レスリング 吉田沙保里が引退

レスリング 吉田沙保里が引退

お疲れ様でした。


2019年1月8日 16時23分

レスリング女子でオリンピック3連覇と世界選手権13連覇を果たし、国民栄誉賞も受賞した吉田沙保里選手が現役を引退することになりました。

これは、吉田選手が自身のツイッターで明らかにしました。

吉田沙保里選手は、三重県出身の36歳。オリンピックでは女子が正式種目に採用された2004年のアテネ大会から2012年のロンドン大会まで3連覇を果たし、2016年のリオデジャネイロ大会では、4大会連続のメダルとなる銀メダルを獲得しています。

また世界選手権では、2002年から2015年まで前人未到の13連覇を果たし、「霊長類最強」との異名を持つほど圧倒的な強さを見せ、平成24年には国民栄誉賞を受賞しました。

リオデジャネイロ大会以降は、日本代表チームや母校の至学館大学で選手とコーチを兼任しつつ、メディアへの出演も精力的にこなすなど幅広く活躍をしていましたが、公式戦には出場せず、進退について明らかにしていませんでした。

3年前の2016年11月に就任した至学館大学の副学長の役職については「レスリングの指導に専念したい」などとして去年8月末に辞任していて、去就が注目されていました。

吉田選手は10日、都内のホテルで会見を開き、引退に至った経緯や今後の予定などを発表する予定です。

ツイッターにコメント

吉田沙保里選手は自身のツイッターで、「いつも応援していただきありがとうございます。このたび、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのもたくさんの方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました」とコメントしています。

レスリング協会会長「将来彼女の思う道でも金メダルを」

日本レスリング協会の福田富昭会長は、吉田沙保里選手の引退について、「偉大なる女子選手でオリンピック3連覇はすばらしいことだ。引退はさみしいが、将来、彼女の思う道を進み、そこでも金メダルを取ってほしい」と話していました。

また、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は「本当にこれまで頑張って、長い間やってもらったことに感謝しています。これからもこれまでの経験を生かして日本のレスリングのため、スポーツ界のために頑張ってもらいたい」と話しました。

決断には主に2つの要因

吉田沙保里選手が現役引退を決断した背景には、主に2つの要因があると考えられます。

一つは、来年に迫った東京オリンピックの代表選考です。吉田選手は、先月、全日本選手権への出場を見送っていて、来年に迫った東京オリンピックで代表に選出されるためには、厳しい条件をクリアする必要がありました。

東京オリンピックのレスリングの代表は、ことし9月の世界選手権でメダルを獲得をすると内定します。吉田選手が53キロ級で世界選手権に出場するには、6月に行われる全日本選抜選手権で優勝したうえでプレーオフで全日本チャンピオンの向田真優選手と世界チャンピオンの奥野春菜選手の2人に勝つ必要があり、条件は非常に厳しくなっていました。

現在もコーチとして母校の至学館大学などで練習に参加している吉田選手は、日本代表選手にもひけを取らない動きを見せているということですが、公式戦で勝ち抜くためのコンディションが整っていないと判断し、5回目のオリンピック出場を断念して引退を決断したとみられます。

もう1点は、去年大きな波紋を広げたレスリングのパワーハラスメント問題です。関係者によりますと恩師の栄和人氏がパワハラで注目を集めたことにより、吉田選手も精神的に大きな負担を感じていたということです。こうした問題も吉田選手がレスリングと距離を置きたいと考える理由の一つになったとみられます。

吉田選手の歩み

吉田沙保里選手は三重県出身の36歳。

父親の栄勝さんが開いていた自宅の道場で3歳からレスリングを始めました。

離れた位置から飛び込む「高速タックル」を武器として、オリンピックでは、女子が正式種目に採用された2004年のアテネ大会から55キロ級で3連覇を果たしました。

世界選手権は、2002年に初優勝して以降、2015年まで13連覇し、世界選手権とオリンピックを合わせての16連覇は、「霊長類最強」とうたわれたロシアのアレクサンドル・カレリン選手が男子グレコローマンスタイルで達成した12連覇を上回り、レスリング史上最多の記録です。

2012年には前人未到の偉業を成し遂げたとして国民栄誉賞を授与されました。

世界のライバルたちが「高速タックル」を徹底的に研究し、「吉田包囲網」を張る中、年齢を重ねて全盛期のスピードの維持が難しくなりながらも、組み合ってからタックルに入る動きを磨くなどして、レスリングの質を高めながら戦ってきました。

しかし、53キロ級に出場した2016年のリオデジャネイロ大会では、決勝でアメリカの若手に敗れて銀メダルとなり、オリンピック4連覇はなりませんでした。

個人戦での敗戦は2001年12月の全日本選手権以来で、連勝は「206」を記録し、「絶対女王」、「霊長類最強」といった異名を持つほど圧倒的な強さを誇りました。

リオデジャネイロ大会以降は、全日本のコーチを選手と兼任したり愛知県にある母校の至学館大学で副学長として広報活動を行うなど活躍の場を広げる一方で、選手としては公式戦に出場しておらず、進退について明らかにしていませんでした。

去年8月には、「レスリングの指導や練習に専念したい」などとして至学館大学の副学長を辞任していて、去就が注目されていました。

情報源:レスリング 吉田沙保里が引退 | NHKニュース


2019年01月08日 15時50分

レスリング女子で五輪を含めた世界大会16連覇を成し遂げた“霊長類最強の女”こと吉田沙保里(36)が8日、自身のSNSを更新し、現役引退を表明。33年間のレスラー生活にピリオドを打った。

吉田はインスタグラムにこれまで獲得してきた数々のメダルの写真を添えて「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と報告。続けて「ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました」と感謝した。また「後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と会見を行う意向を示した。

レスリング女子55キロ級で2004年アテネ大会から五輪3連覇、世界選手権では13連覇を達成(14、15年は53キロ級)。世界大会では実に16連覇という大偉業を成し遂げた。

12年には国民栄誉賞を受賞。五輪4連覇を狙った16年リオデジャネイロ大会(53キロ級)では決勝で敗れて銀メダルに終わり、世界大会の連覇が止まった。その後は戦列を離れ、進退を明言していなかったが、20年東京五輪を前に1年間熟考の末に決断した。

情報源:レスリング女子の吉田沙保里が引退表明!「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」(東スポWeb) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:レスリング女子の吉田沙保里が引退表明!「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」


2019年01月08日 15時51分

レスリング女子で世界大会16連覇を達成した吉田沙保里(36)が8日、現役引退を表明。吉田は必殺のタックルを武器に数々の伝説を築いてきた。

吉田は1982年10月5日、三重・津市で3人兄妹の末っ子として生まれた。全日本王者だった父・栄勝さんの指導で3歳からレスリングを始め、後に最大の武器となるタックルを身につけた。

全国少年少女選手権では通算5度優勝し、13歳で国際大会初優勝。2002年には55キロ級でアジア大会と世界選手権を初優勝した。04年のアテネ五輪でレスリング女子が正式種目になって以来、ロンドン、北京と五輪3連覇。世界選手権では13連覇を成し遂げた。

2012年には国民栄誉賞を受賞。日本選手団の主将を務めた16年のリオ五輪では4連覇を目指すも、決勝で惜しくも敗れた。同年9月には現役を続けながらレスリング女子日本代表コーチに就任。母校の至学館大を含め後進の指導にあたっている。

情報源:引退表明の吉田沙保里 高速タックル武器に五輪3連覇&世界選手権13連覇(東スポWeb) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:引退表明の吉田沙保里 高速タックル武器に五輪3連覇&世界選手権13連覇


2019年1月8日 15:52

レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里が8日、現役引退を発表した。

自身のツイッターで「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。 この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。 ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。 みなさん、本当にありがとうございました」と報告したもの。

04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。しかし、16年リオ五輪の53キログラム級で銀メダルに終わって以降は、至学館大や代表のコーチを務めていたものの、試合からは遠ざかっていた。20年東京五輪挑戦のリミットが来年5月の全日本選抜選手権の予選会となっていた。

◆吉田 沙保里(よしだ・さおり)1982年(昭57)10月5日、三重県生まれの36歳。全日本王者だった父・栄勝さんの指導で3歳で競技を始める。02年にシニアの世界選手権初出場初優勝。以降、世界選手権は15年のラスベガス(米国)大会まで55キロ級、53キロ級合わせて13連覇。04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。16年のリオデジャネイロ五輪は53キロ級で銀メダルを獲得した。12年に国民栄誉賞受賞。「霊長類最強女子」とも呼ばれる。1メートル56。

情報源:女子レスリング・吉田沙保里が引退発表「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:女子レスリング・吉田沙保里が引退発表「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ


2019.1.8 15:59

レスリング女子で五輪3連覇した吉田沙保里(36)が現役引退を決断したことが8日、分かった。この日、自身の公式ツイッターを更新し、「この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」などと記した。2016年リオデジャネイロ五輪銀メダル以降、試合出場はなく、東京五輪への出場は明言していなかった。1年半後の五輪が刻一刻と迫る中、決断を下した。

3歳でレスリングを始め、亡き父・栄勝さんに教わった得意の高速タックルを武器に、百戦錬磨の活躍を見せた。01年から積み上げてきた個人戦の連勝記録は「206」。五輪(3度)と世界選手権を合わせて16大会連続世界一。霊長類最強女子の異名を持つ。12年には国民栄誉賞を受賞。明るいキャラクターで日本国内にレスリングを浸透させてきた。

一方、東京五輪に関しては明言を避けてきた。同大会の代表選考が本格化した昨年12月の全日本選手権(東京・駒沢体育館)には出場しなかった。大会初日には東京都内で行われたイベントに出席し「(リオ五輪後は)競技以外のことも経験することが増えて、ネイルとかマツエクとか女磨きもできるようになった。楽しい日々を送れている」と笑顔で話していた。

昨年2月に至学館大からの恩師で、日本協会の強化本部長だった栄和人氏(58)のパワハラ問題が発覚し、日本レスリング界は揺れた。吉田は同8月に同大の副学長を辞任。関係者によると「レスリングに集中したい」と申し出があった。現在は同大レスリング部コーチで、日本代表では兼任コーチとして活動する。日本代表合宿にも参加し、後輩らとスパーリングを行うなど精力的に取り組んでいたが、選手として再びマットに上がることは難しかった。

吉田沙保里(よしだ・さおり) 1982(昭和57)年10月5日生まれ、36歳。三重・一志町(現津市)出身。五輪は2004年アテネ、08年北京、12年ロンドンと3連覇。新階級導入に伴い、14年に55キロ級から53キロ級に転級。五輪と世界選手権で16大会連続世界一だった。157センチ。

情報源:吉田沙保里が現役引退 自身のツイッターで表明(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:吉田沙保里が現役引退 自身のツイッターで表明/レスリング – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)


2019年1月8日 16:05

レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里(36)が8日、現役引退を発表した。ツイッターで「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と報告した。

ツイッターでは「また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と別の場で正式な引退会見を行うとした。

04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。しかし、16年リオ五輪の53キログラム級で銀メダルに終わって以降は、至学館大や代表のコーチを務めていたものの、試合からは遠ざかっていた。20年東京五輪挑戦のリミットが来年5月の全日本選抜選手権の予選会となっていた。

◆吉田 沙保里(よしだ・さおり)1982年(昭57)10月5日、三重県生まれの36歳。全日本王者だった父・栄勝さんの指導で3歳で競技を始める。02年にシニアの世界選手権初出場初優勝。以降、世界選手権は15年のラスベガス(米国)大会まで55キロ級、53キロ級合わせて13連覇。04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。16年のリオデジャネイロ五輪は53キロ級で銀メダルを獲得した。12年に国民栄誉賞受賞。「霊長類最強女子」とも呼ばれる。1メートル56。

情報源:吉田沙保里が引退発表「後日、改めてみなさんの前でご報告と感謝の気持ちお伝えしたい」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:吉田沙保里が引退発表「後日、改めてみなさんの前でご報告と感謝の気持ちお伝えしたい」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ


2019年1月8日 16:56

レスリング女子で五輪3連覇を達成した吉田沙保里(36)=至学館大学職=が8日、自身のSNSで現役引退を発表した。吉田はこの日、都内の日本レスリング協会を訪問し、引退を報告。菅芳松事務局長(71)は「ものすごい喜んでいたよ。笑いながら、『引退することにしました!』って。何年だ?って聞いたら『33年です!』って」と、明かした。“霊長類最強女子”として戦い続けてきた重圧から解放され、笑顔の報告となったようだ。

吉田はブログでは五輪や世界選手権で獲得した数々のメダルの写真とともに、「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました」と引退を報告した。

また、ツイッターでは「後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と伝えた。引退会見は10日に都内で行われる。

吉田は2016年リオ五輪の女子レスリング53キログラム級決勝で敗れて銀メダルに終わって以降は、試合から遠ざかっていた。

吉田は世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録。2012年には国民栄誉賞も受賞している。

情報源:吉田沙保里“最強女子”の重圧解かれ、笑顔の引退報告「ものすごい喜んでた」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:吉田沙保里“最強女子”の重圧解かれ、笑顔の引退報告「ものすごい喜んでた」/スポーツ/デイリースポーツ online



ほぉ・・・


記事の有効期限: 2020年1月8日 水曜日 5:13pm