“視覚障害者が読書しやすく”法案提出へ 超党派の議員連盟

“視覚障害者が読書しやすく”法案提出へ 超党派の議員連盟 | NHKニュース

ふむ・・・


目の不自由な人が読書をする環境を改善しようと、超党派の議員連盟は、点字の本などを普及させるための法案を来年の通常国会に提出する方針です。

目の不自由な人たちの読書に必要な点字の本や、パソコンで音声を再生する電子データなどは十分に普及しておらず、読める本が限られています。

こうした環境を改善するため、超党派の議員連盟は来年の通常国会に法案を提出する方針で、これまでにその骨子をまとめました。

この中では、国に対して、視覚障害者の団体や出版社と協議する場を設け、点字の本や電子データなどの普及につなげるための仕組みを検討するよう求めています。

また、国と地方自治体には、目の不自由な人が読書に使うタブレット端末などを購入しやすくするための支援や、公立の図書館に点字の本などを充実させることも求めています。

視覚障害者の団体で作る日本盲人会連合は「法案が成立して、少しでも早く多くの種類の本が視覚障害者の手に届くきっかけになってほしい」と話しています。

情報源:“視覚障害者が読書しやすく”法案提出へ 超党派の議員連盟 | NHKニュース


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2019年12月17日 Tuesday 9:44am