将棋・藤井聡太六段、連勝は「12」に 2018年は2戦目から無敗

将棋・藤井聡太六段、連勝は「12」に 2018年は2戦目から無敗

96手まで、藤井聡太六段の勝ち、12連勝目。


将棋の中学生棋士・藤井聡太六段(15)が2月23日、第66期王座戦二次予選で畠山鎮七段(48)に勝利、連勝を「12」に伸ばした。2月17日に朝日杯将棋オープン戦で優勝した藤井六段は、昇段後初の対局を白星で飾った。

藤井六段の今年度の成績は2月23日に時点で、68局で57勝11敗、勝率0.838。対局数、勝数、勝率、連勝(29=年度またぎ)の“部門四冠”をキープした。2018年に入ってからは、初戦の大橋貴洸四段(25)に敗れた後は、2戦目から12連勝となっている。藤井六段は次戦に勝利すれば16人が参加する挑戦者決定トーナメント進出が決定する。「ここまで進むことができました。本戦を目指して、王座戦は5時間持ち時間があるのでじっくり考えて指したいと思います」と話した。

将棋・藤井聡太六段、連勝は「12」に 2018年は2戦目から無敗
将棋・藤井聡太六段、連勝は「12」に 2018年は2戦目から無敗

情報源:将棋・藤井聡太六段、連勝は「12」に 2018年は2戦目から無敗 昇段後初勝利 (AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:将棋・藤井聡太六段、連勝は「12」に 2018年は2戦目から無敗 | AbemaTIMES


勝利し、記者の質問に答える藤井聡太六段
勝利し、記者の質問に答える藤井聡太六段

第66期王座戦2次予選2回戦が23日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、将棋界初の「中学生六段」に上りつめた藤井聡太六段(15)が、先手の畠山鎮(まもる)七段(48)を96手で破り、六段昇段後初対局を白星で飾った。

公式戦通算成績は67勝11敗。史上最多29連勝時に続く、2度目の12連勝となった。

同じ居飛車党の畠山七段とは初対戦。角を捨ててまでの気迫の攻めを見せた畠山七段を相手に受けの将棋に徹し、終盤に反撃。持ち時間消費で苦しむ畠山七段をじりじりと追いつめた。藤井六段は「最後の最後まで分からなかった」と熱戦を制し、疲れた表情。昇段については「意識せず、普段通りと思って指しました」と話した。

藤井六段の次回の公式戦は3月1日、関西将棋会館での竜王戦ランキング戦5組2回戦で、阿部隆八段(50)と対戦する。

情報源:藤井聡太六段、白星スタート!2度目の12連勝決めた (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太六段、白星スタート!2度目の12連勝決めた : スポーツ報知


大阪市内の関西将棋会館で行われた王座戦2次予選で畠山鎮七段との対戦に挑んだ藤井聡太六段。持ち時間各5時間の長丁場が予想される対局に備え、“もぐもぐタイム”用に好物のチョコ(左下)を持参する
大阪市内の関西将棋会館で行われた王座戦2次予選で畠山鎮七段との対戦に挑んだ藤井聡太六段。持ち時間各5時間の長丁場が予想される対局に備え、“もぐもぐタイム”用に好物のチョコ(左下)を持参する

将棋の中学生棋士、藤井聡太六段(15)が23日、大阪市内の関西将棋会館で行われた畠山鎮七段(48)との王座戦2次予選を96手で制し、17日の朝日杯オープン戦優勝でつかんだ昇段初戦を白星で飾った。連勝も12に伸ばした。

畠山とは初手合わせ。B級2組から来期の同級1組昇級をすでに決めている強豪との一進一退の攻防を、持ち前の終盤力発揮で競り勝った。次戦を勝てばシード棋士を含めた16人による挑戦者決定トーナメントに進出。そこを勝ち抜いて挑戦者になれば、例年9~10月にかけて行われる五番勝負で中村太地王座(29)とタイトルを争うことになる。

終局後は、六段という肩書きについて問われたが「あまり意識せず普段通り(に指した)」と淡々。対局場の壁掛け時計が、電池切れで午前中だけだが姿を消すハプニングもあったが、「消費時間がすぐにわからなかったが、特に気にすることはなかった」と動じることもなかった。

平昌五輪でカーリング女子日本代表が試合途中でとるおやつタイム「もぐもぐタイム」が話題だが、藤井も対局中に持参した好物のチョコレートでエネルギー補給。シードを含めた16人による挑戦者決定トーナメント進出に王手をかけた。

通算成績は67勝11敗。

情報源:藤井聡太六段 昇段後の初戦を白星で飾る 王座戦2次予選 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太六段 昇段後の初戦を白星で飾る 王座戦2次予選― スポニチ Sponichi Annex 芸能


感想戦を行う藤井聡太六段(撮影・松浦隆司)
感想戦を行う藤井聡太六段(撮影・松浦隆司)

将棋界初の「中学生六段」に昇段した藤井聡太六段(15)が23日、大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦2次予選で畠山鎮七段(48)を96手で破り、2度目の12連勝を飾った。公式戦通算は67勝11敗。王座戦の次戦で糸谷哲郎八段(29)と北浜健介八段(42)の勝者と決勝トーナメント進出をかけて対局する。

六段昇段後、初めての対局で白星を挙げた藤井は「何かが変わっても、自分が目指していくところは変わらない。普段通りと思っていました」と平常心を強調した。

17日の朝日杯オープン戦本戦準決勝で羽生善治竜王(47)、決勝で広瀬章人八段(31)を破り、15歳6カ月の最年少、中学生初となる棋戦(公式戦)優勝を飾り、中学生初の六段に昇段。“スピード出世”に周囲の反応は「特に変わりありません」と話した。

感想戦を行う藤井聡太六段(撮影・松浦隆司)
感想戦を行う藤井聡太六段(撮影・松浦隆司)

午前中は対局場の時計の不具合が生じ、調整のため取り外される“ハプニング”にも「午前中だったので特段、気にすることはなかった」とサラリ。午後からは時計は“復活”した。

次戦は3月1日、関西将棋会館で指される竜王戦で阿部隆八段(50)と対局する。

情報源:藤井六段、平常心で12連勝「普段通りと思って」 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井六段、平常心で12連勝「普段通りと思って」 – 社会 : 日刊スポーツ



11連勝中の藤井聡太六段、昇段後初の対局中/将棋・王座戦二次予選 | AbemaTIMES

藤井聡太「六段」の始動戦始まる…2度目の12連勝なるか

藤井聡太六段 昇段後初対局 “もぐもぐタイム”用にチョコ持参― スポニチ Sponichi Annex 芸能

出前・持ち込みの「将棋めし」かつては外食OKにベテラン棋士「リズムがつかめない…」 | AbemaTIMES



すげぇ・・・