藤井聡太四段、豊川七段下し17年最後は白星締め

第66期 王座戦 一次予選 109手まで 藤井聡太の勝ち。


王座戦1次予選で、豊川孝弘七段(右)を下し、感想戦で笑顔をのぞかせた藤井聡太四段(カメラ・筒井 政也)
王座戦1次予選で、豊川孝弘七段(右)を下し、感想戦で笑顔をのぞかせた藤井聡太四段(カメラ・筒井 政也)

藤井四段は28日、大阪市福島区の関西将棋会館で王座戦1次予選に臨み、後手の豊川孝弘七段(50)に109手で勝利した。今年のラスト対局を白星で飾り「勝利で終える事ができてよかった」と表情を緩め、感想戦を終えると、地元・愛知への帰路についた。

公式戦通算成績は55勝10敗。年度成績(4月以降)では対局数(55)、勝利数(45)、連勝(29、年度またぐ)でトップ。勝率は約8割1分8厘で、10月にプロ入りした全勝のルーキー棋士2人を除けば実質1位で“4冠”をキープ中だ。

「連勝で多くの方に注目していただき、得難い経験ができた。来年はこれを糧に、一歩一歩、成長していけたら」。中学生最後の冬休みとなる年末年始は「ゆっくり? そうですね」と話した。

来年は1月6日、王位戦予選の大橋貴洸四段(25)戦で始動する。勝てば、王位戦挑戦者決定リーグ戦進出をかけて、21歳で史上最年少名人になった憧れの谷川浩司九段(十七世名人=55)と注目の初対決が待っている。

情報源:17年ラスト対局で白星の藤井四段 中学最後の冬休みは「ゆっくり? そうですね」 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:17年ラスト対局で白星の藤井四段 中学最後の冬休みは「ゆっくり? そうですね」 : スポーツ報知


公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が28日、大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦1次予選で豊川孝弘七段(50)を109手で破り、17年最後の対局を白星で飾った。公式戦通算は55勝10敗。

熱戦を制した藤井は「途中、指し手が難しくなってしまった。序盤にもっと積極的に行くべきかもしれなかった。終盤もいろいろと選択肢がある中でも、まとまらなかった」と反省した。

前回の対局に続き黒星を喫した豊川は「上手に攻めて来るのでやられちゃったよね。うまくやられちゃったな」と苦笑い。

藤井にとっては飛躍の1年となった。昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。現役最高齢(当時)の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替え、話題を呼んだ。昨年12月、プロデビュー戦で加藤九段と対局し、勝利。4月4日にはプロ公式戦の新記録となるデビュー後11連勝を達成した。その後も勝ち続け、6月には30年ぶりに連勝記録を塗り替えるなど、大活躍の1年だった。社会現象にもなった「藤井フィーバー」は「新語・流行語大賞」にもノミネートされた。

「今年はいろいろな経験をすることができた。大きな1年になりました。最後の対局も勝つことができてよかった」。来年に向けて「今年の経験を糧にして1歩1歩、成長できる1年にできれば」と抱負を語った。中学最後の正月は、家族とゆっくり過ごすことを楽しみしている。

次戦は来年1月6日、王位戦で大橋貴洸四段(25)と対局する。


公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が28日、大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦1次予選で豊川孝弘七段(50)を破り、17年最後の対局を白星で飾った。

公式戦通算は55勝10敗。藤井は鋭い終盤力で熱戦を制した。6月には30年ぶりに連勝記録を塗り替え、社会現象にもなった「藤井フィーバー」は、「新語・流行語大賞」にもノミネート。大活躍の1年だった。藤井効果で将棋教室に通う子どもが急増した。次戦は来年1月6日、王位戦で大橋貴洸四段と対局する。

今年最後の対局に挑んだ藤井聡太四段(撮影・松浦隆司)
今年最後の対局に挑んだ藤井聡太四段(撮影・松浦隆司)

情報源:藤井聡太四段、豊川七段下し17年最後は白星締め (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太四段、豊川七段下し17年最後は白星締め – 社会 : 日刊スポーツ


対局後のインタビュー

感想戦

初手からの解説


すげぇな・・・