FirefoxもサードパーティーDLLをブロックへ | スラド IT

ふむ・・・


一部のセキュリティソフトや各種ユーティリティツールでは、ブラウザの挙動をコントロールするためにダイナミックリンクライブラリ(DLL)をブラウザのプロセスに読み込ませる行為(「DLL injection」)を行うものがあるが、Firefoxが安定性やセキュリティ、プライバシ強化のためにこういった行為を禁止するという(ghacks.net)。

すでにGoogle Chromeでは2018年にサードパーティによるDLL injectionをブロックしている。Googleによると、DLL injectionによってChromeのクラッシュ数が15%ほど増加することもわかったそうだ。

現在、Nightlyビルドでこの設定が導入されており、一般向けには3月リリース予定のFirefox 66でこの機能が有効になる模様。

情報源:FirefoxもサードパーティーDLLをブロックへ | スラド IT


へぇ・・・


記事の有効期限: 2020年1月24日 Friday 1:52pm