カナダ元外交官が中国で拘束 中国政府の対抗措置か

中国でカナダ元外交官を拘束 ロイター報道、報復措置の可能性

やっちまったな。


中国でカナダの元外交官が拘束されたことが明らかになりました。中国の通信機器大手、ファーウェイの幹部がカナダで逮捕されたこととの関連は不明ですが、この問題をめぐり中国政府が反発を強める中、対抗措置ではないかという臆測も呼んでいます。

ベルギーに本部を置く国際シンクタンク、ICG=国際危機グループは11日、声明を発表し、カナダの元外交官で、中国や日本など北東アジア地域を専門とするマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたことを明らかにしました。

拘束された日時や理由など詳しい経緯はわかっていませんが、ICGは「コブリグ氏の所在の確認と早急な釈放に向けて全力を尽くす」としています。

中国とカナダの関係を巡っては、中国の通信機器大手、ファーウェイの孟晩舟副会長がアメリカの要請を受けて今月1日にカナダの当局に逮捕されたことを受け、中国政府は北京駐在のカナダ大使を呼んで抗議するなど反発を強めています。

今回の拘束との関連は不明ですが、中国側がこれまでに示唆していた対抗措置ではないかという臆測も呼んでいます。

コブリグ氏 中国に批判的な報告

マイケル・コブリグ氏は、所属するシンクタンク、ICG=国際危機グループで中国に批判的な報告を相次いで発表してきました。

このうち、先月24日の報告では、中国がアフリカ諸国と軍事面の協力を加速させ、安全保障分野でも影響力を強めようとしていると伝えたうえで、「中国がアフリカに及ぼす政治や経済の影響は、中国側の目的にかかわらず、アフリカ各国の格差の拡大や政治の腐敗、圧政の助長につながりかねない」と批判しています。

7月24日の報告では、「一帯一路」を掲げる中国が主導してパキスタンで進めている開発について、地元から強い反発の声が上がっていることを伝えています。

コブリグ氏は自身のツイッターでも、各国の中国に対する批判的な記事をみずからのコメントを加えて投稿しています。

このうち、中国でAI=人工知能を搭載したヒト型ロボットのアナウンサーが原稿を読みあげているニュースに対しては、「これこそ中国共産党が抱く真の中国の夢だ。可能ならばいつでも、手に負えない人々を従順なAIに入れ替えたいのだろう」と、皮肉を込めたコメントを投稿しています。

コブリグ氏の投稿は今月9日を最後に途絶えています。

トルドー首相も確認

現地のメディアによりますと、カナダのトルドー首相は11日、記者団に対して「カナダ人が中国で拘束されたことは承知している。外交ルートを通じて中国側と連絡を取り合っている」と述べて、カナダの元外交官が中国で拘束されたことを確認していると明らかにしました。

そのうえでトルドー首相は「この件に政府としても関わっており、深刻に受け止めている」と述べました。

情報源:カナダ元外交官が中国で拘束 中国政府の対抗措置か | NHKニュース


カナダの元外交官マイケル・コブリグ氏(国際危機グループのホームページから・共同)
カナダの元外交官マイケル・コブリグ氏(国際危機グループのホームページから・共同)

【北京共同】ロイター通信は11日、中国でカナダの元外交官が拘束されたと報じた。カナダ当局が米国の要請で中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部を拘束したことに対する中国側の報復措置の可能性もあるが、ロイターは、関連は不明としている。

ロイターによると、元外交官はマイケル・コブリグ氏。北京や香港に外交官として滞在したことがあるという。元外交官が現在所属する団体が、釈放を求めている。

カナダ当局は1日にファーウェイの幹部を拘束、5日に公表。中国外務省は8日、カナダの駐中国大使を呼んで即時釈放を求め、聞き入れなければ対抗措置を取る可能性を示唆していた。

情報源:中国でカナダ元外交官を拘束(共同通信) – Yahoo!ニュース

情報源:中国でカナダ元外交官を拘束 ロイター報道、報復措置の可能性 – 共同通信 | This kiji is


【北京共同】中国で拘束されたカナダの元外交官がアドバイザーを務めるシンクタンク「国際危機グループ」は11日、「所在確認と安全確保に向け、情報収集に全力を尽くしている」との声明を出した。

情報源:カナダ元外交官「所在確認に全力」と所属先(共同通信) – Yahoo!ニュース

情報源:カナダ元外交官「所在確認に全力」と所属先 – 共同通信 | This kiji is


【北京共同】ロイター通信は11日、中国でカナダの元外交官が拘束されたと報じた。

情報源:中国でカナダ元外交官拘束と報道(共同通信) – Yahoo!ニュース

情報源:中国でカナダ元外交官拘束と報道 – 共同通信 | This kiji is


あーあ・・・


記事の有効期限: 2019年12月12日 木曜日 12:54am