46歳・木村一基九段、豊島将之名人にまた勝利! 同一週に2勝で竜王挑戦にも王手/将棋・竜王戦挑決三番勝負

46歳・木村一基九段、豊島将之名人にまた勝利! 同一週に2勝で竜王挑戦にも王手/将棋・竜王戦挑決三番勝負 | AbemaTIMES

88手 3七銀まで、△木村九段 の勝ち


将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の第2局が8月23日に行われ、木村一基九段(46)が豊島将之名人(王位、29)に88手で勝利し、対戦成績を1勝1敗とし、木村九段も竜王挑戦に王手をかけた。決定局となる第3局は、9月5日に行われる。

木村九段と豊島名人は、同時期に行われている王位戦七番勝負でも対戦中。20・21日には285手の長手数の末、木村九段が勝利し、2勝2敗のタイとした。本局でも、敗れれば豊島名人が広瀬章人竜王(32)への挑戦権獲得となる土壇場で、一時は大幅に持ち時間でリードを許しながらも、中盤以降に逆転。形勢も徐々に盛り返すと、将棋界の序列1位に君臨する豊島名人に勝利。同一週で棋界のトップに2勝を挙げる快進撃となった。

王位戦七番勝負、竜王戦挑戦者決定三番勝負を合わせて、ファン・関係者の中には「十番勝負」と呼ぶ人も少なくない中、史上最年長での初タイトルを目指す木村九段は、まさに互角かそれ以上の出来。若手棋士の活躍から、世代交代との声も多い中、46歳のベテランが光り輝く夏となった。

両者は次回、27・28日に王位戦七番勝負第5局で対戦する。

情報源:46歳・木村一基九段、豊島将之名人にまた勝利! 同一週に2勝で竜王挑戦にも王手/将棋・竜王戦挑決三番勝負(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:46歳・木村一基九段、豊島将之名人にまた勝利! 同一週に2勝で竜王挑戦にも王手/将棋・竜王戦挑決三番勝負 | AbemaTIMES


挑戦者決定三番勝負第2局は木村九段が豊島名人に勝ちました。投了図以下は▲4七玉△4六飛▲5八玉△6八金までの詰み。終局時刻は21時50分。消費時間は▲豊島名人4時間59分、△木村九段4時間36分。

木村九段が逆転で第2局を制し、挑戦者決定三番勝負を1勝1敗のタイとしました。第3局は9月5日(木)、東京・将棋会館で行われます。

情報源:竜王戦中継plus : 木村九段が勝ってタイに


(終局直後)

(踏み止まった木村九段。タイに戻し、第3局に望みをつないだ)

【木村九段の談話】

――本局を振り返ってください。

木村 難しくて分かりませんでした。玉がちょっと不安定な格好をしているので。

――控室では「終盤は押されている」という評判でした。

木村 ああ、そうですか。まあ、ちょっとよく分からなかったですね。

――よくなったのは?

木村 飛車を出たあたりですかね。詰めろになったので、ちょっとよいかなと。

――1勝1敗のタイになりました。第3局の意気込みをお願いします。

木村 一生懸命指したいと思います。

(敗れた豊島名人)

【豊島名人の談話】

――お疲れさまでした。一局を振り返ってください。

豊島 難しかったと思うんですけど、ちょっと途中で間違えてしまったのかなと思います。

――間違えたのはどのあたり?

豊島 ▲4六歩と取ったところで、▲7四桂と決めておいて。まあそれでも、もしかしたらまずいのかもしれないけど、そのほうがアヤがあったような気がします。その前にちょっと間違えているのかもしれません。すぐにはわからないですね。

――第3局の抱負をお願いします。

豊島 気持ちを切り替えて、頑張りたいと思います。

情報源:竜王戦中継plus : 終局直後


第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第2局、豊島将之名人VS木村一基九段の対局が8月23日に行われ、木村九段が88手で豊島名人に勝ちました。

これで挑戦者決定三番勝負を1対1のタイにし、竜王挑戦は第3局へ持ち越しとなりました。木村九段は第11期より本棋戦に参加、本棋戦の通算成績は75勝41敗(0.647)です。

関連記事

豊島将之名人 VS 木村一基九段【棋士データ・成績比較】

情報源:木村一基九段が勝ち、竜王挑戦者決定は最終局へ 竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局|棋戦トピックス|日本将棋連盟


豊島将之名人 vs △木村一基九段(棋譜を見る

88手 3七銀まで、△木村九段 の勝ち

 



豊島名人が決めるか、木村九段がタイにするか・・・