河野外相、「次の質問どうぞ」をお詫び 「せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」

ふむ・・・


  • 河野太郎外相は会見で日露関係についての記者の質問に「次の質問どうぞ」と4回答えた
  • 「答え方が悪い、質問を無視している」「説明責任を果たしていない」と批判された
  • 河野外相はブログで1点目について「お詫びして、しっかりと改めます」とつづった

河野太郎外相が記者会見で「次の質問どうぞ」と発言したことについて、2018年12月15日に公式サイトのブログで「お詫びして、しっかりと改めます」と投稿した。

河野外相は11日の会見で、日露関係についての記者の質問に、4回にわたって「次の質問どうぞ」とだけ答え、メディアからその受け答えを問題視する報道が出ていた。

12月11日の会見では「次の質問どうぞ」と繰り返した(写真は外務省の会見動画から
12月11日の会見では「次の質問どうぞ」と繰り返した(写真は外務省の会見動画から

説明責任については「ご理解いただきたいことがあります」

12月15日のブログでは、11日の質問の答え方について、「様々なお叱り」を受けたとし、「お詫びして、しっかりと反省すべきところと、若干の説明をさせていただきたいところがあります」と続けた。

批判は「質問への答え方が悪い、あるいは質問を無視している」ことと、「説明責任を果たしていない」の2点。1点目については、「お詫びして、しっかりと改めます」としたうえで、日露の条件交渉については国会でも一貫して答えを差し控えていると説明。記者会見についても、11月20日、12月4日を例に出し、それまでも回答を差し控えていたとしつつ、

「それでも記者には質問する権利がありますから会見で質問が出るのは構わないのですが、11日の記者会見では、その質問には答えられませんという意味で『次の質問をどうぞ』と答えたのです。せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」
としている。また、日露交渉以外にも外務省としての取り組みがあるため、

「答えられない日露交渉に関する質問で限られた会見の時間がつぶれてしまうよりも、そうした質問にしっかり時間をかけて答えたいと思ったこともあります」
と背景を語り、「このことについては反省しています」とまとめた。

その一方で、説明責任についての批判には、「ご理解いただきたいことがあります」。政府方針などを公に説明していない、なぜ日本政府の立場をきちんと言わないのかといった批判には、それぞれ、

「こちらの手をさらしてポーカーをやれというのと同じで、日本の国益を最大化する交渉ができなくなります」
「もし、交渉の責任者である私がそれ以上何か言えば、必ず、ロシア側でメディアがその発言を取り上げ、それについてのコメントをロシアの政治家に求めるでしょう」
などとし、ロシアの世論に影響を与え、交渉にも影響が及ばないよう、発言を差し控えていると語る。

また、「ロシア側からはいろいろな発言が出ているではないか」との指摘には、言っているから言い返すのではなく、だからこそ慎重であるべきと反論しつつ、時機が来たら丁寧に説明するとした。

情報源:河野外相、「次の質問どうぞ」をお詫び 「せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

情報源:河野外相、「次の質問どうぞ」をお詫び 「せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」 : J-CASTニュース


2018.12.15 21:40

河野太郎外相は15日、日露平和条約締結交渉に関する質問を繰り返し無視した11日の記者会見での対応について自身のホームページで「おわびして改める」と陳謝した。

河野氏は、北方領土をロシア領と認めるよう求めた同国のラブロフ外相の発言に関連した4つの質問に対して「次の質問どうぞ」と述べ、回答を拒否した。ホームページで「せめて、いつものように『お答えは差し控える』と答えるべきだった」と表明した。

対応理由について、外交史料の公開などに関する発表事項があった事情を挙げ「答えられない日露交渉に関する質問で限られた会見の時間がつぶれてしまうよりも、そうした(発表事項に関する)質問に時間をかけて答えたいと思ったこともある。反省している」と釈明。「交渉に影響が出かねないことについて発言は差し控えていることをご理解いただきたい」とした。

情報源:河野太郎外相が質問無視「改める」とHPで陳謝  – 産経ニュース


河野外務大臣は、記者会見で「次の質問どうぞ」と繰り返し、質問を無視したことについて、ブログで陳謝しました。

河野大臣は11日の記者会見で日ロ平和条約交渉の質問を受けた際、「次の質問どうぞ」と繰り返し質問を無視、野党などが批判していました。河野大臣は15日、自身のブログを更新し、「質問への答え方が悪い、あるいは無視しているという批判」については、「お詫びして、しっかりと改めます」と陳謝しました。日ロ交渉の質問には「答えられませんという意味で、『次の質問どうぞ』と答えた」と釈明しています。

一方で、「政府の方針を説明していないとの批判」に対しては、「こちらの手をさらしてポーカーをやれというのと同じ」と反論。「交渉に影響が出かねないことについて発言は差し控えている」「時機がきたら、しっかりと丁寧に説明する」と理解を求めました。

情報源:記者会見で質問無視、河野外相がブログで陳謝 TBS NEWS



平成30年12月4日(火曜日)14時38分

日露首脳会談関連

【読売新聞 梁田記者】日露の交渉に関して伺います。今日午前中の,参議院の外交防衛委員会の方で,大臣のご答弁の中で,内外のメディアにコメント等引用されて,コメントの仕合になってしまうというのはよろしくないので,政府の方針を説明するのは差し控えるというのが,政府の方針だということだったのですが,改めて政府全体としても答えは一切差し控えるという方針なのかという確認と,改めてそのような方針を取った理由をご説明いただければと思います。

【河野外務大臣】これから日露で平和条約の交渉を加速化しようという首脳同士の合意がございましたので,これから交渉が始まるわけでございます。政府としては,政府の考え方は交渉の場できちんと相手に伝える,交渉の場以外で様々なことを申し上げれば,当然,相手側からそれに対する反応を引き出すことにもなり,交渉に資することにならないと考えておりますので,交渉の場以外で政府の考え方を申し上げるのは,差し控えるというのが政府の方針でございます。

【読売新聞 梁田記者】現時点でも,例えば外務省のホームページの方に「我らの北方領土」という,今までの経緯や方針を書いた説明資料などが掲載されていますけれども,そういったものは引き続き残していくということでしょうか,政府の方針あるいは認識として,そういった既に公開されているものは残していくというお考えなのでしょうか。

【河野外務大臣】政府の法的立場に変わりはございません。

【共同通信 斎藤記者】今の質問にもありましたけれども,外務省のホームページを開ければ,北方領土についての政府の基本的立場が明確に書いてあります。恐らく多くの学者さんも先生も生徒さんたちも一般の人たちもそれを見て,政府の立場とはこうなんだと,今も見ればそういうふうに受け止めるわけなんですね。これで問題ないのかどうか,やはりあそこに書かれているものを大臣が交渉を理由におっしゃらないというのであれば,それは書かれているものと答弁と,やはり違いが出てくるわけですが,そのホームページあるいはこれまでの刊行物について,扱いについて,何か対応する考えはお持ちでしょうか。

【河野外務大臣】政府の法的な立場に変わりはございません。

情報源:河野外務大臣会見記録(平成30年12月4日(火曜日)14時38分 於:本省会見室) | 外務省


平成30年12月11日(火曜日)13時39分(6分35秒ごろ)

日露関係

【時事通信 越後記者】日露関係について伺います。先日,ラヴロフ外務大臣が日露平和条約の締結について,第二次世界大戦の結果を認めることを意味すると,日本が認めることが最初の一歩になるというような発言をされていますけれども,この発言に対する大臣の受け止めをお願いします。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

【読売新聞 梁田記者】今のに関連して伺います。大臣,国会答弁等でも日露関係については交渉に資することはないので,発言は一切控えるというふうにおっしゃってますけれども,今のように,ロシア側ではラヴロフ外相,ペスコフ報道官等々,いろいろな原則的立場の表明があります。これに対して反論を公の場でするおつもりもないということでよろしいんでしょうか。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

【共同通信 田中記者】引き続き,関連の質問なんですけれども,大臣は良い環境を整備したいということで,発言をこれまで抑制的あるいは抑えてこられたと思うんですけれども,一方でロシア側からは,どんどんこれまでとおりの発言が出てきます。こういった端から見たらアンバランスな状況が,実際の協議にも影響を与えるという懸念もあると思うんですが,その点に関してはどうお考えでしょうか。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

【共同通信 斎藤記者】大臣,何で質問に「次の質問どうぞ」と言うんですか。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

情報源:河野外務大臣会見記録平成30年12月11日(火曜日)13時39分 於:本省会見室 | 外務省



はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月15日 Sunday 11:14pm