(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:3 最終盤の強手、ベテラン「私なら怖くて指せない」:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


2019年7月7日05時00分

井上慶太九段(右)に敗れた藤井聡太六段(左)。感想戦では両者、笑顔も
井上慶太九段(右)に敗れた藤井聡太六段(左)。感想戦では両者、笑顔も

2018年3月28日。中学3年だった藤井聡太(そうた)七段(16)=当時六段=の17年度の最終戦が、大阪市福島区の関西将棋会館であった。対戦相手は、日本将棋連盟常務理事の井上慶太九段(55)だった。

先手の井上が得意の戦型「矢倉(やぐら)」を目指すと、藤井もそれに応じた。終盤に「勝負手(しょうぶて)のような感じ」で井上が持ち駒の角を盤上に放ち、藤井の玉に王手を掛けた局面がクライマックスだった。藤井の持ち時間は残り2分しかない。相手の角と自玉の間に持ち駒を打つ「合駒」をすれば王手を防げるが、攻めに使える駒も減る。……

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です。

情報源:(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:3 最終盤の強手、ベテラン「私なら怖くて指せない」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:3 最終盤の強手、ベテラン「私なら怖くて指せない」:朝日新聞デジタル



ふむ・・・