痛恨ドロー 岡田が九回2死無走者からプロ初完封逃す/カープ/デイリースポーツ online

広島1-1DeNA、残念・・・


「広島1-1DeNA」(9日、マツダスタジアム)

広島が九回2死無走者から追いつかれ、今季初の引き分け。

1点リードの九回、プロ初完封を狙った岡田が2死から3連打を浴びて同点にされた。その裏に代打・エルドレッドの二塁打を足がかりに1死三塁としたが、菊池とバティスタが凡退した。十二回も2死一、二塁としたが下水流が凡退した。

広島は6日のヤクルト戦でも、九回2死から代打・大引に同点ソロを被弾。十一回にサヨナラ負けを喫した。2試合連続で、あとアウトひとつで白星を逃した。

DeNAは九回、倉本の適時打で延長に持ち込む粘りを発揮。ただ、13安打で得点はわずか1。決め手を欠き、今季2度目の引き分けとなった。

9回、同点に追いつかれ肩を落とす広島・岡田明丈=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
9回、同点に追いつかれ肩を落とす広島・岡田明丈=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

情報源:広島が痛恨ドロー 岡田が九回2死無走者からプロ初完封逃す(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:痛恨ドロー 岡田が九回2死無走者からプロ初完封逃す/カープ/デイリースポーツ online



まぁ、打線の援護がなかったからなぁ。
9回裏、先頭のエルドレッドのツーベースから、1死3塁まで行ったのに、なんであと一歩が進めないかなぁ。