ドナルド・キーンさん死去 96歳

ドナルド・キーンさん死去 96歳 | NHKニュース

96歳か・・・


2019年2月24日 9時42分

文化勲章を受章した日本文学の研究者で、東日本大震災をきっかけに日本国籍を取得したことでも知られるドナルド・キーンさんが、24日朝、心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。96歳でした。

ドナルド・キーンさんは、1922年にニューヨークで生まれ、アメリカ海軍の学校で日本語を学びました。

戦後、京都大学に留学したあとアメリカ・コロンビア大学の教授を務めるなどして、半世紀以上にわたって日本文学の研究を続けてきました。

数々の著作を通じて独自の日本文学論を展開したほか、古典から現代の作家まで多くの作品を英語に翻訳し、日本文学を広く世界に紹介しました。

谷崎潤一郎や川端康成、三島由紀夫といった日本の文壇の重鎮とも親しく、ノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーに対して日本文学についての助言を行ったことでも知られています。

こうした功績で日本の文学評論に関する多くの賞を受賞し、平成20年には文化勲章を受章しています。

キーンさんは、平成23年の東日本大震災のあと「私の日本に対する信念を見せたい」などとして、長年愛着のある日本に移住することを決め、翌年の3月に日本国籍を取得しました。

90歳をすぎても活動を続けていましたが、キーンさんの代理人によりますと、体調が悪化したため去年秋から入退院を繰り返し、24日午前6時すぎに心不全のために亡くなりました。

養子の誠己さん「幸せな一生だった」

ドナルド・キーンさんの養子のキーン誠己さんは「父は苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。みずから選んだ母国で日本人として、日本人の家族を持ち、日本に感謝の気持ちをささげつつ、幸せに最後の時を迎えました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土となることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています」とコメントしています。

情報源:ドナルド・キーンさん死去 96歳 | NHKニュース


ご冥福をお祈りいたします。


記事の有効期限: 2020年2月24日 Monday 11:17am