kyodo

中国紙、日本への対抗措置主張 ファーウェイ排除に反発 – 共同通信

情報収集できなくなるからな。


特殊詐欺事件の被害金を宅配便で受け取ったとして詐欺罪などに問われた「受け子」の被告の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は11日、二審の無罪判決を破棄し、逆転有罪とした。被告は「中身を知らなかった」と主張したが、判決は「詐欺に当たるかもしれないと認識しながら受け取った」と判断した。

受け子は相模原市の無職村田志朗被告(44)。「現金とは知らなかった」と主張していた。

一審鹿児島地裁判決は「詐欺の被害金かもしれないと認識していた」として有罪とした。二審福岡高裁宮崎支部判決は、中身が被害金だと知らなかった可能性があると判断し、無罪とした。

情報源:最高裁、特殊詐欺受け子逆転有罪(共同通信) – Yahoo!ニュースYahooコメント

情報源:中国紙、日本への対抗措置主張 ファーウェイ排除に反発 – 共同通信 | This kiji is


はぁ・・・


記事の有効期限: 2019年12月11日 Wednesday 5:44pm