自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議

自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議 | NHKニュース

普通は宣戦布告と取られると思うんだがな・・・


石川県の能登半島沖の日本海で20日、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の艦艇から射撃管制用レーダーの照射を受けていたことがわかりました。防衛省は韓国側の意図について分析することにしています。

自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議
自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議

防衛省によりますと20日午後3時ごろ、石川県の能登半島沖の日本海で、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーの照射を受けました。

韓国海軍の駆逐艦の射撃管制用レーダーが作動しているのを海上自衛隊の哨戒機の乗員が目視し、その後、レーダーの照射を受けたことが哨戒機の計器に表示されたということです。

現場は、日本の排他的経済水域の上空で、当時、哨戒機は通常の警戒監視の任務にあたり、駆逐艦の周囲では韓国海洋警察庁の警備救難艦も航行していたということです。

射撃管制用レーダーはミサイルなどを発射する際に目標に照準を合わせて追尾するために使われるもので、今回、哨戒機はレーダー照射を受けて回避する行動をとったということです。また、回避したあと、哨戒機から駆逐艦に対し、「どういう意図なのか」と問い合わせましたが、応答はなかったということです。

防衛省は、照射を受ける前の哨戒機の行動について適正だったとしていて、当時の詳しい状況や韓国側の意図について分析することにしています。

岩屋防衛相「極めて危険な行為」

岩屋防衛大臣は、防衛省で記者団に対し「韓国側の意図ははっきりわからないが、レーダーの照射は、基本的に火器の使用に先立って実施する行為だ。これを相手に照射することは不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だと」と述べ、韓国側に同日、外交ルートを通じて抗議するとともに、再発防止を求めたことを明らかにしました。

そのうえで、岩屋大臣は「照射を受けた場所は竹島からはかなり距離があった。どのような意図で行ったか照会したものの、応答はなかった。日韓防衛当局の連携は、北朝鮮問題をはじめ、海洋における安全保障、あるいは大規模自然災害への対応などさまざまな課題に対処し、インド太平洋地域に平和と安定をもたらす上でますます重要であるにもかかわらず、今回の事案が発生したことは極めて遺憾であり、韓国側に再発防止を強く求めていく」と述べました。

外務省 電話で抗議

外務省の金杉アジア大洋州局長は21日、東京にある韓国大使館の次席公使に電話し「日韓防衛当局の連携が重要な中、今回の事案は遺憾であり、再発防止を強く求める」と抗議しました。また、韓国外務省にもソウルの日本大使館を通じて同様の抗議を行いました。

韓国国防省「自衛隊機を狙ったものでない」

日本政府の発表について韓国国防省は声明を出し、自衛隊の哨戒機を狙ったものではないと説明しました。

この中で韓国側は「韓国軍は正常な作戦活動中にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」としています。

また韓国国防省の関係者は当時の状況についてNHKの取材に対し、「遭難している北の船舶を捜索中、船舶の位置を確認するためにレーダーを照射した」と述べ、北朝鮮船舶の救助活動が目的だったと明らかにしました。また韓国国防省は「日本側に誤解がないよう十分に説明する」と主張しました。

これについて日本政府の関係者は「韓国国防省から回答はあったが、十分な説明はなかった」と述べ、韓国側の説明は不十分だったという認識を示しました。

過去のレーダー照射

周辺国の軍隊との間では、2013年に尖閣諸島から北に100キロ以上離れた東シナ海の公海上で、海上自衛隊の護衛艦が中国海軍の艦艇から射撃管制レーダーを照射される問題が発生し、日本政府が、危険な行為だとして中国側に抗議しています。

一方、防衛省の複数の幹部は、「韓国軍との間ではこうした問題が起きたことは聞いたことがない」と話していて、極めて異例の事態です。

韓国軍と自衛隊をめぐっては、ことし10月、韓国で国際観艦式が行われた際、韓国側が「旭日旗」と呼ばれる自衛艦旗の掲揚を認めなかったため、防衛省は艦艇の派遣を見送りました。

この観艦式では、韓国側が駆逐艦に豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った将軍を象徴する旗を掲げ、日本側は「矛盾した対応だ」と抗議しています。

ただ、複数の自衛隊幹部は「政府間の問題とは別に、韓国軍との間では良好な関係が続いていると思っているので、今回の問題には驚いている。韓国軍側の意図を詳しく調べる必要がある」と話しています。

情報源:自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議 | NHKニュース


2018/12/21 18:48

自衛隊機が韓国軍の艦艇からレーダー照射を受けていたことが分かった。政府関係者が21日、明らかにした。午後7時ごろから岩屋毅防衛相が防衛省内で記者会見する。

情報源:韓国軍艦艇が自衛隊機にレーダー照射(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:韓国軍艦艇が自衛隊機にレーダー照射 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 19:02|12/21 22:01 updated

日本外務省幹部は21日、自衛隊機が韓国軍の艦艇からレーダー照射を受けたことに関し「友好国としてあり得ない。驚いている」と記者団に述べた。

情報源:「友好国としてあり得ない」と外務省幹部(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:「友好国としてあり得ない」と外務省幹部 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 19:09|12/21 20:01 updated

岩屋防衛相は21日夜、記者会見し、韓国海軍艦艇が20日午後、海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したと明らかにした。

情報源:韓国海軍艦艇が火器管制レーダー照射(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:韓国海軍艦艇が火器管制レーダー照射 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 20:10|12/21 21:24 updated

防衛省によると、海上自衛隊の哨戒機が韓国側から火器管制レーダーの照射を受けたのは、日本の排他的経済水域(EEZ)内だった。領海内ではなかった。

情報源:照射受けた場所は日本の排他的経済水域内(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:照射受けた場所は日本の排他的経済水域内 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 20:25|12/21 21:07 updated

岩屋防衛相は21日夜のBSフジ番組で、韓国軍艦艇による自衛隊機へのレーダー照射に関し「攻撃直前の行為だ。不測の事態を招きかねず、韓国側にはきちんと説明してもらいたい」と述べた。

情報源:レーダー照射「攻撃直前の行為」と防衛相(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:レーダー照射「攻撃直前の行為」と防衛相 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 20:52

【ソウル共同】韓国海軍艦艇が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、韓国国防省は21日、「作戦活動中にレーダーを使ったが、(海自の)哨戒機を追跡する目的で使った事実はない」と表明した。

情報源:「哨戒機追跡目的ではない」と韓国国防省(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:「哨戒機追跡目的ではない」と韓国国防省 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 21:08|12/21 21:34 updated

【ソウル共同】複数の韓国メディアは21日、韓国国防省関係者の話として、韓国海軍艦艇のレーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、海上自衛隊の哨戒機を狙ったわけではないと報じた。

情報源:遭難の北朝鮮船舶捜索でレーダー使用と説明(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:遭難の北朝鮮船舶捜索でレーダー使用と説明 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 21:59|12/21 22:00 updated

海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国海軍の駆逐艦=20日、石川県能登半島沖(防衛省提供)
海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国海軍の駆逐艦=20日、石川県能登半島沖(防衛省提供)

岩屋毅防衛相は21日夜、記者会見し、韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の日本海で海上自衛隊のP1哨戒機に対して火器管制レーダーを照射したと明らかにした。防衛省によると、現場は日本の排他的経済水域(EEZ)内だった。日本側は21日、不測の軍事衝突を招きかねない「極めて危険な行為」だとして、韓国に強く抗議した。今後の両国の対応次第で、日韓関係の悪化を招く可能性もある。

韓国国防省は「作戦活動中にレーダーを使ったが、(海自の)哨戒機を追跡する目的で使った事実はない」と表明。複数の韓国メディアは、遭難した北朝鮮船捜索のためだったと報道した。

記者会見する岩屋防衛相=21日夜、防衛省
記者会見する岩屋防衛相=21日夜、防衛省

情報源:韓国艦から海自機にレーダー照射(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:韓国艦から海自機にレーダー照射 関係悪化も、防衛相「危険」 – 共同通信 | This kiji is


2018/12/21 22:12

【ソウル共同】韓国海軍艦艇が20日に海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、韓国国防省は21日、「作戦活動中にレーダーを使ったが、(海自の)哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない」と表明した。複数の韓国メディアは、同省関係者の話として、レーダー使用は現場海域で遭難した北朝鮮船舶の捜索のためだったと報じた。

国防省は「誤解がないよう日本側に十分に説明したい」とも表明し、哨戒機を威嚇する意図はなかったと強調した。

情報源:海自哨戒機狙わずと韓国(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:海自哨戒機狙わずと韓国 北朝鮮遭難船の捜索目的 – 共同通信 | This kiji is


平成30年12月21日
防衛省

12月20日(木)午後3時頃、能登半島沖において、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)が、火器管制レーダーを照射された。

韓国海軍艦艇「クァンゲト・デワン」(971)
韓国海軍艦艇「クァンゲト・デワン」(971)

(参考)艦艇の性能要目等(出典:JANE’S FIGHTING SHIPS ’18~’19)

艦 種 クァンゲト・デワン(KDX-1)級駆逐艦
排水量 3,917トン(満載)
全長、全幅、喫水 135.4×14.2×4.2m
主要兵装 HARPOON×8(4連装発射機×2)
SEA SPARROW Mk48 VLS×16セル
127mm単装砲×1
30mm Goalkeeper(CIWS)×2
324mm 3連装魚雷発射管×2
Super Lynxヘリコプター×1
機 関 CODOG(コンバインド・ディーゼル・オア・ガスタービン)
ディーゼル主機×2
ガスタービン主機×2
速 力 30ノット
配備数 3隻

情報源:防衛省・自衛隊:韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について


ダメだこりゃ・・・


記事の有効期限: 2019年12月21日 Saturday 10:40pm