寄せて上げる時代は終わり? ワイヤーなしの「ブラレット」が流行 – BBCニュース

へぇ・・・


家に帰って最初に外すもの?
家に帰って最初に外すもの?

1日の終わりにカチッと外す、あの開放感。

何時間も押し込まれたりつままれたりした後、ワイヤー入りブラジャーを外すのは何ものにも代え難いくらいホッとできる瞬間だ。

1930年代からずっと、女性はワイヤー入りブラをしてきた。しかしどうやら、この枠組み付きブラへの愛情は冷めつつあるようだ。

自信のある消費者は、快適で自然なシルエットを求めている。そしてこの競争が激しい数十億ドル規模のブラ産業において、女性が何を求めているかは大切な問題だ。

ノーブラで過ごすというチデラ・エゲルさんは、「間違った女性のあり方なんてない」と話す
ノーブラで過ごすというチデラ・エゲルさんは、「間違った女性のあり方なんてない」と話す

ソーシャルメディアの著名人もまた、女性の自然な形を擁護する。

ノーブラで過ごしているチデラ・エゲルさんはブログ「Saggy Boobs Matter(垂れたおっぱいも大事)」で、「美しさは1つだけじゃない」し、「おっぱいが尖っているかなんて関係ない」と書いている。

「男性に好印象を与えるなんて、目標にする価値さえもない」とエゲルさんは言い、女性自身がもっと自然な外見に主導権と自信を持つべきだと呼びかけている。

「文字通り、間違った女性のあり方なんてない……自然は美の基準なんて認識しないから」とエゲルさんは話す。

英オンライン通販のエイソスは、枠組みのようにワイヤーが入ったブラへの愛情が、若い世代の女性の間で冷めているのを受け、ワイヤーなしの選択肢を豊富に投入した
英オンライン通販のエイソスは、枠組みのようにワイヤーが入ったブラへの愛情が、若い世代の女性の間で冷めているのを受け、ワイヤーなしの選択肢を豊富に投入した

小売業者はここ2年、ブラレットやハーフトップ、スポーツブラの売上増を報告している。この新しい下着の波は、モデルのケンダル・ジェンナーやジジ・ハディッドを目指す人たちだけでなく、みんなのためにある。

小売大手のマークス・アンド・スペンサー(M&S)はこの12カ月で、ブラレットを19種類から24種類へ、サイズもDD+(日本のE~Fカップに相当)までそれぞれ強化した。

英通販のエイソスもまた、ワイヤーなしブラのサイズ展開を42GG(K95)まで増やした。アパレルのニュー・ルックは一方、同社で一番人気のブラレットは、大きめのバストを支えるために幅広のゴムバンドを採用しているものだと話す。

カースティー・ボズレーさんは、つけ心地のいいブラなど1つも持っていないと話す
カースティー・ボズレーさんは、つけ心地のいいブラなど1つも持っていないと話す

英中部ウエスト・ミッドランズで暮らすカースティー・ボズリーさん(31)は、女性にとって痛いワイヤー入りブラはもう十分だが、代わりを見つけるのに苦労していると話す。

「胸が大きいとつらい」とボズレーさんは話す。

「もちろん、1日中抱えているんだもの、背中や肩が不快になることはある。けど最悪なのはブラが不快なこと」

「1日の終わりにブラを外す時、ワイヤーが肉に食い込んでいたところに赤い大きなみみず腫れができています。ちょうど肋骨のところに広がって」

「ノーブラになるのは無理。胸が揺れて、欲しくもない注目をされたくないから。だから不快感とともに生きなきゃ」

「肩ひもは広くなきゃ駄目だし、ホックは大抵、重みを分散させるのに2個以上必要です」

「誰だって着心地がよくて満足できるものを着るべき。ぽっちゃり体型の女の子にとっても、もっと簡単に実現できればいいのにと思います」

グッバイ、ボーイズ――かつて「ハロー、ボーイズ」のキャッチコピーで寄せて上げるワンダーブラが人気を博したが、女性は「不快な」スタイルに背を向け、谷間よりも着心地を選ぶようになってきた
グッバイ、ボーイズ――かつて「ハロー、ボーイズ」のキャッチコピーで寄せて上げるワンダーブラが人気を博したが、女性は「不快な」スタイルに背を向け、谷間よりも着心地を選ぶようになってきた

ワイヤーなしの選択肢はまた、下着をアウターとして着るミレニアル世代の大きな流行にもぴったりだった。

スポーツブラとレギンスでゆったりくつろぎ、本格的なお出かけにはレースをあしらったブラレットとジーンズを着ていく。これが、自分自身と友達、そしてインスタグラムのためにおしゃれをする、体型に自信のある世代が取り入れたファッションの主流だ。

M&Sのデザイン責任者スージー・ジェンキンソンさんは、ブラレットが「間違いなく下着の定番になってきた」と話す。

「下着は、着心地や自然な女性らいしいシルエットにもっと焦点を合わせたものに本格的に転換してきました。軽くて繊細な作りのブラレットがなぜ多くの女性に人気なのかが分かります」とジェンキンソンさんは話す。

小売業者は、ワイヤーなしブラをDD+サイズにまで展開を広げている
小売業者は、ワイヤーなしブラをDD+サイズにまで展開を広げている

「ゆったりした、成形されていないカジュルアルな形が、この人気のタイプのブラを支持しているお客様に受けています。当社は今ではDD+でもこのスタイルを展開しており、とてもよく売れています」

ニュー・ルックの広報担当者は、「これまでは、サポート機能があることと谷間を作れることからワイヤーブラが人気でした。でもここ2年はずっと、柔らかなシルエットと機能的な着心地が人気です」と話す。

カーダシアン一家が人気をけん引……ケンダルなどカーダシアン一家はみんな、アウターとして下着を着こなしている
カーダシアン一家が人気をけん引……ケンダルなどカーダシアン一家はみんな、アウターとして下着を着こなしている

ソーシャルメディアでは、女性はワイヤー入りブラを「枠組み」や「帰宅したら最初に外すもの」と表現し、「自由」や「快適さ」が流行語となった。

掲示板サイトのレディットで、ある女性は「従来的なワイヤー入りブラはもうずっと前に手放して、普段は快適なブラレットしか着ていない。背中とか肩にひもがあるのが嫌なの。胸の大きさは関係ない」と書いている。


1968年のミスアメリカで起こった抗議活動では、モップやハイヒールと合わせブラジャーも「自由のごみ箱」に入れられた
1968年のミスアメリカで起こった抗議活動では、モップやハイヒールと合わせブラジャーも「自由のごみ箱」に入れられた

ブラの豆知識

  • ワイヤー入りブラジャーの起源は、1893年のニューヨークで取得された「胸部サポーター」の特許までさかのぼる
  • スーパーモデルのエヴァ・ハーツィゴヴァを起用した1994年のワンダーブラの屋外広告は、屋外メディアセンターが行った投票で、史上最も象徴的な広告に選ばれた
  • M&Sは1926年、初めてブラジャーを販売。現在は年間2000万枚以上を売り上げる
  • 世界で最も高価なブラジャーは、ビクトリアズ・シークレットが2001年に発表した「ヘブンリー・スター」で1250万ドル(約14億円)。スリランカ産のピンク・サファイア1200個とエメラルドカットされた90カラットのダイヤモンドがあしらわれていた

エゲルさんは、エゲルさん自身と、そしてエゲルさんの「社会的に受け入れられない」おっぱいを見て、「構いやしない」というインスピレーションを受け取って欲しいと話す。

「私は最高の人生を生きているし、おっぱいに邪魔なんかさせない」とエゲルさんは言う。

「これは私のおっぱいへのメッセージ」

(英語記事 Bralet boom and why the underwire is under fire

情報源:寄せて上げる時代は終わり? ワイヤーなしの「ブラレット」が流行 – BBCニュース


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2019年12月14日 Saturday 5:05pm