「スポンジ・ボブ」生みの親 ヒレンバーグさん死去

「スポンジ・ボブ」生みの親 ヒレンバーグさん死去 | NHKニュース

57歳、早いな・・・


世界中で愛される人気アニメ「スポンジ・ボブ」の生みの親、スティーブン・ヒレンバーグさんが26日、亡くなりました。57歳でした。

アメリカの子ども向けテレビチャンネル「ニコロデオン」は27日、「スポンジ・ボブ」の生みの親、スティーブン・ヒレンバーグさんの訃報を発表しました。

アメリカのメディアによりますとヒレンバーグさんは、アメリカの大学で海洋資源について学んだあと、海洋生物学の教師になり、説明のために海の生き物をキャラクターにしたマンガを描いたことがきっかけでアニメの世界に飛び込みました。

そして1999年、海の生き物の一つ、海綿をモチーフにしたハイテンションなキャラクター「スポンジ・ボブ」が誕生します。

アニメ「スポンジ・ボブ」はこれまでに250話近くが放送されエミー賞など数々の賞を受賞したほか、60の言語に翻訳され世界中の子どもや若者たちに愛されています。

ヒレンバーグさんは去年、全身の筋肉が徐々に動かなくなるALS=筋萎縮性側索硬化症と診断されたことを公表していて、病気の進行によって亡くなったということです。57歳でした。

情報源:「スポンジ・ボブ」生みの親 ヒレンバーグさん死去 | NHKニュース





筋萎縮性側索硬化症だったとか・・・
あと、「スティーブン・ヒレンバーグ」じゃなくて「ステファン・ヒレンバーグ」では?

本人のTwitter(@gaugeandgoldie)は、2015年10月11日を最後に更新が止まっています。

お悔やみ申し上げます。


記事の有効期限: 2019年11月28日 Thursday 10:15am