<広・中>ヒーローインタビューで笑顔で肩を組む西川(左)とジョンソン (撮影・奥 調)

広島、5連勝で借金完済目前! ジョンソン1安打完封で自力V消滅また回避

2019/7/24 vs中日 16回戦(マツダ)広島2-0中日


広島は初回に西川の先頭打者本塁打などで2点を先制

■広島 2-0 中日(24日・マツダスタジアム)

広島が5連勝で、5割復帰が目前となった。24日、本拠地マツダスタジアムでの中日戦。初回に西川の先頭打者本塁打などで2点を先制すると、先発のジョンソンが中日打線を9回まで1安打に封じる今季初完投初完封でリードを守り抜いた。

初回、プロ初先発となった中日の2年目山本を攻略した。先頭の西川は右翼スタンドへ先頭打者本塁打となる7号ソロを放って1点を先制。さらい菊池涼、バティスタが連打で一、三塁とすると、山本のワイルドピッチで2点目を奪った。

この2点のリードを先発のジョンソンが守り抜いた。許した安打は3回に平田に浴びた右前安打わずか1本。6回には安部の2連続エラーなどで1死二、三塁のピンチを招いたものの、大島、ビシエドの3、4番を切って窮地を脱した。9回まで投げて1安打無失点の完璧な投球だった。

中日は2年目の山本がプロ初先発。初回に西川の先頭打者弾などで2点を失ったものの、2回以降は立ち直り粘投した。5回まで5安打2失点と好投したものの、打線がジョンソンの前に沈黙。わずか1安打に終わって5連敗。対広島のビジターゲームはこれで7戦全敗となった。

情報源:広島、5連勝で借金完済目前! ジョンソン1安打完封で自力V消滅また回避 中日は敵地で7連敗(Full-Count) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島、5連勝で借金完済目前! ジョンソン1安打完封で自力V消滅また回避 中日は敵地で7連敗 | Full-count


2019年7月24日 20:40

<広・中>2回表2死、堂上の遊飛に指さすジョンソン (撮影・奥 調)<広・中>2回表2死、堂上の遊飛に指さすジョンソン (撮影・奥 調)
<広・中>2回表2死、堂上の遊飛に指さすジョンソン (撮影・奥 調)

セ・リーグ 広島2―0中日 ( 2019年7月24日 マツダ )

◇セ・リーグ 広島2―0中日(2019年7月24日 マツダ)

広島が先発・ジョンソンの9回1安打完封勝利で中日に2―0で勝ち、5月28日~6月1日以来今季4度目の5連勝。借金を1に減らして7月5日以来となる勝率5割復帰へ王手を懸けた。ジョンソンの完封勝利は2016年5月24日の巨人戦以来3年ぶり自身4度目。中日はプロ初先発となった2年目・山本の5回2失点好投を援護できず、5連敗で借金が7にふくらんだ。

<広・中>1回裏無死、西川は右越えに先頭打者本塁打を放つ (撮影・奥 調)
<広・中>1回裏無死、西川は右越えに先頭打者本塁打を放つ (撮影・奥 調)

広島は初回、西川が2試合ぶり自身2本目となる先頭打者本塁打を右翼スタンドへ叩き込んで先制。さらに菊池涼の左翼線二塁打、バティスタの中前打で一、三塁とし、暴投で2点を奪った。

投げては先発のジョンソンが3回2死から平田に打たれた右前打のみに抑える9回1安打完封で今季7勝目(6敗)。7月10日の中日戦で7回無失点、同17日のDeNA戦で6回2失点と力投も打線の援護に恵まれず2連敗中で、3連敗なら自己ワーストタイとなるところだったが、6月16日の楽天戦(楽天生命パーク)以来38日ぶり、本拠マツダでは6回1失点だった6月1日の阪神戦以来53日ぶりとなる勝利を2016年5月24日の巨人戦以来1156日ぶり自身4度目となる完封で飾った。

情報源:広島 5連勝で借金完済に王手! ジョンソン圧巻の1安打投球 1156日ぶり完封勝利(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島 5連勝で借金完済に王手! ジョンソン圧巻の1安打投球 1156日ぶり完封勝利― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年7月24日 21:15

<広・中>ヒーローインタビューで笑顔で肩を組む西川(左)とジョンソン (撮影・奥 調)
<広・中>ヒーローインタビューで笑顔で肩を組む西川(左)とジョンソン (撮影・奥 調)

◇セ・リーグ 広島2―0中日(2019年7月24日 マツダ)

広島のクリス・ジョンソン投手(34)が中日戦(マツダ)で9回を圧巻の1安打完封。6月16日の楽天戦以来38日ぶり、本拠マツダでは6月1日の阪神戦以来53日ぶりとなる今季7勝目(6敗)を2016年5月24日の巨人戦以来1156日ぶり自身4度目となる完封で飾った。

味方打線が初回に西川の先頭打者アーチなどで2点を先取しながら、その後は沈黙。だが、ジョンソンは最後まで集中を切らすことなく120球を投げ抜いた。打たれた安打は3回2死から平田に打たれた1安打だけで1四球8奪三振。6回に三塁を守る安部の連続失策で無死一、二塁とピンチを迎えた場面も冷静に後続を打ち取り、終わってみれば今季初完投&3年ぶり完封となった。

西川とともに上がったお立ち台。「シーズンで最初の完封なのでうれしいです」と切り出したジョンソンは「本当にすごく声援が支えになっていました。特に3ボールノーストライクになってからは皆さんの応援のおかげでアウトが取れたと思います」と9回2死からビシエドに対して3ボールになったシーンの大声援に触れてファンの後押しに感謝。

「とにかく全力を尽くして投げようと思っていた」とマウンドを振り返り「イシがしっかりと組み立ててくれた。(サインに)首は1回ぐらいしか振っていないと思う。本当にいい組み立てをしてくれた」と女房役・石原の好リードに感謝。「攻撃面では西川が初回から点を取ってくれて自分の思い通りのピッチングができたと思う」と先頭打者アーチで先制点をプレゼントしてくれた西川にも感謝した。

7回には自ら左前にポトリと落ちる安打も。「強打のライナーだったと思うんですけどね」とお茶目にジョークを飛ばすと「打てるチャンスがあればどんどんどんどん打っていこうと思ってます」と打席にも自信をにじませた。

ジョンソンの力投でチームは5月28日~6月1日以来今季4度目の5連勝。借金を1に減らして勝率5割復帰に王手をかけた。「まだまだシーズンは残っているのでこれからどんどん勝って連勝を重ねて、とにかくまずは1位に返り咲きたいと思っています」。頼もしい左腕の頼もしい一言に、スタンドからの声援はさらに大きくなった。

情報源:「1位に返り咲きたい」ジョンソン圧巻1安打完封 広島5連勝で借金完済に「あと1」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:「1位に返り咲きたい」ジョンソン圧巻1安打完封 広島が借金完済に「あと1」― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年7月24日 21:45

<広・中>1回裏無死、西川は右越えに先頭打者本塁打を放つ (撮影・奥 調)
<広・中>1回裏無死、西川は右越えに先頭打者本塁打を放つ (撮影・奥 調)

セ・リーグ 広島2―0中日 ( 2019年7月24日 マツダ )

広島の西川龍馬内野手(24)が中日戦(マツダ)で2試合ぶり自身2本目となる先頭打者本塁打をマーク。チームに5月28日~6月1日以来今季4度目となる5連勝をもたらした。
「1番・中堅」で先発出場した西川はプロ初先発となった中日の19歳右腕・山本がフルカウントから投じた7球目、高めのボール球になる直球を叩いて右翼スタンドへ叩き込んだ。チームはこの回、さらにもう1点。初回に挙げた2点のリードを先発左腕・ジョンソンが1安打完封で守り切り、広島は7月5日以来となる勝率5割復帰へ王手をかけた。

ジョンソンとともにお立ち台に上がった西川は「手応えは良かったです」と先制弾を振り返り、ずいぶん高いボールだったように見えたが?の問いには「ボール球っすね、はい」と苦笑い。21日の巨人戦(マツダ)では桜井から自身初の先頭打者アーチを放っており、2試合ぶりの今季7号が再び先頭打者アーチとなったことに「なんか新鮮です」と素直な感想を漏らした。

後半戦初戦の15日DeNA戦(横浜)から8試合連続で1番を務めており、そのうち第1打席は先頭打者アーチ2本を含む5安打1四球で・750と高い出塁率を誇る。そのことについて聞かれると「う~ん…」と思わずうなった西川だったが「ちょっとは、はい。1番の仕事ができてるかなと思います」と控えめなコメント。「ジョンソンがしっかり投げてくれたのでジョンソンのおかげです」と1安打完封勝利を飾ったジョンソンに主役を譲って笑顔を見せた。

その後、ジョンソンのヒーローインタビューを挟んで最後にファンへもう一言と振られた西川。再び「う~ん…」とうなった後で「これからどんどん熱くなるんで熱中症には気を付けて…」と話してスタンドの笑いを誘うと「僕らも頑張ります!応援よろしくお願いします!」と爽やかに声を張り上げていた。

情報源:広島・西川 1番定着後、第1打席出塁率は驚異の・750「ちょっとは1番の仕事ができてるかな」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島・西川 1番定着後、第1打席出塁率は驚異の・750「ちょっとは1番の仕事ができてるかな」― スポニチ Sponichi Annex 野球


力投する先発のジョンソン
力投する先発のジョンソン

「広島2-0中日」(24日、マツダスタジアム)

広島・ジョンソンが3年ぶりの完封勝利。今季8度目のナイター登板で初めて勝利を挙げた。広島は今季4度目の5連勝とした。

初回、先頭の西川がフルカウントから中日の初先発・山本の147キロストレートを捉え、右翼スタンドへ突き刺した。21日の巨人戦(マツダ)以来となるプロ2度目の先頭打者弾で先制。さらに菊池涼、バティスタの連打で好機をつくると、山本の暴投で2点目を挙げた。

1回、広島・菊池涼介とタッチを交わす広島クリス・ジョンソン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1回、広島・菊池涼介とタッチを交わす広島クリス・ジョンソン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

先発のジョンソンはキレのあるストレートを軸に、ほぼ完璧な投球を披露。三回2死から平田に初安打を許したが、打たれたのはこの一本だけ。六回、安部の連続失策から1死二、三塁のピンチを招いたが、3番・大島を三振、4番・ビシエドを右飛に打ち取った。七回には三者連続三振を奪うなど、9回を1安打8奪三振の完封で7勝目(6敗)を挙げた。

今季のジョンソンはデーゲームで6勝1敗と得意にしながらも、ナイターでは7試合に先発し、白星なしの5敗と苦手にしていた。

情報源:広島・ジョンソンが3年ぶりの完封勝利 今季ナイター初白星 広島は今季4度目の5連勝(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島・ジョンソンが3年ぶりの完封勝利 今季ナイター初白星 広島は今季4度目の5連勝/広島カープ/デイリースポーツ online


2019年7月24日22時8分

1安打完封勝利を挙げ、石原(左)とがっちり握手を交わすジョンソン(撮影・栗木一考)
1安打完封勝利を挙げ、石原(左)とがっちり握手を交わすジョンソン(撮影・栗木一考)

<広島2-0中日>◇24日◇マツダスタジアム

広島クリス・ジョンソン投手(34)が、16年5月24日巨人戦以来3年ぶりの完封で、チームを5連勝に導いた。最後の打者ビシエドを右飛に仕留めると、ゆっくりと捕手石原に歩み寄ってハグ。許した安打はわずかに1。「石原がいい組み立てをしてくれた。西川がしっかり点を取ってくれた」。ヒーローインタビューで喜びをかみしめた。

唯一のピンチは6回だった。三塁安部の連続失策で無死一、二塁。一瞬表情をこわばらせたが、ベンチを飛びだした佐々岡投手コーチになだめられ、落ち着きを取り戻す。送りバントの後、3番大島をスライダーで見逃し三振。4番ビシエドをチェンジアップで右飛。駆け寄って謝罪する安部の尻をポンとたたき、悠然とベンチに戻った。イライラを表に出す悪癖を、この日は封印した。

6回表中日無死一、二塁、マウンドで声をかけられるジョンソン(中央)(撮影・栗木一考)
6回表中日無死一、二塁、マウンドで声をかけられるジョンソン(中央)(撮影・栗木一考)

8回終了時で108球。ベンチで佐々岡投手コーチに続投を志願した。9回は2番武田から始まる上位打線を抑えた。120球の熱投。今季ナイターは8戦して0勝6敗だったが、そんなデータも感じさせなかった。打っては7回に左前打を放って鼓舞した。緒方監督から「それ(ジョンソン)に尽きるでしょう。これ以上のピッチングはないでしょう」と絶賛された。

ネット裏で幼い愛娘を抱き上げ、温和なパパの顔に戻った。マスコットのスラィリーと記念撮影しているときに泣きだすと、そのスラィリーとコンビを組んで必死にあやした。チームは5戦連続自力V消滅を回避。娘もチームも守る左腕は「1位に返り咲きたい」と言い切った。【村野森】

情報源:広島ジョンソン悪癖封印し完封、愛娘抱き上げ笑顔(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島ジョンソン悪癖封印し完封、愛娘抱き上げ笑顔 – プロ野球 : 日刊スポーツ


2019年7月24日22時34分

1回裏広島無死、西川龍馬は右越えに先制ソロ本塁打を放つ(撮影・栗木一考)
1回裏広島無死、西川龍馬は右越えに先制ソロ本塁打を放つ(撮影・栗木一考)

<広島2-0中日>◇24日◇マツダスタジアム

悪球先頭弾だ!! 広島西川龍馬内野手(24)が2試合ぶり自身2度目の先頭打者本塁打でチームを5連勝に導いた。

後半戦から1番に起用されるバットマンが見事にその期待に応えている。特に1打席目の打席では高い集中力を発揮して、打線を勢いづける働きを見せる。勝率5割復帰まであと1つ。新切り込み隊長が逆襲の先頭を走る。

◇   ◇   ◇

見逃せばボール球に「勝手に反応した」。1回、1番西川はフルカウントから高めの悪球に、バットを上からかぶせるように振り抜いた。球の軌道を初めて見る中日プロ初先発山本の7球目を打ち砕いた。右翼席に飛び込む2試合ぶり2度目の先頭打者弾が、5連勝に導く決勝弾となった。

「何とか食らいついていけた。変化球はどないかなるやろうと思って真っすぐに絞った」。

従来のストライクゾーン=ヒットコースではない。ワンバウンドすれすれの低めも、この日の高めも「勝手にバットが出てくる」と天才肌。もともと定評のある高い打撃技術が後半戦から与えられた1番という新境地で磨かれている。

1回裏広島無死、先制本塁打を放った西川(右から4人目)を出迎える鈴木(中央)らナイン(撮影・栗木一考)
1回裏広島無死、先制本塁打を放った西川(右から4人目)を出迎える鈴木(中央)らナイン(撮影・栗木一考)

8試合で打率3割4分3厘で打線をけん引する。特に1打席目は「全球種見たい。トップバッターなので、その日の先発の状態とか変化球がどんな感じかいろいろ見たい」と役割を理解する。初球打ちで二塁打にした1打席をのぞけば、8打席で1打席平均6球以上投げさせている。その上で7打数5安打2本塁打1四球。チームも4試合で初回に得点を挙げるなど好循環を与えている。

今季広島は1番打者を固定できていない。不動だった田中広が大不振。その後野間など9選手を起用するも、前半戦は打順別打率で2割を切るなど役割を果たし切れていなかった。重要なピースをようやく見つけた緒方監督は「ボール球を振る子なんだけど、そこが彼(の持ち味)。もう少し技術が上がってくれば、もっと嫌な打者になる。1番として得点源になってくれて打線の形になっている」。新たな切り込み隊長が打線を勢いづけ、チームは5連勝。借金を一気に減らし、勝率5割復帰が目前だ。【前原淳】

情報源:広島西川が悪球叩き天才的先頭弾「どないかなると」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島西川が悪球叩き天才的先頭弾「どないかなると」 – プロ野球 : 日刊スポーツ


西川の先頭打者弾などで5連勝、借金完済まであと1勝に

■広島 2-0 中日(24日・マツダスタジアム)

広島は24日、マツダスタジアムで行われた中日戦に2-0で勝利した。先発のジョンソンが1安打に封じる完璧な投球で、3年ぶりの完投となる完封勝利で7勝目。初回に西川の先頭打者本塁打などで挙げた2点を守り切った。緒方監督は「ジョンソンのピッチングと石原のリード。これに尽きるね」と、バッテリーを称賛した。

唯一のピンチは6回、サード安部の連続失策で迎えたピンチも、冷静な投球で中日に得点を与えなかった。緒方監督は「追加点が取れなくて、嫌な展開になったところで、さすがの投球。ナイスゲームです」と、左腕エースに脱帽した。

打線では1番の西川の先頭打者本塁打で、プロ初先発の山本から先取点を奪った。指揮官は「ホームランは望んでいないが、得点源になってくれて、打線としては助かっている」と後半戦に入り、1番で機能している西川を褒め「もっと出塁率が上がれば、相手にとっては嫌なバッターになる。状態が戻れば、また中軸を打ってもらうことになると思う」と、さらなるレベルアップを期待した。

首位・巨人相手の3連勝から中日にも連勝して5連勝。11連敗のどん底から抜け出したチームは、5割復帰まであと1勝となった。

情報源:広島・緒方監督「ジョンソンと石原に尽きる」1安打完封のバッテリーを称賛(Full-Count) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島・緒方監督「ジョンソンと石原に尽きる」1安打完封のバッテリーを称賛 | Full-count


1回裏:西川の先制ソロホームラン

ハイライト

ヒーローインタビュー:西川とジョンソン


ヒットは出てるのに、追加点が取れないのがきついな。
今日はジョンソンが頑張ってくれたからよかったけど・・・