親善大使・伊藤かりんも悩みっぱなし 藤井王位・棋聖、羽生九段参加のドラフト予想に挑戦「難しい!」/将棋・ABEMAトーナメント

親善大使・伊藤かりんも悩みっぱなし 藤井王位・棋聖、羽生九段参加のドラフト予想に挑戦「難しい!」/将棋・ABEMAトーナメント 【ABEMA TIMES】

伊藤かりんさん


2021.03.20 11:00

将棋親善大使で元乃木坂46の伊藤かりんも楽しみにしている大会が今年もやってくる。昨年、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で公式戦が中止、延期となった中、非公式戦ながらファンの注目を集めたプロによる団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の次回大会、「第4回ABEMAトーナメント」の開催が決まった。普段であれば自分一人で相手と戦う棋士たちが、3人1組のチームを組んで超早指しで戦うというルールが評判に。3人で作戦を組んだり、談笑したりという、めったに見られないシーンが多かったことも評価されるポイントとなった。伊藤は、昨年に引き続き行われるドラフト会議の予想に挑戦。将棋親善大使が考える夢のチームはどんなものになったのか。

昨年は12チームで戦った同大会だが、今年は15チームに増加。14チームはドラフトで、残り1チームは指名から漏れた棋士がトーナメントを戦い上位3人でチームを結成することになった。振り飛車党の伊藤としては、前回の久保利明九段・菅井竜也八段・今泉健司五段による「チーム振り飛車」に続く、「新・チーム振り飛車」も気になるところだが、真っ先に思いを馳せたのが糸谷哲郎八段の指名だ。

伊藤かりん 私がお世話になっている、山崎隆之先生を指名してほしいんです!去年もそう言ったんですけど、糸谷先生が指名をされなくて、勝手に裏切られた気持ちになっています(笑)。もう一人となると、やっぱり森門下つながりで千田翔太先生(七段)ですかね。

公式戦でも糸谷八段は棋王戦で渡辺明棋王(名人、王将)に挑戦中。山崎八段は念願の順位戦A級入りを決めるなど、絶好調の2人でもある。そこに将棋ソフトの研究でも知られる千田七段を加えた「チーム森一門」が完成すれば、優勝候補の一角に数えられるのは間違いない。

続いて考えたのは、日本将棋連盟会長を務める佐藤康光九段の指名。第3回大会では森内俊之九段、谷川浩司九段という永世名人の有資格者2人を選び「チームレジェンド」を結成した。Twitterのアカウントも開設し、さらには大会後、書籍にもなったチームだけに、伊藤の願いは「絶対レジェンドチームがいいです!3人が絡むことはレアだし、会長はそういうものを大切にされる方だと信じています」と再結成されることだ。ただ、ここで気になるポイントが一つ。ドラフト前の取材に対して佐藤九段は、森内九段に指名が重複するのでは、と予想していたことだ。これを聞いて「意味深なっ!それは羽生善治先生(九段)が取りに行くってことですか?それも胸アツじゃないですか!それをみなさん予想したら、手を引いちゃう人もいるんじゃないですかね」と考えをめぐらせた。

羽生九段と言えば、昨年もリーダーとして出場はしたものの、ドラフト会議は今回が初。同じく初参加の藤井聡太王位・棋聖とともに、誰を指名するのかが大きな焦点になっている。「羽生先生は、強いチームにこだわるんですかね。こだわらないんですかね。わからないなぁ…」とすっかり悩みこんだ。それでも最終的には1巡目に森内九段、2巡目に郷田真隆九段と、いわゆる「羽生世代」で固める布陣にした。

また藤井王位・棋聖については、さらに難しい。自分より年下の棋士は1人だけ。その他は全て年上の棋士を指名することになる。「年齢が下の方から指名をするって、どういう感情なんだろうと思うんですよね。師匠の杉本昌隆八段とかはどうなんだろう…」と、また考え始めた。

この他、この大会で活躍してほしい棋士はたくさんいる。やはり気になる振り飛車勢については「菅井先生は、きっと久保先生を指名する。もう一人には願望で師匠の戸辺誠先生(七段)を入れて欲しい」と願った。また羽生世代のチームを予想したのに関連し「世代が合っているチームも胸アツなんですよ。渡辺先生、広瀬章人先生(八段)、佐藤天彦先生(九段)あたりの世代の横のつながりが見えないですが、私は中村太地先生(七段)を誰か選んで欲しい」と、NHK・Eテレ「将棋フォーカス」で共演した棋士の名も入れた。

棋士との仲もよく、情報網も広い伊藤にして、頭を悩ませてばかりだったドラフト予想。果たして考えた2チームは実現するのか。また注目した棋士は指名されるのか。注目の放送は3月27日だ。

◆第4回ABEMAトーナメント 前回までは「AbemaTVトーナメント」として開催。第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦になった。チームはドラフト会議により決定。リーダー棋士が2人ずつ順番に指名、重複した場合はくじ引きで決定する。第3回は12チームが参加し永瀬拓矢王座、藤井聡太王位・棋聖、増田康宏六段のチームが優勝、賞金1000万円を獲得した。第4回は全15チームが参加。14チームは前年同様にドラフトで決定。15チーム目はドラフトから漏れた棋士によるトーナメントを開催、上位3人がチームを結成する。対局のルールは持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チーム同士の対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負に変更された。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。

情報源:親善大使・伊藤かりんも悩みっぱなし 藤井王位・棋聖、羽生九段参加のドラフト予想に挑戦「難しい!」/将棋・ABEMAトーナメント(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:親善大使・伊藤かりんも悩みっぱなし 藤井王位・棋聖、羽生九段参加のドラフト予想に挑戦「難しい!」/将棋・ABEMAトーナメント 【ABEMA TIMES】


https://twitter.com/Shogi_ABEMA/status/1374594459162140680



残念ながら、千田七段は不参加を宣言済み・・・


  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

将棋世界 2021年 04月号 [雑誌]
価格:819円(税別、送料別)(2021/2/15時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

将棋世界 2021年 05月号 [雑誌]
価格:819円(税別、送料別)(2021/3/15時点)

 

楽天で購入

 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和2年版 将棋年鑑 2020【電子書籍】[ 日本将棋連盟 ]
価格:5060円(税別、送料別)(2020/10/20時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イメージと読みの将棋観 〜スター棋士は盤上に何を思う〜 [ 藤井聡太 ]
価格:1749円(税別、送料別)(2020/10/20時点)

楽天で購入