レーダー照射問題 日韓がシンガポールで協議

レーダー照射問題 日韓がシンガポールで協議 | NHKニュース

ふむ・・・


2019年1月14日 12時25分

海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーを照射された問題で、日本と韓国の防衛当局による協議が14日午前、シンガポールで行われています。日本側は、防衛省の審議官級らが出席し、照射の客観的な証拠として、自衛隊の電波記録を示すことも含めて対応しているものとみられます。

この問題で、韓国国防省は、韓国側の主張をまとめた映像を公開するなどレーダーの照射を重ねて否定しており、岩屋防衛大臣は13日、「自衛隊の電波情報も含めて開示し、事実を確認させることもあり得る」と述べたうえで、両国の協議を早期に行う考えを示していました。

こうした中、関係者によりますと、14日午前、シンガポールで、日本と韓国の防衛当局による2回目の協議が行われていて、日本側からは、防衛省の石川防衛政策局次長と統合幕僚監部の引田運用部長が出席しているということです。

レーダーの照射をめぐり、両国の見解が食い違うなか、日本としては、日韓のこうした関係が日米韓の連携にも影響を及ぼしかねないとして、事態の早期収拾が必要だとしていて、再発防止を求めるとともに、照射の客観的な証拠として、自衛隊の電波記録を示すことも含めて対応する方針です。

情報源:レーダー照射問題 日韓がシンガポールで協議 | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年1月14日 Tuesday 12:54pm