(大志 藤井聡太のいる時代)番外編:4 序盤から腰据える姿、広瀬も好感:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


朝日杯将棋オープン戦の決勝後、記者会見に臨んだ広瀬章人八段(右)と藤井聡太六段(肩書はいずれも当時)=2018年2月
朝日杯将棋オープン戦の決勝後、記者会見に臨んだ広瀬章人八段(右)と藤井聡太六段(肩書はいずれも当時)=2018年2月

2019年6月9日05時00分

将棋の作戦のトレンドは、ファッションなどと同様に移り変わりがある。近年、プロの間で流行している戦法が「角換わり」だ。

2018年の第11回朝日杯将棋オープン戦決勝。先手の藤井聡太七段(16)は、この角換わりを採用した。広瀬章人竜王(32)は相手の攻めを警戒しながら想定内の局面を迎えたが、藤井の仕…

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:(大志 藤井聡太のいる時代)番外編:4 序盤から腰据える姿、広瀬も好感:朝日新聞デジタル



へぇ・・・


記事の有効期限: 2020年6月9日 Tuesday 4:19pm