Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

アマゾンのスピーカーが夫婦の会話を録音、勝手に他人に送信

えぇ・・・


アアゾンのスピーカーが夫婦の会話を録音して勝手に他人に送信
アアゾンのスピーカーが夫婦の会話を録音して勝手に他人に送信

サンフランシスコ(CNNMoney) 米アマゾンのスマートスピーカーに内蔵されている音声アシスタントの「アレクサ」が、米オレゴン州に住む夫婦の会話を知らないうちに録音し、その内容を夫の勤務先の従業員に送信してしまう出来事があった。

オレゴン州ポートランドに住む夫婦は、自宅でアマゾンのスマートスピーカー「エコー」を使っていた。妻は地元放送局KIRO7の取材に応じ、自宅のスピーカーについて、夫と冗談で「間違いなく私たちの話を聞いている」と話していたことを明らかにした。

事態が発覚したのは2週間ほど前。夫の勤務先の従業員から電話があり、夫婦の会話を録音した不審な音声ファイルが送られてきたと告げられた。

電話の相手は、「すぐにアレクサ装置の電源を抜いた方がいい」「あなた方はハッキングされている」と夫婦に忠告したという。

録音されていたのは、夫婦がフローリングについて話していた会話だった。女性はアマゾンに連絡したところ、アレクサ担当の技術者から何度も謝罪されたと話している。

アマゾンは問題があったことを認め、ありえない出来事が重なってハプニングが起きたと説明した。スピーカーがハッキングされたり不具合があったりしたわけではなく、アレクサのマイクが一連の言葉を聞き間違え、誤って音声メッセージを送信してしまったことが原因だという。

「エコーは、会話の中で『アレクサ』と聞こえた音声に反応して起動した。続く会話が『メッセージ送信』のリクエストに聞こえた」。アマゾンはそう説明する。「この時点で、アレクサは『誰に?』と音声で尋ねた。その時に背後で交わされていた会話が、ユーザーの連絡先にある名前と解釈され、アレクサは音声で『誰誰さんですね?』と確認。背後の会話で『その通り』と言われたと解釈した。このような出来事が重なるのはありえないことだが、我々はこうしたケースをさらに減らすための方法を探っている」

夫婦がスピーカーの音量を絞っていたのか、それともアレクサがメッセージを送信する過程で発声した言葉が聞こえなかったのかは分からない。エコーが起動している時は必ずランプが点灯する。

スマートスピーカーの人気が高まる中で、ネットに接続されたマイクを自宅に置くことに関するプライバシー問題への不安も付きまとう。アマゾンやグーグルなどの各社は、「アレクサ」「ねえ、グーグル」などと声をかけるまで、マイクが録音を始めることはないと強調している。

情報源:アマゾンのスピーカーが夫婦の会話を録音、勝手に他人に送信(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

情報源:CNN.co.jp : アマゾンのスピーカーが夫婦の会話を録音、勝手に他人に送信 – (1/2)


アマゾンEchoスピーカーのAIアシスタント「Alexa」が家族の会話を録音し、連絡先リストの一人に送ったことが報じられています。この件につきアマゾンは被害者からの報告を認め、謝罪したとのこと。

その後、メディアからの問い合わせに対してアマゾンは「まれな事態」であり、偶然が積み重なった結果であるとして、故意の挙動ではない旨を回答しています。

米オレゴン州ポートランド在住のダニエルさんは、自宅の全ての部屋にアマゾンEchoシリーズを導入。Alexa対応機器と連携してスマートホーム機能を利用していたところ、「Alexa機器を取り外してください。ハッキングされてますよ」と知人から連絡があったとのこと。

この知人はダニエルさんの夫の部下で、Alexaの連絡先リストにあった一人。彼は家の中での「いや、君はやってない!」や「硬い床の上に座っていたね」といった会話の録音が送られてきたと報告。その本人は176マイル(約283km)離れた場所にいて、物理的に聞こえるわけがありません。

気味悪く思ったダニエルさんは、全てのEcho機器をオフにした上でアマゾンに連絡。同社はログを確認した上で彼女の言い分を全面的に認め、「30分の会話で15回」も謝罪したとか。そして注意を喚起していただき感謝しますと言いつつも、具体的な原因には言及しなかったとのこと。

このニュースを報道した米KIRO7に対して、アマゾンは「プライバシーを非常に真摯に受け止めています。弊社で調査した上で、非常にレアケースであると判断しました。将来、再発を防ぐための措置を講じます」と回答。

さらに米Washington Postからのメール取材に、同社は「”Alexa”に似た言葉で起動し、ある会話を”メッセージを送る”と聞き間違え、ある言葉を連絡先リストにある名前に解釈してしまいました」とコメント。つまり勘違いに勘違いが重なったというわけです。

アマゾンは「こうした偶然の連続があるのは珍しいことですが、再発防止に努めます」という趣旨を述べたと伝えられています。

音声アシスタントの集音マイクが常にユーザーの声に耳を傾け、音声コマンドが一定期間サーバーに保存される「壁に耳あり、障子にAIアシスタントあり」の事態は、すでに注意が呼びかけられています。デリケートな会話をするための、スマートスピーカー禁止部屋を設けたほうがいいのかもしれません。

情報源:アマゾンEcho、家族の会話を勝手に録音→知人に送信。偶然が重なったレアケース? – Engadget 日本版


はぁ・・・


気ままな日記帳

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。