考人として説明を求めるため、任意の事情聴取に応じるよう要請しましたが、実現しなかったため、裁判官がキャロルさんを呼び出して尋問する手続きを行うよう裁判所に請求したことが関係者への取材でわかりました。

この手続きは検察官の請求に基づいて出頭や供述を拒む参考人を初公判の前に裁判官が尋問するもので、出頭を拒んだ場合、裁判官は強制的に呼び出すことができます。

ゴーン前会長の弁護士は、再逮捕の際にキャロルさんの携帯電話やパスポートも押収されたとして特捜部の対応を非難していて今後の対応が注目されます。

情報源:ゴーン前会長の妻を参考人に 特捜部が尋問手続き請求 | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年4月7日 Tuesday 12:06pm