日産 ゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反の疑い

日産 ゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反の疑い | NHKニュース

はぁ・・・


日産自動車のカルロス・ゴーン会長がみずからの報酬を過少に申告し有価証券報告書にうその記載をするなどした疑いがあるとして東京地検特捜部が金融商品取引法違反の疑いでゴーン会長から事情を聴いていることが関係者への取材で分かりました。容疑が固まりしだい逮捕するものとみられます。

ゴーン会長は日産自動車が深刻な経営危機に陥った平成11年、フランスの大手自動車メーカールノーから出資を受けたあと、当時のルノーの副社長から日産の最高執行責任者に就任し、翌年の平成12年からは社長を務め、経営立て直しのため、徹底した合理化を進めました。

そして業績のV字回復を実現し、平成17年にはルノーの経営トップも兼任したほか、おととしには燃費データの不正が発覚した「三菱自動車」も事実上の傘下に収め、みずから会長に就任しました。

去年4月に日産の社長とCEO=最高経営責任者を退任し会長となりましたが、去年1年間のグループ全体の販売台数は1060万台を超え、トヨタ自動車を抜いて世界2位になりました。

ゴーン会長の役員報酬は平成28年度、過去最高となる10億9800万円でしたが、昨年度は前の年よりも33%少ない7億3500万円と公表していました。

特捜部はゴーン会長がみずからの報酬を過少に申告し有価証券報告書にうその記載をするなどした金融商品取引法違反の疑いがあるとして容疑が固まりしだい逮捕し詳しい経緯を調べるものとみられます。


日産自動車のカルロス・ゴーン会長がみずからの報酬を過少に申告し有価証券報告書にうその記載をするなどした疑いがあるとして東京地検特捜部が金融商品取引法違反の疑いでゴーン会長から事情を聴いていることが関係者への取材で分かりました。容疑が固まりしだい逮捕するものとみられます。

ゴーン会長は日産自動車が深刻な経営危機に陥った平成11年、フランスの大手自動車メーカールノーから出資を受けたあと、当時のルノーの副社長から日産の最高執行責任者に就任し、翌年の平成12年からは社長を務め、経営立て直しのため、徹底した合理化を進めました。

そして業績のV字回復を実現し、平成17年にはルノーの経営トップも兼任したほか、おととしには燃費データの不正が発覚した「三菱自動車」も事実上の傘下に収め、みずから会長に就任しました。

去年4月に日産の社長とCEO=最高経営責任者を退任し会長となりましたが、去年1年間のグループ全体の販売台数は1060万台を超え、トヨタ自動車を抜いて世界2位になりました。

ゴーン会長の役員報酬は平成28年度、過去最高となる10億9800万円でしたが、昨年度は前の年よりも33%少ない7億3000万円と公表していました。

特捜部はゴーン会長がみずからの報酬を過少に申告し有価証券報告書にうその記載をするなどした金融商品取引法違反の疑いがあるとして容疑が固まりしだい逮捕し詳しい経緯を調べるものとみられます。

ゴーン氏が会長兼CEOを務めるフランスの自動車メーカー・ルノーの広報担当者は、NHKの取材に対して「現在、情報を確認中で、コメントすることはありません」と話しています。

ルノー株が急落

カルロス・ゴーン会長が有価証券報告書にうその記載をするなどした疑いがあるとして東京地検特捜部が金融商品取引法違反の疑いでゴーン会長から事情を聴いているという報道を受けて、ゴーン氏が会長を務めるフランスの自動車メーカー・ルノーの株価が急落しています。

日本時間の午後5時に取り引きが始まったパリの株式市場ではルノー株への売り注文が膨らみ株価は一時6%以上、値下がりしました。

情報源:日産 ゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反の疑い | NHKニュース


東京地検 日産本社を捜索 金融商品取引法違反の疑い
東京地検 日産本社を捜索 金融商品取引法違反の疑い

日産自動車のカルロス・ゴーン会長がみずからの報酬を過少に申告し有価証券報告書にうその記載をするなどした疑いがあるとして、東京地検特捜部が金融商品取引法違反の疑いで横浜市にある日産自動車の本社の捜索を始めたことが関係者への取材で分かりました。特捜部はゴーン会長から事情を聴いていて容疑が固まりしだい逮捕するものとみられます。

情報源:東京地検 日産本社を捜索 金融商品取引法違反の疑い | NHKニュース


日産 ゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反の疑い
日産 ゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反の疑い

日産自動車は、カルロス・ゴーン会長の会長の職と代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案すると発表しました。

情報源:日産 ゴーン氏の会長と取締役の解職を取締役会で提案へ | NHKニュース


日産 内部調査で”ゴーン会長 重大な不正行為”
日産 内部調査で”ゴーン会長 重大な不正行為”

日産自動車は内部調査の結果、カルロス・ゴーン会長が会社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められたと発表しました。

情報源:日産 内部調査で”ゴーン会長 重大な不正行為” | NHKニュース


あーあ・・・


記事の有効期限: 2019年11月19日 Tuesday 6:59pm