<広・中>引退セレモニーで胴上げされる赤松 (撮影・奥 調)

赤松が涙の引退試合「僕は幸せ者です」号泣の菊池涼から花束

お疲れさまでした。


菊池涼(右)から花束を受け取り笑顔を見せる赤松(撮影・飯室逸平)
菊池涼(右)から花束を受け取り笑顔を見せる赤松(撮影・飯室逸平)

「広島1-4中日」(27日、マツダスタジアム)

広島・赤松が引退試合に登場した。3点ビハインドの九回、鯉党の大歓声に迎えられ、中堅の守備に就いた。

この回守備機会は訪れなかったが、笑顔でベンチに下がった。

試合後の引退セレモニーではマイクの前に立ち、涙であいさつ。「僕は幸せ者です。成績もあまり残せていませんが、このようなセレモニーをしていただき、感謝しかありません」と頭を下げた。

パパのラスト雄姿…子供たちも駆け付けた
パパのラスト雄姿…子供たちも駆け付けた

16年オフに胃がんが見つかり、闘病生活を経て、グラウンドに戻った。「25年ぶりに優勝した2016年、最高のシーズンを終えた年末に、病気が見つかりました。最高の気持ちから一転、どん底に落とされました。本当にどん底でした。こんなにも好きな野球ができなくなると、正直、何度もあきらめかけました。しかし、そんなことに勇気、元気を与えて暮れたのは家族、チームメート、全国から送られてくる折り鶴、手紙などの応援でした」

ナインから胴上げされ宙を舞う赤松(撮影・飯室逸平)
ナインから胴上げされ宙を舞う赤松(撮影・飯室逸平)

家族、ファンへの感謝を伝え、涙を流した赤松。「全国から送られてくる手紙のなかには、つらい治療に耐えている人達がいます。つらいのは僕だけじゃない。そう思い、1軍の試合を目指していましたが、引退試合となってしまい、すみません。しかし、少しでも元気にいてくれたら本望です」と顔を上げると、ファンから大きな拍手が沸き起こった。

スピーチ後は菊池涼が花束を渡し、互いに涙を流して抱き合った。最後は胴上げも行われ、背番号38の現役生活が幕を閉じた。

情報源:広島・赤松が涙の引退試合「僕は幸せ者です」号泣の菊池涼から花束(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:赤松が涙の引退試合「僕は幸せ者です」号泣の菊池涼から花束/広島カープ/デイリースポーツ online


2019年9月27日 21:48

<広・中>引退セレモニーで胴上げされる赤松 (撮影・奥 調)
<広・中>引退セレモニーで胴上げされる赤松 (撮影・奥 調)

セ・リーグ 広島1―4中日 ( 2019年9月27日 マツダ )

今季限りで現役引退する広島の赤松真人外野手(37)が27日に行われた中日戦(マツダ)後に引退セレモニーに臨み、15年間のプロ野球選手生活を終えた。
試合前に2人の愛息とともに始球式を行い、試合では1―4で迎えた9回に長野に代わって4番に入り中堅の守備につくも守備機会なし。打席に立つこともなかったが、25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年の10月1日にヤクルト戦(マツダ)に出場して以来1091日ぶりの1軍出場だった。

2016年12月に胃がんが見つかり、翌17年1月に手術を受けた。セレモニーでマイクの前に立ち「最高の気持ちから一転どん底に落とされました。本当にどん底でした。こんなにも好きな野球がもうできなくなるのかと正直何度も諦めかけました」と時折涙で言葉を詰まらせながらも一生懸命に言葉をつむいだ赤松。全国から贈られる手紙や折り鶴に励まされて「応援は絶大なパワー」だと改めて気づかされたとし、「1軍に上がれず引退試合になってしまってすみません」と謝罪まで口にした。

長いスピーチが終わると、闘病中に大きな支えになった仲のいい後輩、菊池涼から花束贈呈。赤松のもとに向かう途中で早くも涙が止まらず何度も手で顔をぬぐう菊池涼から花束を受け取ると笑顔で後輩を抱きしめ、泣き顔の後輩の隣で笑顔で記念写真に収まった。そしてチームメートからの胴上げで5度宙に舞った背番号38。最後は場内一周してファンに別れを告げた。

情報源:広島・赤松、セレモニーで謝罪「1軍に上がれず引退試合になってしまってすみません」菊池涼は号泣(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島・赤松、セレモニーで謝罪「1軍に上がれず引退試合になってしまってすみません」菊池涼は号泣― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年9月27日 22:30

<広・中>引退セレモニーであいさつする赤松 (撮影・奥 調)
<広・中>引退セレモニーであいさつする赤松 (撮影・奥 調)

セ・リーグ 広島1―4中日 ( 2019年9月27日 マツダ )

2017年1月に胃がん手術を受け、今季限りで現役を引退することになった広島の赤松真人外野手(37)が27日に行われた中日戦(マツダ)後に引退セレモニーに臨み、15年間のプロ野球選手生活を終えた。
試合前に2人の愛息とともに始球式を行い、試合では1―4で迎えた9回に長野に代わって4番に入り中堅の守備につくも守備機会なし。打席に立つこともなかったが、25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年の10月1日にヤクルト戦(マツダ)で出場して以来1091日ぶりの1軍出場だった。セレモニーでマイクの前に立った赤松は時折涙で言葉に詰まりながらも懸命にスピーチ。闘病の支えにもなっていた後輩の菊池涼が号泣しながら花束贈呈役を務め、チームメートの手で5度宙に舞った。

赤松の引退セレモニーでのスピーチ全文は以下の通り。

きょうは僕のために時間を作っていただき、球団関係者の皆さま、監督、コーチ、選手、スタッフの皆さま、本当にありがとうございます。僕は幸せ者です。成績もあまり残せていませんが、このようなセレモニーをしていただき、感謝しかありません。ありがとうございます。

小さい頃からやってきた野球。僕が思い描いていたプロの世界は華やかでかっこよくてキラキラしているイメージでした。しかし、プロに入ってみると、僕より一回り以上上の先輩方が汗水を流し、ドロドロになって練習をされていました。正直、ちょっと引きました。とんでもないところに入ってしまった、と。しかし、その中で結果を出せなければ、1軍の試合、ましてや2軍の試合すら出られません。練習の毎日でした。野球が好きという気持ちは常に持って練習をしていました。1軍の舞台で試合をするのは最高です。たくさんの人が見ています。たくさんの応援があります。本当に…本当に心強いです。

情報源:【広島・赤松引退スピーチ全文1】想像と違ったプロ生活…でも「1軍の舞台で試合をするのは最高です」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島・赤松引退スピーチ全文1】想像と違ったプロ生活…でも「1軍の舞台で試合をするのは最高です」― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年9月27日 22:31

<広・中>場内一周し、ファンに手を振る赤松 (撮影・奥 調)
<広・中>場内一周し、ファンに手を振る赤松 (撮影・奥 調)

セ・リーグ 広島1―4中日 ( 2019年9月27日 マツダ )

25年ぶりに優勝した2016年。最高のシーズンを終えた年末に病気が見つかりました。最高の気持ちから一転、どん底に落とされました。本当にどん底でした。こんなにも好きな野球がもうできなくなるのかと、正直何度も諦めかけました。しかし、そんな僕に勇気や元気を与えてくれたのは家族、チームメート、そして全国から送られてくる折り鶴や手紙などの応援でした。それまでは当たり前だった応援が、自分が当たり前の状況ではなくなった時、応援は絶大なパワーだと気づかされました。この応援がなければ、きょう僕はここに立っていなかったと思います。
全国から送られてくる手紙の中には僕よりも辛い症状や辛い治療をされている方々がいることに気づかされました。しんどいのは僕だけではない。僕が頑張ることによって、そういった方々に少しでも元気になってもらえたら。そう思い、1軍を目指し、頑張ってきましたが、1軍に上がれず、引退試合となってすいません。しかし、こんな僕の姿を見て、少しでも元気になった方がおられましたら、本望です。まだまだ受けた恩を返せてはいませんが、これから少しずつ返していきたいと思います。

そして、誰よりも一番身近に僕を支えてくれた寛子、慶馬、郁馬。辛い時、楽しい時、いろいろありましたが、ここまで野球をやれてきたのはあなたたちのおかげです。本当にありがとう。現役生活はきょうで終わりますが、これから先の人生もよろしくお願いします。

そして最後に、今まで応援してくださったファンの皆さま。応援は絶大なパワーがあります。これからもカープ、そしてプロ野球の応援をよろしくお願いします。本当に長い間、ありがとうございました。

情報源:【広島・赤松引退スピーチ全文2】25年ぶり優勝直後に胃がん「何度も諦めかけた」でも「応援は絶大」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島・赤松引退スピーチ全文2】25年ぶり優勝直後に胃がん「何度も諦めかけた」でも「応援は絶大」― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年9月27日 22時14分

ナインから胴上げされる赤松
ナインから胴上げされる赤松

◆広島1―4中日(27日・マツダスタジアム)

今季限りで現役を退く広島・赤松真人外野手(37)が9回から中堅の守備に就き、16年シーズン以来3年ぶりに1軍出場した。守備機会はなかったものの、攻守交代の際には球場から割れんばかりの拍手が起こった。

チームは試合に敗れ、CS進出を確定できなかった。だが、胃がんを乗り越え、復活を目指した不屈の男はセレモニーでは周囲への感謝を口にした。以下はスピーチ全文。

「今日は僕のために時間を作っていただき、球団関係者の皆さま、監督、コーチ、選手、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

僕は幸せ者です。成績もあまり残せてはいませんが、このようなセレモニーをしていただき感謝しかありません。ありがとうございます。

小さい頃からやってきた野球。ぼくが思い描いていたプロの世界は、華やかで格好良くて、きらきらしてるイメージでした。しかしプロに入ってみると、僕よりひと回り以上、上の人が汗水を流し、ドロドロになって練習をしていました。正直、ちょっと引きました。とんでもないところに入ってしまったと。

その中で結果を出さないと1軍の試合、まして2軍の試合にも出られません。練習の毎日でした。野球が好きな気持ちは常に持ってアピールしてきました。

1軍の舞台で野球やるのは最高です。たくさんの声援があります。本当に心強いです。

25年ぶりに優勝した2016年。最高のシーズンを終えた年末に病気が見つかりました。最高の気持ちから一転、どん底に落とされました。本当にどん底でした。こんなにも好きな野球がもうできなくなるのかと正直、何度も諦めかけました。しかし、そんな僕に勇気や元気を与えてくれたのは家族、チームメート、そして全国から送られてくる折り鶴や手紙などの応援でした。

それまでは当たり前だった応援が、自分が当たり前の状況でなくなった時、応援は絶大なパワーだと気づかされました。この応援がなければ今日、僕はここに立っていなかったと思います。

全国から送られてくる手紙の中には、僕よりもつらい症状やつらい治療をされている方々がいることに気づかされました。しんどいのは僕だけじゃない。僕が頑張ることでそういった方に少しでも元気になってもらえたら。そう思い、1軍を目指して頑張ってきましたが、引退試合になってすいません。

しかしこんな僕の姿を見て、少しでも元気になった方がおられましたら本望です。まだまだ受けた恩を返してはいませんが、これから少しずつ返していきたいと思います。

そして誰よりも一番身近に僕を支えてくれた、寛子、慶馬、郁馬、つらい時、楽しい時、いろいろありましたが、ここまで野球をやれてきたのはあなたたちのおかげです。本当にありがとう。

現役生活は今日で終わりますが、これから先の人生もよろしくお願いします。

そして最後に今まで応援して下さったファンの皆様。応援は絶大なパワーになります。これからもカープ、そしてプロ野球の応援をよろしくお願いします」

情報源:【広島】赤松が引退セレモニーで周囲に感謝「僕を見て少しでも元気になった方がおられたら本望です」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島】赤松が引退セレモニーで周囲に感謝「僕を見て少しでも元気になった方がおられたら本望です」 : スポーツ報知


引退セレモニー

胴上げ


今後はどうするんだろう、デーモン閣下と一緒にがん検診のイメージキャラクター?