藤井聡太七段、師匠から贈られた誕生日プレゼントとは?:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


2019年11月21日16時30分

贈り物の色違いのそろいのネクタイでイベントに登場する杉本昌隆八段(右)と藤井聡太七段(中央)。左は佐藤天彦九段=2018年12月9日、名古屋市中区、滝沢隆史撮影
贈り物の色違いのそろいのネクタイでイベントに登場する杉本昌隆八段(右)と藤井聡太七段(中央)。左は佐藤天彦九段=2018年12月9日、名古屋市中区、滝沢隆史撮影

杉本昌隆八段の「棋道愛楽」

最近の棋士は、ファンの方からプレゼントをいただくことが増えました。ネクタイやハンカチなどが多く、対局に使えるので重宝します。

将棋会館に届くプレゼントは、やはり藤井聡太七段が圧倒的に多いようです。バレンタインデーには段ボールいっぱいのチョコレートが届くとか。持って帰るのが大変ですね。

私も藤井七段の師匠ということで、プレゼントをいただく機会が増えました。正直なところ、20代の頃よりはるかに増えています。こんなとき、返す返すも素晴らしい弟子だと感心……いや、普段から思っていますが、よりそれを感じます。

多いのは、私宛てに藤井七段と2人分のプレゼントが届くケース。もちろん責任をもってちゃんと渡します。ときに、おそろいのネクタイをいただきます。さすがに同じ日に使うと気恥ずかしいので、お互いの柄を確認するようにしています。

喜び過ぎると落とし穴もありま…

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:藤井聡太七段、師匠から贈られた誕生日プレゼントとは?:朝日新聞デジタル



ほぉ・・・