「第4回ABEMAトーナメント」開催決定!藤井聡太王位・棋聖、羽生善治九段ら4人が“人生初ドラフト指名”3月27日放送

「第4回ABEMAトーナメント」開催決定!藤井聡太王位・棋聖、羽生善治九段ら4人が“人生初ドラフト指名”3月27日放送 【ABEMA TIMES】

ドラフトで選ばれる28人は誰になるのか・・・



2021.03.04 13:01

あの興奮が帰ってくる。ABEMAは、将棋チャンネルのオリジナル企画「第4回ABEMAトーナメント」の開催を3月4日、発表した。前回、プロ将棋界初の団体戦として話題を呼んだ「第3回AbemaTVトーナメント」に続く大会で、参加チームは12チームから15チームに増加。また、14人のリーダー棋士によるドラフト会議、指名されなかった棋士によるトーナメントでの15チーム目結成など、新企画も採用された。放送開始は3月27日から。藤井聡太王位・棋聖(18)、羽生善治九段(50)ら4人が“人生初ドラフト指名”に臨む。

前回大会は、3人1組の12チームがドラフト会議を経て結成。4つのリーグに分かれ、上位2チームが本戦トーナメントに勝ち上がるシステムで、永瀬拓矢王座(28)、藤井王位・棋聖、増田康宏六段(23)の「チームバナナ」が初代王者に輝き、優勝賞金1000万円を手にした。持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算というフィッシャールールによる超早指し戦の緊張感も視聴者に好評で、さらに過去に例のなかったプロの団体戦ということもあり、普段は見られない表情や会話なども大きな反響を呼んだ。

今回は12チームから15チームと、3チーム増加。14人のリーダー棋士がドラフト会議でチームを構成し、残り1チームはドラフト指名されなかった棋士が「エントリートーナメント」を戦い、上位3人で最後の1チームを作ることになった。昨年は指名される側だった藤井王位・棋聖、会議不参加だった羽生九段、初リーダーの菅井竜也八段(28)、斎藤慎太郎八段(27)が、どんな棋士を仲間にするのか注目だ。

大会は15チームが5つのリーグに分かれ総当たり戦を実施。上位2チームずつ、計10チームが本戦トーナメントに進出する。前回の予選は1回の対戦が三番勝負によるポイント制、本戦がチーム単位での5本先取の9本勝負だったが、今回から予選・本戦通じて9本勝負に統一された。

公式戦さながらの息詰まる真剣勝負、チームメイトの戦いぶりに一喜一憂する作戦会議室、チームワークを高めようと3人が集まって行う企画など、ファンを楽しませ続けた団体戦。今回はどんな楽しみを運んでくるか。

◆ドラフト会議参加棋士(14人) ☆印は初参加

渡辺明名人(棋王、王将)、豊島将之竜王(叡王)、☆藤井聡太王位・棋聖、永瀬拓矢王座、☆羽生善治九段、佐藤康光九段、三浦弘行九段、木村一基九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段、☆菅井竜也八段、☆斎藤慎太郎八段

◆日本将棋連盟会長 佐藤康光九段のコメント

「第4回ABEMAトーナメント」がいよいよ開催の運びとなりました。ABEMA様はじめ関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。前回、初のドラフト、団体戦ということで大きな反響がありましたが、今回さらにグレードアップしての開催となります。超早指しによる棋士の熱い戦いにご期待ください。

■『第4回ABEMAトーナメント』ドラフト会議番組概要
配信日時:2021年3月27日(土) 夜7時~
配信チャンネル:将棋チャンネル
番組URL:https://abema.tv/channels/shogi/slots/D4qt1trvdGBMwu

情報源:「第4回ABEMAトーナメント」開催決定!藤井聡太王位・棋聖、羽生善治九段ら4人が“人生初ドラフト指名”3月27日放送 【ABEMA TIMES】


2021年3月4日 13:15

インターネットテレビ局「ABEMA」は4日、将棋のオリジナル大人気コンテンツ「第4回ABEMAトーナメント」の開催決定を発表した。前回同様の団体戦方式で争われ、渡辺明王将(36)=名人、棋王との3冠=、過去3回すべてで優勝を経験している藤井聡太2冠(18)、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=らトップ棋士14人が主将となり、自らのチームメンバーを「ドラフト会議」で指名する。注目のドラフト会議の模様は、27日午後7時からABEMA将棋チャンネルで配信される。

チームリーダーを務めるのは、前年に引き続き渡辺王将、豊島竜王、永瀬拓矢王座、佐藤康光九段、三浦弘行九段、木村一基九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段。さらに藤井2冠、羽生善治九段、菅井竜也八段、斎藤慎太郎八段がリーダーとして初参戦する。最注目は、前回大会では永瀬チームのメンバーとして団体戦優勝に貢献し、自身3連覇を達成した藤井2冠。今回は“選ぶ側”に立ち采配をふるう。指名内容で普段の交流関係や戦術構想の一片が明かになるだけに、ファンはもちろん、棋士たちにとっても大きな見どころのひとつとなる。

さらに、今回からは大会出場権をかけたエントリートーナメントを実施。勝ち上がった3人の棋士で編成された特別チームの参戦も発表された。ドラフト選出外となったものの、実力で出場権を獲得した猛者たちの活躍にも期待が高まる。

対局のルールは今回も、羽生九段の着想から作られた「AbemaTVルール」が採用される。持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算され、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールとなっており、将棋初心者でも楽しみやすいスピーディーでスリリングな展開が見どころとなっている。団体戦は3人1組とし、全15チームを5グループに分け、グループ上位2チームが本戦トーナメントに駒を進める。優勝賞金は1000万円。

日本将棋連盟の佐藤康光会長は、「前回、初のドラフト、団体戦ということで大きな反響がありましたが、今回さらにグレードアップしての開催となります。超早指しによる棋士の熱い戦いにご期待ください」とコメントを寄せた。

情報源:藤井2冠が選ぶチームメンバーは誰?! 第4回ABEMAトーナメント開催決定 ドラフト会議27日配信(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井2冠が選ぶチームメンバーは誰?! 第4回ABEMAトーナメント開催決定 ドラフト会議27日配信― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2021年3月4日 13時53分

インターネット配信大手「ABEMA」は4日、将棋の非公式団体戦「第4回ABEMAトーナメント」を開催すると発表した。チームリーダーとなる棋士14人が自らのチームに参加する棋士2人を指名するドラフト会議を、27日午後7時からABEMA将棋チャンネルで配信する。

チームリーダーとして藤井聡太二冠=王位・棋聖=、羽生善治九段、菅井竜也八段、斎藤慎太郎八段の4人が初参戦。さらに渡辺明名人=棋王・王将=、豊島将之竜王=叡王=、永瀬拓矢王座、佐藤康光九段、三浦弘行九段、木村一基九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段の計14人がリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議により3人編成のチームを組む。大会出場権をかけたエントリートーナメントで勝ち抜いた上位3人が15チーム目として参戦する。

日本将棋連盟会長の佐藤康光九段は「前回は初のドラフト、団体戦ということで大きな反響がありましたが、今回さらにグレードアップしての開催となります。超早指しによる棋士の熱い戦いにご期待ください」とコメントしている。

情報源:将棋の第4回ABEMAトーナメント開催! 藤井聡太二冠もドラフト指名を担当(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:将棋の第4回ABEMAトーナメント開催! 藤井聡太二冠もドラフト指名を担当 : スポーツ報知


2021年3月4日17時15分

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」では、「将棋チャンネル」でオリジナル早指し対局番組の新シリーズ「第4回ABEMAトーナメント」(非公式戦)の開催を決定した。それに際して、トップ棋士14人によるドラフト会議の模様を27日午後7時から配信する。

この企画は、昨年4月に配信した前回に続く対局。優勝賞金1000万円をかけ、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチーム3人による団体戦で争う。前回は将棋界初のドラフトの末、決定した全12チームによる戦いが5カ月にわたり繰り広げられた。超早指しのスピード感に加え、チームオリジナルのTシャツを作ったり、「モグモグタイム」で共通のおやつを食べるなど、団体戦だからこその絆も生まれた。

今回は団体戦をさらにパワーアップ。リーダーとして初参戦となる藤井聡太2冠(王位・棋聖=18)をはじめ、渡辺明名人(棋王・王将=36)豊島将之竜王(叡王=30)永瀬拓矢王座(28)、羽生善治九段(50)ら14人がチームリーダーとしてドラフト会議を行い、棋士を指名する。さらにドラフト会議後に行われる、大会出場権をかけたエントリートーナメントで勝ち抜いた上位3人が、15番目のチームとして特別参戦する。

対局には、羽生九段発想の「AbemaTVルール」を採用。持ち時間各5分で始め、1手指すごとに5秒が加算される。持ち時間が切れると負けとなる。決着まで約30分と、初心者にも楽しみやすい素早い展開に注目だ。

団体戦は、3人1組。計15チームが各3チーム、5つのリーグに分かれての総当たり戦。このうち、上位2チームが本戦トーナメント進出する。チーム戦は、先に5勝すれば勝ち抜けとし、対局ごとにオーダー会議を実施し、対局の順番を決める方式で行う。

情報源:藤井聡太2冠ら棋士14人ドラフト会議 ABEMA(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太2冠ら棋士14人ドラフト会議 ABEMA – 社会 : 日刊スポーツ


藤井王位・棋聖、羽生九段、菅井八段、斎藤(慎)八段がチームリーダーとして初参戦
総勢45名の棋士たちが総出演、将棋界唯一の団体戦がパワーアップして開催決定
「ABEMA」オリジナル対局企画 『第4回ABEMAトーナメント』
3月27日(土)夜7時よりドラフト会議の模様を配信
佐藤康光九段「今回さらにグレードアップしての開催となります。熱い戦いにご期待ください。」

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は「将棋チャンネル」において、将棋界の早指し王を決定するオリジナル対局番組の新シリーズ『第4回ABEMAトーナメント』の開催を決定するとともに、将棋界唯一のレジェンド棋士たち14名によるドラフト会議の模様を、2021年3月27日(土)夜7時より配信いたします。

『第4回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第3回AbemaTVトーナメント』に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第4弾で、優勝賞金1000万をかけて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦で争います。『第3回AbemaTVトーナメント』では、将棋界初のドラフトの末、決定した全12チームによる戦いが5か月にわたり繰り広げられ、超早指しによるスピード感ある対局はもちろん、団体戦だからこそ生まれる棋士同士の絆に大きな反響が寄せられました。今回は団体戦をさらにパワーアップ。リーダーとして初参戦となる藤井王位・棋聖、羽生九段、菅井八段、斎藤(慎)八段の4名と、渡辺名人(棋王・王将)、豊島竜王(叡王)、永瀬王座、佐藤(康)九段、三浦九段、木村九段、佐藤(天)九段、広瀬八段、糸谷八段、稲葉八段ら、計14名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成いたします。さらにドラフト会議後に行われる、大会出場権をかけたエントリートーナメントで勝ち抜いた上位3名が、15チーム目として特別に参戦いたします。

今回も対局のルールとして、羽生善治九段の着想から作られた「AbemaTVルール」で対局を行います。「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用しており、1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所です。団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分け、チーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし、対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で行います。

本トーナメントへの開催にあたり、将棋連盟会長の佐藤康光九段は、「今回さらにグレードアップしての開催となります。熱い戦いにご期待ください。」とコメントを寄せています。

また、『第4回ABEMAトーナメント』ドラフト会議の配信に先駆け、3月10日(水)より「ドラフト予想キャンペーン」を実施いたします。本キャンペーンでは、後日発表される特設サイトにおいて、各リーダーが率いるチームのメンバーを予想していただきます。チームメンバーを当てた方の中から抽選で15名(1チーム1名)に、各チームのサイン色紙をプレゼントするほか、全15チーム全メンバーをすべて当てた”ピタリ賞”には「日本将棋連盟1日会長になれる権利」をプレゼントいたします。

将棋界唯一、最大規模で実施するドラフト会議、そして優勝賞金1000万をかけた団体戦に、棋士たちはどのように立ち向かっていくのか!?2021年3月27日(土)夜7時より配信する「ABEMA」でしか見ることができないドラフト会議の模様をぜひ、お楽しみください。

佐藤康光九段コメント全文>
「第4回ABEMAトーナメント」がいよいよ開催の運びとなりました。ABEMA様はじめ関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。前回、初のドラフト、団体戦ということで大きな反響がありましたが、今回さらにグレードアップしての開催となります。超早指しによる棋士の熱い戦いにご期待ください。

■『第4回ABEMAトーナメント』ドラフト会議番組概要

配信日時
2021年3月27日(土) 夜7時~
配信チャンネル
将棋チャンネル
番組URL
https://abema.tv/channels/shogi/slots/D4qt1trvdGBMwu

※本戦トーナメントの配信日時・スケジュールは、番組内や公式Twitterなどにてお知らせいたします

情報源:『第4回ABEMAトーナメント』開催!|棋戦トピックス|日本将棋連盟






安定の不参加



そして、出場者決定トーナメントを突破する3人は誰だ?


  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

将棋世界(日本将棋連盟発行) 2021年3月号 【電子書籍】
価格:713円(税別、送料別)(2021/2/15時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

将棋世界 2021年 04月号 [雑誌]
価格:819円(税別、送料別)(2021/2/15時点)

 

楽天で購入

 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和2年版 将棋年鑑 2020【電子書籍】[ 日本将棋連盟 ]
価格:5060円(税別、送料別)(2020/10/20時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イメージと読みの将棋観 〜スター棋士は盤上に何を思う〜 [ 藤井聡太 ]
価格:1749円(税別、送料別)(2020/10/20時点)

楽天で購入