折田翔吾アマ、出口若武四段に敗れて1勝1敗に プロ入りへ残り3局で2勝が必要/将棋・棋士編入試験

折田翔吾アマ、出口若武四段に敗れて1勝1敗に プロ入りへ残り3局で2勝が必要/将棋・棋士編入試験 | AbemaTIMES

142手 4七成桂まで、△出口四段 の勝ち


将棋の棋士編入試験(五番勝負)の第2局が12月23日に行われ、折田翔吾アマ(30)が出口若武四段(24)に141手で敗れた。

プロとの公式戦で好成績を挙げたアマチュアが挑戦できる編入試験の五番勝負で、第1局を勝利した折田アマは、連勝を目指して出口四段と戦った。相掛かりの出だしから中盤まで互角に指し進めたかに見えたが、じわじわとリードを広げられると、終盤にかけては必死の粘りも及ばず、持ち時間では1時間以上の差をつけられ、押し切られた。対局後には、「内容は非常に芳しくなかったので、立て直していかないと」と、完敗を悔いていた。

第3局は来年1月27日で、山本博志四段(23)と対戦。折田アマがプロになるには、あと3局で2勝が必要だが「また鍛え直して、次も頑張りたいと思います」と抱負を語っていた。
(AbematV/将棋チャンネルより)

情報源:折田翔吾アマ、出口若武四段に敗れて1勝1敗に プロ入りへ残り3局で2勝が必要/将棋・棋士編入試験(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:折田翔吾アマ、出口若武四段に敗れて1勝1敗に プロ入りへ残り3局で2勝が必要/将棋・棋士編入試験 | AbemaTIMES


2019年12月24日07時22分

将棋ユーチューバーの折田翔吾(おりたしょうご)さん(30)=大阪市在住=がプロ入りを目指して挑む棋士編入試験の第2局が23日、大阪市福島区の関西将棋会館であり、折田さんは「試験官」の出口若武(わかむ)四段(24)に142手で敗れた。試験は若手棋士5人との五番勝負で、3勝すれば合格する。第1局で勝った折田さんは、これで1勝1敗。残り3局で2勝すればプロ入りとなる。第3局は来年1月27日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、試験官は山本博志(ひろし)四段(23)が務める。

第2局は午前10時に始まり、午後4時37分に終局した。勝った出口四段は「序盤はちょっと自信が無い展開と思ってたんですけど、中盤あたりから少しだけ風向きが変わった。折田さんは1局目、快勝と言ってもいい内容で勝たれていたので、(その相手に)勝ちたいという思いはありました」と話した。敗れた折田さんは「内容も非常に芳しくなかったので、立て直していかないといけない。(出口四段は)さすがに強く、(自分の)力が出せない展開になってしまった。また鍛え直して、次も頑張りたい」と話した。

折田さんは、棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」で最上位の三段まで昇ったが、年齢制限に阻まれ、26歳で退会。その後、アマ棋戦で好成績を収めた特典として、プロ公式戦「銀河戦」にアマ枠で出場。10勝2敗という好成績を収め、日本将棋連盟の棋士編入試験の受験資格を満たした。

現行制度での受験者は、2014年の今泉健司さん(46)=現在四段=以来、5年ぶり2人目。折田さんは、今泉さんに続く2人目の合格を目指している。(佐藤圭司)

情報源:将棋ユーチューバー折田さん、敗れて1勝1敗 プロ編入(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:将棋ユーチューバー折田さん、敗れて1勝1敗 プロ編入:朝日新聞デジタル


2019年12月24日07時24分

第2局で敗れ、終局後、盤面を見つめながら唇をかむ折田翔吾さん=2019年12月23日午後、大阪市福島区、白井伸洋撮影
第2局で敗れ、終局後、盤面を見つめながら唇をかむ折田翔吾さん=2019年12月23日午後、大阪市福島区、白井伸洋撮影

12月23日に大阪市福島区の関西将棋会館で指された「棋士編入試験第2局」では、「試験官」を務めた出口若武四段(24)が、プロ入りを目指す折田翔吾アマ(30)に勝利。第1局を制していた折田さんの成績は1勝1敗となり、折田さんは残り3局で2勝をあげるのがプロ入りの条件となった。

終局直後に行われたミニインタビューの、主なやりとりは、以下のとおり。

〈まず、勝った出口四段に〉

――本局は「相懸(あい・が)かり」という戦型になりましたけれど、序盤、中盤、形勢はどんなふうだったでしょうか?

出口四段「序盤はちょっと自信が無い展開になってしまったかな、と思ってたんですけど。中盤あたりから、少しだけ風向きが変わってきたような将棋になったかな、と思いますね。何手目かは覚えてないんですけど、2手、(56手目)△3四歩、(58手目)△3三銀、という形が入ったんで、少し持ち直したかなあ、とは思いましたね。その前は悪いと思ってたんで」

――勝ちを意識した場面は?

出口四段「(132手目)△6九…

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:将棋ユーチューバー「また鍛え直す」プロ編入試験第2局:朝日新聞デジタル


折田翔吾アマの棋士編入試験、第2局のVS出口若武四段 戦が12月23日に行われ、142手で出口四段が勝ちました。

折田アマはあと3局中で2勝で試験合格、フリークラスへの編入資格を得ます。

次戦は、山本博志四段と対局します。

関連記事

折田翔アマ、棋士編入試験受験へ 【棋士編入試験規定と対局日程】

情報源:折田翔吾アマが1敗目 棋士編入試験 第2局|棋戦トピックス|日本将棋連盟


折田翔吾アマ vs △出口若武四段

142手 4七成桂まで、△出口四段 の勝ち







1勝1敗、厳しくなったな。