ハチミツの甘さ 呉の「はるか」出荷 | RCCニュース

ほぉ・・・

2019.3.14 19:14

ハチミツのような甘さが特徴です。

人気のかんきつ「はるか」の出荷が、広島県呉市の大崎下島で始まりました。

呉市豊町で、14日から出荷が始まった「はるか」です。

JA広島果実連が、13年前に本格的な生産を始めました。

酸味が少なく、ハチミツのような上品な甘さが、特に女性に人気だということです。

去年の豪雨災害の影響が心配されましたが、年末は、天候に恵まれ、玉太りもよく甘さも十分だということです。

生産者・新谷 誠二さん)
「酸味が少ないので非常に食べやすいと思うんですよね。いろんな食べ方をこれから試行錯誤して食べやすくする研究もしないとね」

「はるか」は、台湾や香港にも輸出されていて、「満月を連想させる縁起の良い果物」として、高い評価を
受けているということです。

県内産の「はるか」は、去年より、20トン少ないおよそ700トンが出荷される予定です。

情報源:ハチミツの甘さ 呉の「はるか」出荷(RCC中国放送) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:ハチミツの甘さ 呉の「はるか」出荷 | RCCニュース


へぇ・・・


記事の有効期限: 2020年3月14日 Saturday 8:06pm