レーダー照射「間違いない」、海自司令が強調 : 政治 : 読売新聞オンライン

ふむ・・・


レーダー照射問題について話す海上自衛隊第3航空隊の藤沢豊司令(海自厚木基地で)
レーダー照射問題について話す海上自衛隊第3航空隊の藤沢豊司令(海自厚木基地で)

警戒監視中だった海上自衛隊のP1哨戒機が昨年12月に韓国海軍駆逐艦から火器管制レーダーを照射された問題に絡み、P1が所属する海自第3航空隊(神奈川県)の藤沢豊司令が25日、読売新聞などの取材に応じ、「(レーダー照射は)間違いない」と改めて強調した。

藤沢氏は、防衛省が1月に公表した最終見解に触れ、「レーダーの解析や通信内容、P1の動きなど、(照射の事実を証明するのに必要な情報は)全て書かれている」と説明。現場で情報収集した乗員について、「安全を確保しながら、冷静に任務を達成してくれたことを誇りに思う」と述べた。

この問題で韓国側は照射を否定し、「哨戒機が威嚇的な低空飛行を行った」と反論。威嚇飛行に「厳重に対応」する方針を表明している。藤沢氏は「島国である日本は、常に周囲に目を見張っていなければならない。これまで通り、やるべきことを淡々とやる」と述べた。

情報源:レーダー照射「間違いない」、海自司令が強調 : 政治 : 読売新聞オンライン


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年2月25日 Tuesday 8:35pm