(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:14 「棋士」でいる間、母はそっと見守った:朝日新聞デジタル

へぇ・・・


2019年10月20日05時00分

トロフィーを手にして、師匠の杉本昌隆七段(当時)と共に写真に納まる藤井聡太七段(右)=2018年12月4日、東京都港区
トロフィーを手にして、師匠の杉本昌隆七段(当時)と共に写真に納まる藤井聡太七段(右)=2018年12月4日、東京都港区

窓外に広がる芝生が、冬の日差しに照らされて輝いていた。

2018年12月4日。結婚式場として名高い明治記念館(東京都港区)で、新人王戦を史上最年少で優勝した藤井聡太七段(17)の表彰式が行われた。

式は毎年、囲碁の新人王の表彰も合同で行われる。えんじのネクタイを締めたスーツ姿の藤井に対し、囲碁…

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:14 「棋士」でいる間、母はそっと見守った:朝日新聞デジタル


ほぉ・・・