韓国が威嚇“証拠写真”公開「機械は嘘をつかない」

韓国が威嚇“証拠写真”公開「機械は嘘をつかない」

韓国国防省のHPに掲載されていない・・・
Facebookで公開って・・・


韓国 駆逐艦から撮影したとする“威嚇飛行”画像を公開
韓国 駆逐艦から撮影したとする“威嚇飛行”画像を公開

2019年1月24日 19時05分

韓国国防省は、海上自衛隊の哨戒機による韓国軍の艦艇に対する威嚇飛行が相次いでいるとの主張に関連し、駆逐艦から撮影したとする画像を公開しました。画像には駆逐艦のレーダーのデータも含まれていて韓国軍の関係者は、「確実なデータだ」と強調しています。

韓国軍は23日、海上自衛隊の哨戒機による韓国軍の駆逐艦に対する威嚇飛行が相次いでいると主張し、日本側は適切な運用を行っているなどと反論しています。

これに関連し韓国国防省は、駆逐艦から撮影したとする5枚の画像を24日夕方、公開しました。

画像はビデオカメラと駆逐艦の赤外線カメラで、23日撮影した動画を加工したもので、このうちの3枚には飛行する哨戒機が写っています。また、駆逐艦のレーダーの画面だとする画像も公開され、距離が0.30マイル、高度が200フィートとなっていると説明しています。

これは、哨戒機が距離およそ540メートル、高度60から70メートルの低空を飛行したとする韓国側の主張に合致するものだとしていて、軍の関係者は、「機械はうそをつかない。確実なデータだ」と、強調しています。

一方、韓国大統領府は24日午後、NSC=国家安全保障会議を開いたと発表し、「日本の哨戒機による威嚇飛行が繰り返されていることに対し、深刻な憂慮を表明し、再発しないように厳重に対応していくことにした」としています。

韓国 公開画像に補足説明

韓国国防省が公開した5枚の画像には、それぞれ韓国側の主張を裏付けるものだとする説明がつけられています。

このうち、駆逐艦のレーダーの画面だとする2枚の画像は、大半の部分は加工され、詳細を見ることはできなくなっていますが、「200フィート」などという数字が表示されているのが確認できます。

その下には、「日本の哨戒機が駆逐艦の艦尾へ接近した当時の高度は200フィート(およそ60から70メートル)」、「艦尾から右舷に0.3マイル(およそ540メートル)。近接威嚇飛行をした当時に捕捉されたレーダーデータ」との説明が加えられています。

また、ビデオカメラで撮影された動画を加工したカラーの画像には、左方向に向かって飛行する哨戒機とともに、中央には駆逐艦の通信アンテナが写っていて、「駆逐艦の右舷通過時の高度はおよそ60メートル」と記されています。

赤外線カメラで撮影された白黒の2枚の画像にも哨戒機とみられる機影が写っていて、それぞれの時刻とともに「駆逐艦からの距離およそ540メートル」などと説明しています。

情報源:韓国 駆逐艦から撮影したとする“威嚇飛行”画像を公開 | NHKニュース


2019/01/24 17:59

韓国国防省はさきほど、自衛隊機が「低空威嚇飛行」をした証拠とする写真を公開しました。

公開された写真は、韓国海軍の駆逐艦から撮影された動画を静止画にしたもので、飛行する自衛隊の哨戒機とともに、「右舷通過時高度約60メートル」との説明が加えられています。

また、赤外線カメラで撮影された別の写真では、機体の全体像は捉えられていないもの、「距離約540メートル」まで接近したとしています。

これらの高度や距離の根拠として、韓国国防省は計器やレーダーの写真もあわせて公開していて、「機械は嘘をつかない」と日本側への有力な反論になるとの見方を示しました。

一方、動画については「急いで撮ったため短い」として公開には消極的です。

情報源:韓国が威嚇“証拠写真”公開「機械は嘘をつかない」(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:韓国が威嚇“証拠写真”公開「機械は嘘をつかない」


2019.01.24 17:33

「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的
「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的

韓国国防省は24日夕方、「自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠」とする写真を公開した。

公開された写真は韓国海軍の駆逐艦から撮影された動画を静止画にしたもので、飛行する自衛隊の哨戒機とともに「右舷通過時、高度およそ60メートル」との説明が加えられている。

「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的
「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的

また、赤外線カメラで撮影された別の写真では、機体の全体像は捉えられていないものの「距離およそ540メートルまで接近した」としている。

「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的
「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的

これらの高度や距離の根拠として韓国国防省はや計器やレーダーの写真も併せて公開していて、「機械は嘘をつかない」と、日本側への有力な反論になるとの見方を示した。

「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的
「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的

一方、動画については「急いで撮ったため短い」として、公開には消極的だ。

情報源:「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的 | AbemaTIMES


韓国が「証拠」の写真公開 “低空威嚇飛行”問題
韓国が「証拠」の写真公開 “低空威嚇飛行”問題

2019/1/24日16:58

韓国海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機から相次いで低空威嚇飛行を受けたと韓国側が発表した問題で、韓国国防省は24日、その「証拠」として、23日に撮影されたという写真5枚を公開しました。

韓国国防省が午後5時に公開した写真は5枚で、そのなかには「韓国海軍の駆逐艦の右側を海上自衛隊の哨戒機が高さおよそ60メートルで通過した」と説明されています。これらの写真は、23日午後2時すぎ、韓国の駆逐艦が撮影したものだとしています。

韓国国防省は、海上自衛隊の哨戒機が東シナ海の海上で韓国海軍の駆逐艦に対し、およそ540メートルの距離を高さおよそ60~70メートルで「低空威嚇飛行」をしたと23日に発表していて、その際に撮影したものとしています。

韓国国防省は、今月18日と22日にも「低空威嚇飛行」をしたとして、「明白な挑発行為だ」と日本側を批判しています。

情報源:韓国が「証拠」の写真公開 “低空威嚇飛行”問題(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:韓国が「証拠」の写真公開 “低空威嚇飛行”問題 TBS NEWS



上空何メートルを飛行しているのかこれじゃ判らんだろ。


記事の有効期限: 2020年1月24日 Friday 8:13pm