ヒグマより強いゴミステーション設置へ 資金募る

ヒグマより強いゴミステーション設置へ 資金募る | NHKニュース

はぁ・・・


生ごみを荒らすヒグマが問題となっている北海道オホーツク海側の斜里町は、ヒグマの力では壊せない頑丈なごみステーションを設置しようと資金を募っています。

北海道斜里町では、ここ数年ヒグマの目撃情報が増加し、今年度の上半期は1400件余りと、前の年度の同じ時期より40%近く多くなっています。

住宅地で生ごみを荒らすヒグマも問題になっていて、管理、保護する知床財団は、今月からインターネットを通じて頑丈なごみステーションを設置する資金を募っています。

このごみステーションは、厚さ2ミリの鉄板が使われていて、旭山動物園で行った実験では、ヒグマが強く押しても壊れない十分な強度が確認できたということです。

この財団では、これまでに6台を町内に設置していますが、さらに3台を増やすため、160万円を目標に協力を呼びかけています。

知床財団の葛西真輔さんは「ヒグマが住宅地に寄りつかないようにする対策として有効なので、広く普及させたい」と話していました。募金活動は、来月末まで行われます。

情報源:ヒグマより強いゴミステーション設置へ 資金募る | NHKニュース


弾薬庫かな?


記事の有効期限: 2019年12月15日 Sunday 11:44am