カープ優勝記念碑に9回目刻む

カープ優勝記念碑に9回目刻む|NHK 広島のニュース

除幕式が今日行われた。


旧広島市民球場の跡地にあるカープのリーグ優勝をたたえる記念碑が9回目の優勝を刻むためことし増設され、緒方孝市監督などが参加して除幕式が行われました。

旧広島市民球場の跡地の一角にある「勝鯉の森」にはカープのリーグ優勝をたたえる記念碑があり、優勝するたびにその年の成績を刻んできました。

しかし、これまでの記念碑に新たな成績を刻むスペースがなくなったため、カープがことし、3年連続9回目のリーグ優勝を果たしたことを受け新たな記念碑が増設されました。

そして24日、カープの緒方監督、それに選手会長の會澤翼選手などが参加して除幕式が行われ、今シーズンの成績「82勝59敗2引き分け」と刻まれた新しい記念碑が披露されました。

緒方監督は「9回目となる優勝を刻むことができて大変うれしい。来年こそは日本一を取るために今シーズンと同じように声援をお願いしたい」と話しました。

また除幕式が終わるとファンがさっそく新しい記念碑を前に記念撮影をしていました。

40年来のカープファンという福山市の男性は「今年もこの式に出られて嬉しいです。来年は横にある日本シリーズ優勝記念碑にも刻んでもらいたいです」と話していました。

情報源:カープ優勝記念碑に9回目刻む|NHK 広島のニュース


ほぉ・・・


記事の有効期限: 2019年11月24日 Sunday 1:16pm